感想

ラーラエゾさんから

日浦先生

お早うございます。

セミナーに参加させて頂いたお礼と感想のメールを

送らせて頂きます。他の受講生のかたの感想メールに

あったように、今回は、ペーパーテストというドッキリ

企画がありましたね。

問題文を読んで、私も冷や汗が出ました。

特に、二番目の問題は答えに詰まってしまい、散さんたる

状態でした。理解しているつもりなのに、理解していない

のだと痛感いたしました。ある意味ショックを受けましたので、

人にわかりやすく伝える為にもっとスムーズに説明できる

ようになる為に、もっと精進しようと思います。気づかせて

頂き有難うございました。

あと今回のテキストは、とてもわかりやすく簡潔で、

そのまま各地ラーラのセミナーで使えるものになっている!と

感じました。素晴らしいテキストに感激致しました。

有難うございます。

先生のブログにもありましたが、マホメッドの例を上げて

エゴを持ったまま真我に到達することがどんなに恐ろしい

結果を招くのかをセミナーで、またお茶会で教えて頂きました。

受講生が何度も何度も言われ続けている、想念の排除が如何に

大切なことか、、先生のお話によって良くわかりました。

有難うございます。

あと、先生の過去世において、あの有名な◯◯ ◯◯◯だった

という件は初耳でして、只々びっくりでした!現世でも器械

体操や空手、またバイクの300㌔走行などの俊敏な動きを得意

とされていたのは、なんと◯◯だった!という過去世の体験が

あるからなのでしょうか。なんとも凄いことです!

今回のセミナー、そして忘年会、お茶会。私の場合、移動時間も

先生とお話しする機会に恵まれ、最高に有難い時間を過ごさせて

頂きました。心から「参加して良かった」と思いました。

これからもご指導宜しくお願いします。

(追伸)

ペーパーテストに書いた答えそのままを書かせて頂きます。

お恥ずかしい限りなのですが、私の自戒のために先生から

読んで頂けたらと思いますm(_ _)m

<中略>

日浦:テストの答え、読みましたよ~ん^^

過去世の◯◯体験は、ㇶ、ミ、ツ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

受講生のTOKOさんから

日浦先生、こんにちは。

今年最後のセミナーも夜遅くまでお付き合いして

いただきまして、ありがとうございました。

先生に教えて頂いた方法で瞑想しながら自分なりに

想念、思考を追求してみました。

想念は全く脈略なく、過去の体験、

記憶、エゴからポッと浮かんで、

それについて独り言を言っている

(同調している)自分に気が付きました。

正に夜寝ている時の夢と同じ。消去すべき相手の

正体が少し見えてきました。

修練を続ければいつか必ず真我に

到達できると確信しました。

将来到達したら、自分に起きるであろう変化と、先生が

行なおうとしている人類史上誰も成し遂げた事のない

壮大な事を目撃できるのを今からワクワクしています。

日浦先生に出会えて本当に良かったです。

来年もよろしくお願いします。

 

日浦:確信に至ったこと素晴らしい。ラーラ沖縄さんの

クイズ、全問正解だったしね。

テストはどうだった?(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日浦先生

早々に集合写真ありがとうございました。

熊本在住の大熊五郎です。

第2期セミナーを受講させて頂けたこと感謝で一杯です。

セミナーの講義を録音させて頂けたことで、何回も繰り

返し聴くことが出来て、これがなかったらと思うとゾッと

します。ペーパー試験が印象深く、一期生の方は流石だなーと

思いました。発表に対しての先生のコメントが更に凄くて

感服?致しました。

夕食会、お茶会の解散後、足に不自由ある方に付き添う先生。

わたしもその人に付いていたら何度も「もういいです」と

言われながらも、こちらは暇なので付き添っていたら

「急に良くなった」というような言葉を笑顔で言われたので

「あっ 先生だな」と言って別れました。

帰りながら、帰ってからも「あーもうセミナーを受けられない

のかなー」と何度も思ってしまいました。ですが夜中にパソコン、

スマホ、タブレットを見ていたら、セミナー予定が表示してあり、

よくよく見たら、自分も参加出来る可能性があることがわかり、

嬉しくなってしまい涙が滲みました。改めてセミナー受講させて

頂けたことありがとうございました。
「追伸」
風邪の気配りまでして頂き、ありがとうございます。自分は頭が

冷えた時、風邪をひいてましたので、集合写真に添えられた

コメントを読んでビックリしました。早いかもしれませんが

2019年もよろしくお願い致します。

 

日浦;何気なく書いたハンドルネームが気に入ってもらえた

というのは、意外だった(笑)

涙が沁みたなんて、熊五郎さんから言われるより、若くて可愛い

女の子から言われたほうが嬉しいかもね。分かるよね?(笑)

 以上

2019年セミナー

会場の予約を確定したので、2019年のセミナーを

下記のとおり実施します。

 

君よ 真のヒーラになれ

そうすれば、

人生は思い通りになる。

 

新規参加者の受講料10万円。

但し、過去3回受講した人、同じく2019年に3回の受講を

した人は、以後5万円とします。書籍化の支援者の方は、

引き続き受講料免除です。

但し、もし定員を超える場合、割引される方の参加を

先延ばしします。

会議室の定員24名。申し込み締め切りは、1週間前。

集合時間は午前11時。集合場所は「JR新宿駅」の

「西口改札」を出た某所。合同のランチタイムあり。

セミナー終了後、夕食会&お茶会を実施します。

服装自由。メモと録音OK。ビデオNG。参加者の

集合写真を提供。

 

1月27日(日曜日)簡素な新年会あり。

2月23日(土曜日)

3月23日(土曜日)

4月27日(土曜日)

5月25日(土曜日)

6月22日(土曜日)出版記念ミニパーティーあり。

     新たなYoutubeを大量に連載予定。

    この期には、黄金の大翼を持った霊的な

    存在が放つ強大な光りによって、

    真のヒーラー達が輩出するでしょう。

7月27日(土曜日)

8月24日(土曜日)

9月28日(土曜日)

10月26日(土曜日)

11月23日(土曜日)

12月21日(土曜日)忘年会あり。

 

◉ 受講の申し込みには、郵便番号と住所、氏名、

年齢、職業、携帯の電話番号を記してください。

 

付記

第一期セミナーの実施前、紫蓮さんのお言葉。

「究極へ到達されたその本人が、

直接教え導くセミナーは、ラーラ新宿

以外に在りません。だから受講料が

1千万円でも安いのです。」

感想文

下記は、大阪の受講生からです。

 

先生、こんばんは。

早々に写真送って頂きありがとうございました。

セミナー感想です。

テストとは想定外でした。

解ったつもりでいても書けと言われると混乱したのには

ちょっと凹みました。

資料無しで人に説明するには自身の深い理解が重要なのだと

痛感致しました。魂ー心ー身体の説明、よくわかりました。

先生の教えの再学習と瞑想そして思考の観察を日々の課題と

します、とにかく続けます。そしてその積み重ねにより

モビアスヒーリングができるようになりたいです。

帰阪の車中で、先生の下に参集することが出来た喜びを

かみ締め、「人類を解放するシンプルで究極の教え」を

明示して下さった先生に改めて感謝の想いが湧いて参りました。

もうその道を邁進するしかありません。その一点のため、

更に不必要なことを手放し、集約して行こうと決めました。

先生が今後成さんとされていることに対し、私の内奥から

本当に求めていたものだという想いが上昇してきます。

後少しで終わる2018年はこれまでと全く違う強烈な年に

なりました。これは序章に過ぎないのでしょう・・・

本当にありがとうございました。

追伸

お気づかいのお言葉ありがとうございました。

アクセサリーの写真、ありがとうございます、綺麗です!

「スーパールーフα302」の新潟県知事賞と「柳式融雪法」の

記事、読ませて頂きました。

先生のその後の非情な体験に対し、畏敬の念を覚えます。

この発明と建築家と彫金アクセサリー作家と「人類解放の

教え」の師とが同一人物であり、さらに著書出版ですから、

驚きです。このような先生のフランクさに甘えることなく

自分を律して行きたいと思います。引き続き御指導お願い

申し上げます。

 

【日浦から】

ラナマ・マハルシさんは、修練の6段階を示し、その6段階

まで行けと言っていた。また同時期の覚醒者・二サルガダッタ

マハラジさんは、ダッタトレーヤーの霊的系統が教える最も

シンプルな修練方法だとして、書籍に残している。

しかしながら、僕たちの教える真実の教え、とりわけ覚醒への

修練方法は、史上最短かつ最速の道です。私たちが教える

修練方法は、過去の人の様々な説明を飛び越えて、

「たった一つの修練方法」だと言うことをセミナーにおいて

説明しました。

すべての努力が完全に放棄される境地へ到達するためにのみ

修練の努力が必要です。

追加

今回のセミナーでは、日浦の過去、新潟県の県知事賞を

もらったことなどの記録、その資料をラーラ北海道さんが

持ってきてくれた。あの写真は若かったな(笑)

調べることも大変な作業だったと思う。

皆さん、ありがとう。

 

 

忘年会

今回のセミナーは、今年最後ということもあり、

受講生には、大きな?サプライズがあった。

そのサプライズとは、日浦作の豪華なシルバー

アクセサリーのプレゼントか?まさかね(笑)

自己紹介後、いきなりステーキならず、何の予告も

前触れも無く、いきなりのペーパーテストを実施した。

すると会場からは、「おお~!このようなテストを

ずっと心待ちにしていましたよ~!」と言った、

喜びの声は上がらなかった。その代わりに別の声が

下記の如くに(笑)

 

【受講生から】

昨日は、セミナーを受講させていただきありがとう

ございました。

いきなりのテストは冷や汗ものでした💦

答案はやっとこ少しずつ書いたけれどひどいものでした。
十分な知識を先生は授けて下さったけれど、それを整理して
伝える力をつけなくてはとつくづく思います。書いたものを
発表することにひどく躊躇してしてしまう自分に気づきました。
お茶会の席でも深く貴重なお話を拝聴しました。
この世で繰り広げられるすべては幻影であることを実例を
たくさんあげてお話くださり、外側に意識を向け続けていた
状態を改めなくてはと思います。
紫蓮先生とのやり取りのお話を伺い、気づいていながらも
エゴを満足させる選択をしてしまうことも改めようと思います。
受講生の方々の体験談などに、自分もやろうと励まされました。
<中略>
モビアスヒーリングができるようになり、真我を実現することを
確信して修練したいと思います。本当にありがとうございます。

 

日浦

今回のテストは、2019年から各地ラーラの方々は、自主的に

ヒーリングセミナーを開催していいと言う指示に対する準備と

してのテストだった。会場にて答えを発表しなかった方々は、

宿題ですぞ(笑)

 

15日のセミナー終了後、忘年会をやった。というより普通の

夕食会なんだけどね。飲める人は、喉を潤した様子。

その場において日浦は、またまた未完成の新作アクセサリーを

披露した。「これ素敵です!欲しいです!お幾らですか?」と

いう声があったけれど、完成してからでないと値段がだせません。

以前に話したヒーラーのシンボルとなる「天空の指輪」&

「天空のバングル」のプロトタイプを兼ねたもの。護符の

新作も兼ねている。

 

【受講生からのメール】

セミナーの集合写真ありがとう御座いました。

初めてお会いして既に半年経ちましたが、お会いして

本当に良かったです。感謝しています。

来年も宜しくお願い致します。良いお年をお迎えください。

ありがとう御座いました。

 

【日浦のコメント】

半年前、個人相談にやって来た彼。オーラはくすんでいて

生気が無くなっていた。苦悩と絶望に打ちのめされていた彼。

記事「貧者の一燈」に紹介した彼。その彼は、今では生きる

意欲が湧いて、無いに等しかったオーラも今や輝いている。

君の喜びは、日浦の喜びなのだ。

 

【 2019年のセミナー 】

2019年もまた毎月のセミナーを開催します。

セミナーの日程は、明日にでも公開します。

 

ジハード加筆版

イスラム教のジハードという語が、聖戦と言う

意味であり、それがしばしばテロ行為を現して

いることは、世界に知れ渡っている。

それは、本当なのか?

マホメッド自身は、ジハード(聖戦)について、

「真理を求めて、神の道をゆくことだ」と言っていた。

だからテロを引き起こすような戦いとは、まるで意味が

違うわけだ。

しかしながら、その一方では、幾百万もの男女老若を

殺害したのもマホメットだ。多くの貴重な文化遺産も

破壊した彼。彼自身の言説と大きく矛盾する殺戮と

破壊の行為が、なぜ彼自身から生じたのか?

マホメッドは、何か霊的な修行をしたわけではないが、

たまたまガブリエルという天使のお告げを聞いたという。

このこと自体が、心の幻覚的な体験をしたと言うことだ。

なぜなら、ガブリエルとか何々だとかサタンなどという

架空の天使を語ること自体、ユダヤ教が説いた根拠なき

知識を持ち込んでもいるけれど、マホメッドの奇行は、

超越的な幻覚体験をしたことにある。幻覚体験と悟りは

同じではない。

 

ジハードの意味について、なぜコーランには、マホメッドの

言葉がそのまま反映していないのか?それの理由は、聖書や

仏典のように他者の介入があるからだろう。

 

以前のブログでは、聖書に書かれた多くの矛盾と欺瞞性とを

述べたし、原書と言われるパーリ仏典から始まる仏典類の

すべてがファンタジーだと説明したように、イスラム教も

また真理の精密さに欠けている。これを持って軽く世界の

三大宗教を切った。

歴史に支えられた三大宗教でさえ、開祖の悟り体験と意向が

反映していない。いわんや現代宗教の新興宗教のどれもが、

悟っている教祖は居ないのだ。

 

むかし、イスラム教の書籍を読む気が無いまま、書店の

精神世界のコーナーを眺めていたことがある。

ある日、数冊ある中から一冊を取り上げ、本をめくり、

そのページを読んでみた。そしたら笑えた。

たまたま目にした文言は、こうだった。

「旅の途中において、もし欲情したら急いで家に帰り、

妻とセックスせよ。」そう書いてあった。

それを読んで笑った訳は、「あの時代は、飛行機や

新幹線もなく、車も無い時代であり、旅は徒歩であるか

ラクダに乗ることだろう。旅するとき、欲情するたび

家に帰れ、と言うなら、幾度も戻ったり来たりして、

いつまでも目的地に到着しないだろうな、という想いが

湧いて笑えた。

ただ、もし欲情したら、その対象を現地調達しろとは

書いてないのがまだ救いかなとも思った。僅か数行を

読んだ結果、イスラムの教義はレベルが低いことに

あきれ返り、まったく興味を失ったことを思い出す。

 

人であると思うがゆえにか欲情を是とし、何百万人もの

男女を殺害したマホメッドは、悟った人か、それとも

狂気の偽物か?或いはまたエゴを抱えながら真我に入った

人なのか。。。

 

近年の日本でも、仏陀再誕を宣言した某者もまた、

信者からかすめ取ったお金を持って、複数の愛人を

抱えているという自慢をする輩がいて、お笑い劇が

見られる。

教祖になるって、素敵な事なんだね~!(笑)

そうではないよ。

性欲や物欲を抱えたまま、悟りの境地に到達できる

のだろか?そんな虫のいいことは、出来ないだろう。

だが稀にではあるけれど、エゴを残したまま真我の

領域に侵入するケースがある。マホメッド本人も

その一人だった。

二サルガダッタマハラジ師は、自我も必要になるから

残しておけと書籍に残している。

僕は、同意できない。

エゴが残留するような悟りは、苦痛の度合いが大きく

なると知るべし。エゴと対局な超越意識とが混合される

と言うのは、自分の中に神と悪魔とが同居するような

ものだ。

 

自分は人であるからと言い、性欲(感覚)を温存したなら、

性の欲望と物欲との支配から自由になれない。

悟りの条件には、思考と感覚を超越することが求められる。

それが、「あなたは身体ではない、心もあなたでは無い」と

教える意味なのだ。

心がマーヤの創造者だと教えたけれど、心の座である脳の

動きは、感覚の反応と記憶(カルマを含む)から生じている。

にも拘らず、脳の90%以上を活用できるとか、「考える脳」

なんてことを言う脳学者たちは、自分がウソを語っている

ことさえ知らない。事実は、肉体が有ろうと無かろうと、

物事を知覚し、正確に思惟するものは、非物質なる見えざる

魂自体だから。

 

人に宿る魂は、神経伝達により、身体と心を動かすけれど、

その身体感覚の毒性によって、地上の生き物へ束縛された

ままなのだ、と言うことを身体の人は知らない。また人は

束縛されていることさえ知らないのだ。何によって、誰が

どのように束縛されているのか、人間の秘密を超えた秘密

によって、封殺され続けている。だから人ではなくて自分

自身が解放されなければならないということも知らない。

 

旅の途中、家に帰ると言うのは、イスラム教徒に限らず

世界の人々がやっていることだ。

それはどういうことか?

自己の本性へ戻ること、つまり真我への到達目標を掲げた

としても、掲げることの出来る人は稀であるが、自己実現

という旅の途中で、人は現実世界に戻るのだ。或いは旅を

放棄するのだ。だからこそ人は、何百万年もの転生輪廻を

繰り返し、生まれるたびに人生苦を体験する。

 

生半可な悟り状態に出くわしたマホメッドが言わんとした

ジハードの意味は、イスラム教に限られることではなく、

世界の人々がやるべき聖戦があると言うことだ。

あえて聖戦と言う語を正しく解釈するならば、

戦うべきは、人と人とではなく、異教徒や他国との闘い

でもなく、本性の自己を殺すものと戦えという意味であり、

自己の本性を封殺する主犯は、なんと自分と言う個人である

ということだ。

つまり自分個人という観念は、戦いによって、打ち負かす

べきだということだ。

この真意さえ世界に伝わっていない。

だからこそ、誰もが無意識にやっている戦は、戦うべき

対象を知らない自我の戦いであり、いつも勝利するのは、

人の心に巣食う自我と言うエゴであり続けている。

それゆえ人の本性は、今も封殺されたままなのだ。

魂を封殺するそのものは、「わたし」と言い張る

自我意識のこと。自我が魂を否定するのは当然だ。

 

《 秋田の受講生から来たメール 》

ブログ記事の「ジハード」読みました。

このブログ好きです。
求道者にはとてもわかりやすいです。
確か明日はセミナーでしたね。
ご自愛しながら頑張って下さい。

 

 

3か月後

日浦先生 大変ご無沙汰しております。

秋田の◯◯です。

セミナーを受講して3ヶ月経とうとしています。

反応せず、同調せず、何もせずに精進しております。

反応してしまった時は、まだまだダナァと自分に言い

聞かせています。

日浦先生から教わった瞑想は、自分にピッタリ合った

とても良い瞑想法です。今までやっていた瞑想は、

先生からキッパリ捨てた方がよいでしょう。と言われた

時から、まさにキッパリ捨てました。

瞑想状態について質問させていただきます。

姿勢を整え呼吸法をすると、すぐに呼吸が浅くなり

呼吸をしているのか、してないのかの境い目の様な

状態になります。その状態の時は、とても気持ちが

良くその状態がずっ~と続きます。

雑念は入ってきません。

その状態を一時間ぐらいしています。

光がみえたり、何かがみえたり、何らかの音が聞こえた

とかという事はありません。ただ体の背骨、頸椎が

ポキポキなったりします。これも気持ち良い ‼️

この状態で続けてもよろしいでしょうか⁉️

また瞑想中に神経痛で悩んでる人にヒ―リングしても

良いのでしょうか⁉️という質問です。

どうぞどうぞよろしくお願いいたします。

 

【日浦から】

 

このメールを記事にして、質問に対しては、

メールで回答します。と返信したけれど、

プライバシーの問題ではないから、

ここに助言しよう。

 

長年やっていた有名な某瞑想をきっぱりやめて、

そこでは体験し得なかったことを君は体験している。

いまや呼吸が消え去るだろうという摩訶不思議な

境地へ来た。いまのまま瞑想を続けるといい。

君は病気が無いけれど、もし病気の人がやれば、

どんな病気も治るという瞑想法なのだ。

次の高いステップに昇るには、もう少しセミナーに

通ったらいいだろう。

 

>光がみえたり、何かがみえたり、何らかの音が

聞こえたとかという事はありません。

それでいいんだよ。今は。

真我に達するまでの途中経過において、摩訶不思議を

観る人もいる。それらは多くの場合、マインドが作る

幻想だから、決して気を許してはいけない。もし興味を

持てば、多くはマインドが作る魔界に堕ちる。だから

瞑想中に観る物に気を取られないよう。

 

>神経痛で悩んでる人にヒ―リングしても良いのでしょうか⁉️

練習のためにも大いにやったらいい。但し、マインドを使っては

ならない。念を送ってもいけない。マントラなんぞも唱えては

ならない。マントラを唱えるには、霊的な資格がいるんだから。

以上のことに留意して、そのうえでヒーリングの練習だ。

神経痛だなんて我儘を言っているその人、普段から姿勢が悪いよ。

だから11月21日の記事「解放の願望」を読むと言い。

リファビリよりも辛いことだった瞑想の座が、楽に出来るように

なったという人の体験を。

 

君のこのメール、多くに影響を与えるね(笑)

しかし何が生じたとしても、決してうぬぼれないように。

うぬぼれが生じる否や堕ちるから。

だからこそ、誰もがうぬぼれてはいけない。

 

追記

 

ハリウッドの有名スターたちがパンフレットに顔写真を

掲載する某瞑想法がある。しかし世界的に有名なスターが

宣伝するものと、真実なものとは同じではない。

ゴーダマ仏陀のサブリーダー本人が教える瞑想が、

二流や三流であるわけが無く、一流をも超えたものだ。

それを直伝されるセミナーの参加者は、時空を超えた

恩寵を得ているということ。それを理解すれば、

うぬぼれは生じない。

真の瞑想習得に興味ある方は、参加したらいいです。

 

追記-2

2019年セミナーの問い合わせ有り。15日のセミナー終了後、

年間の日程をお知らせします。

 

 

 

最高のスキル

世間では、様々なスキルを学ぼうとする人が

溢れかえっている。ビジネス街の西新宿でも

業務以外の参考書を読むサラリーマンが沢山いる。

もし、学ぶためのお金と時間が許すなら、

習得したいと言うスキルは、沢山あるからだと

思うのだろう。本当は、そうではないけれど。。

 

様々なスキルの中でも、最高のものは何かと

聞かれたなら、それは、ㇶーリングのスキル

であると僕は言うなり。

ラーラ新宿が教えるヒーリングは、なにも身体的な

病気治しに限らない。鬱だとかノイローゼだと言う

精神的な病も治す。対人恐怖症を消し去り、対人

関係の好転現象を起こしたり、奇跡的な幸せなども

招来させる。ラーラ新宿が教えるヒーリングは、

あらゆるジャンルに適応される。いわばオール

マイティーなスキルだ。

例えば、専門の参考書を読まなくても、その望む

結果を得られるのがヒーリングの力だ。

 

いまほど受講生の方からメールあり。それは、

12月セミナーの申し込みなれど、娘さんが抱えて

いたアトピーの改善が見られたと言う喜ばしい

報告も伴っていた。1か月前のアトピー症状を

10とすれば、1ヵ月後のいまは、3か2のレベルに

改善されたという。

アトピーは、通院しても治りにくいもの。

ヒーリングにおいても難易度の高い病気です。

この受講生の方は、護符を使いながら、いわば

半信半疑のヒーリングを試みたのです。

その結果、10のレベルから3か2のレベルに下がった

ということ。

メールの末文には、「少しは私のヒーリングも

効いていたのならいいのですが(笑)」と

書いていた。もちろんそうだ。

 

世間には、様々なヒーリングメソッドがある中で、

唯一正しいヒーリングが、モビアスヒーリングだと

いうこと。しかしながら、それは、両刃の剣と同じく

働くため、悪用する者が続出することは疑いの余地が

ないのです。それゆえ公開すべきではないのです。

 

ほとんど何でもできてしまうモビアスヒーリングを

学び、それを習得したなら、その人の人生は想像を

絶する豊かなものになり、不幸は生じなくなるでしょう。

加えて、自己の本性実現へ直結するのです。

もし受講生が望まずに自己実現に至らなかったとしても、

来世においては、ヒーリングの力が善いカルマとして

自然に芽生えるのです。

ヒーリングの知識が何も無かった日浦の場合において、

過去世に体験したヒーリングが自然に芽生え、数々の

ヒーリングを行えたということ。

皆さんも真のヒーリングを学んだなら、今生において

ヒーラーになれるし、来世に生まれてもヒーリングが

出来るでしょう。ゆえにセミナーを仮に10回くらい

受講したとしても、とても安価なものです。

 

下記もセミナー参加を申し込み、了解された受講生

からの返信メールです。

 

 日浦先生

ありがとうございます。
良いご報告ができないまま年末になってしまいました。
初めて先生からいただいた「全部捨ててしまいなさい。
楽になるから」というお言葉が折に触れ思い出されます。
今回受講料無料でありがたく出席させていただきます。
 
【日浦】
もう12月だなんて、時が過ぎるのは速いね。
まさに光陰矢の如しと言うが如くに。
 
>良いご報告ができないまま年末になって、、、
 
この気づきが大事。でもね皆さんからの良い報告は、
あれば嬉しいけれど、それほど期待していませんよ。
表面的な変化は自覚できないかも知れないけれど、
深いところでは、カルマが軽減されているのです。
その変化はやがて表面意識へ現れます。
 
>「全部捨ててしまいなさい。楽になるから」という
お言葉が折に触れ、、、
 
世間は、そんな偉大な教えを教えてはいないから、
その言葉を覚えているだけでも大きな進歩です。
 その時が来れば、その時は必ずやってくるからこそ、
すべてを捨て去ることに喜びを見い出すでしょう。
なんとなれば、すべてを捨て去ることが自己へ帰る
唯一の道だと言うことを、欲望と恐怖の相続者である
マインドが理解するからです。これこそ奇跡と呼ぶ
べきことなのです。
 
物事に悩みつつ、楽しみや喜びを体験しつつ、また
苦しみながら、ずっと愛着していた世間のすべてが、
マーヤなのだと言う驚きの感覚・フィーリングが
やって来ます。その時、僅かに後ろ髪を引かれるかも
知れないが、あなたもまた自己の真我に向かって、
突進する日がやってきます。
 
すべてを捨て去った人には、すべてが手に入るのです。
それは、偉大な教えの隠された秘儀の教えであり、
それは、その人のみが自ら証明し得る真理です。
 
【 お知らせ 】
12月セミナーは、まだ空席があります。
希望者は参加申し込みをしてください。
締め切りは、7日まで。
夕食会では、忘年会をやろうかな(笑)