永遠の旅人

このブログは、様々な視点から、人の本性についてを

説明しているのです。しかしながら、文書作成能力も

限界があり、伝える側にも不満があるのです。

 

3月31日の記事「ダイジ」は、シュナイターについての

問いがあります。

 

それは、1月の食事会の最後に、唐突にシュナイターに

ついての質問があり、それへの僕の答えは、

「彼は教祖意識でやっている、解放の教えが含まれて

いない」というもの。

この質問をした受講生は、人智学関連の書籍をすべて

処分したといっています。他の受講生の方も、沢山の

書籍を処分したようですが、それは、とても素晴らしい

気づきが生じたからです。

 

その気づきとは、魂のものではなく、マインドの気づき

であるにせよ、「自分自身を解放する教えが含まれて

いない書籍は、読むべきではない」という自己啓発への

気づきです。そうした書籍は、読むほどに自分の思考を

間違った偽りの束縛へと導くものである、という気づきも

内包しているでしょう。

この気づきが素晴らしいのです。

 

人が自己の本性を悟ったら、なんであれ直接の知覚力が

生じるので、例えば、シュナイター自身の思想や全生涯を

一瞬にして知ることになり、それらの書籍は読む必要が

ないのだと言うことです。それが人の内奥に潜む知覚の

力なのであり、人は誰もが、その力を自分のものとして

活用しなければ、幸福になれないのです。絶対に。。。

 

ここに登場したシュナイターは、シュナイター個人を

超えて、すべての人を代表しているのです。

つまり人が誰であれ、その人が書いた書籍は読む必要

さえなく、書かれた書籍の意味を直接的に知ることが

出来るということ。

その自分の力を使うことなく、どうして書籍などを

読むのだろうか?という問いかけなのです。

書籍は、作者の思い込みや偏見もあり、ウソもある

だろうと言うこと。そうではなく、書かれたことの真偽を

見極めながら、本当の意味を知ることが出来ると言うこと。

それは、人のマインドには出来ないけれど、魂の性質として

誰もが持っている力、潜在的な能力だと言うこと。

その力を使えばいいのです。その力を使えば、騙される

ことも無くなりのです。

 

転じて、宗教も同じです。

自己の本性(神を超えた存在性)を悟らせるという真実の

教えが無い宗教は、やらなくていいというだけでなく、

やってはいけないものなのです。なぜなら、自己の本性を

悟れない偽りの教え、ウソの思想に束縛されるからです。

偽りの奴隷になって、どうするの?

自分もウソをマスターして、宗教を作りますって?

 

宗教を作った、或いは、宗教を作る人達に共通する言葉、

それは、信者を4人作れば、飯が喰えて、信者を10人作れば、

ベンツに乗れて、信者を20人作れば、愛人を持てる、という

もの。このことを皆さん知らないだろね。でも現実に宗教が

生まれるのは、そういう理由からだよ。

 

また、少しも偉くもない単なる個人の教祖を崇拝するような

宗教は、(例えば、大天使ミカエルを名乗ったおばさんとか

アカンターレを名乗ったおっさん)などを信じるのは、信者と

しての自分自身を愚か者の奴隷にするだけです。

人は、ここを理解すべきです。理解すべきことは、「すべての

生類は、唯一という原質の同じ材料から成る」という真実の

教えから、大きく大きく外れているのです。

この真実(あなたは、どんな教祖よりも偉大である)を隠して、

高邁なことを語り、ふんずり帰る教祖は、醜い人たちです。

それが偉い人だなんて、勘違いしないように。

 

聖書によるキリスト教には、永遠の命と言う言葉が多用されて

いるけれど、それは単なる言葉だけであり、クリスチャンは、

永遠の命を体現しません。何故かと言えば、キリスト教には、

すべての生類は、唯一の原質から成るという真実の教えが無く、

解脱する(神を超えた存在に戻る)と言う最終目標とその手段

さえも無いからです。

 

仏教は、どうなんですかね?

「魂など存在しない」と放言している上座仏教を信じるのは、

的外れなことを信じさせるのでしょうかね?

そしてまた、魂は永遠に輪廻するなどというチベット仏教は、

人をどこへ連れてゆくのでしょうかね?

仏教知識を得たマインドは饒舌になるだろうけれど、魂を

知覚することは、それと別の問題何です。行先はチベット?

シャンバラ?(笑)

 

では、世界の三大宗教と異なる現代の新興宗教は、いったい

どうなんですかね?

宗教法人を登録するために文化庁へ登録する教義など、なんの

意味もないのでは?

宗教団体が先祖供養なんかを教えて、いったい何になるのです?

先祖は、幸せなあの世に居るかも知れず、救われる必要がない

かも知れず。

自分が不幸なのは、先祖のせいだって???先祖とあなたは、

何の関係もないでしょう。ただ家系的に先祖だったというだけ。

 

先ずは、自分が不幸だと思い込むことが間違いであり、教団が

そう洗脳するから、先祖や他人のせいにするのは、筋違いです。

教祖の誰もが悟っていない人が作る宗教は、ファンタジーでは?

 

人は、この世とあの世との無限的な時を旅していて、決して背負い

きれない膨大量のカルマを持って入ながら、それに気づけない。

人は誰もが、そのカルマ故に生まれ、カルマと言う運命に運ばれて、

身体の感覚が作り出す時間と空間に束縛されながら、人生は楽しい!

などと言いながら、苦しみと悲しみを体験しつつ、終えるのです。

人生と言う旅の意味も知らず、目的地という往く当ても知らず、

彷徨う人間たち。

 

自分が不幸なのは、自分の認識力の欠如とカルマ故であり、先祖の

不幸と関係ないのです。先祖もいい迷惑だね(笑)

宗教に依存するのは、概して他力依存の傾向があり、また自己責任の

観念が弱い人であり、騙されやすい人なのです。

 

同じく転じて、

悟ってもいない人が咲き競うスピリチュアル世界に関心を持つことも、

ウソの寄せ鍋みたいな世界を本当だと見ることになり、自己を忘却させる

ことがあっても、自分の本性を見出すことは出来ません。絶対に。

 

後ろを見ていて、どうして前が観えるというの???

 

こうした意味から、人は永遠の旅人のようなものだと言えるのです。

出発した旅の起点もなく、往く当ての最終目的地も知らず、いつも

旅の途中にいるあなた。 

あなたは、だあれ?

 

自分は宗教を止めたいけれど、人との関わりがあり、なかなか

止められないよ、というあなたは意志薄弱だ。なぜ人のせいに

するのだろう?

その解決策は、教祖の言うことを信じるな、会報誌などを読むな、

講演会も行くな、ついでに会費も払うな、というもの。

それが出来れば、インチキ宗教を止めなくても、あなたは宗教の

奴隷から解放される(笑)

 

自己の本性(神を超えた存在)を知ることにおいて、神も宗教も

必要がないのだ。巷のスピリチュアルも必要がない。なぜなら

自己の本性(神を超えた存在)とは、自分の内界に在るのだから、

自己の外側の宗教をやっていては、自分の内界を決して観ない。

だから旅の行く先は、あなたの内界へ向かうべきなのだ。

日浦のセミナーでは、それを教えているのです。

 

 

旅をしよう

昨日の来たメール数は、17通だった。

それへの返信は、ついつい簡素になってしまう。

それに加えて記事を書くと、1日が終えてしまう。

 

ブログのアクセス数は、日に700前後であり、

その数は、少なくはないだろうけれど、多くも

無いだろう。

アクセス解析による訪問先をみると、ブログトップ

から来るものが最大であって、次は、マインドフル

ネスの嘘、聖書のウソ、邪悪な光り、想念を観る、

などであり、日によって順位が変わる。

 

記事を書いて、セミナーを月に1回やって、毎日メールの

やり取りをする。この単調さに嫌気がさしている。

だからこそ、もうセミナーは終わりだよという、いわば

ラストセミナーをやったのは、もう2年前だった(笑)

 

今でも、ふと思うことは、セミナーとメールのない国へ

行きたいということ。だから、4日から旅に出ようと思う。

 

革ジャン着てのひとり旅

行く宛てなくて

目的もない

ただ一時の自由

 

4月27日のセミナーは、予定通り行います。

受講希望者は、申し込んでください。

 

皆さんも よい旅を (笑)

 

今日のアクセス数が日の最高値の

1.137になった。

アクセス先では、「想念を観る」がダントツ。

皆さん、旅行が好きなんだろうかね

という問題ではないね。日に700前後のアクセス数は、

多くないだろうと書いたからだ。 

ダイジ

下記のコメントは、セミナーの録音をテキスト化して

くれた品川の◯◯さんから。

 

ついでに、少し近況をお話しさせていただきますと、

1月の食事会の最後に、唐突にシュタイナーついて

お伺いしました。先生のお答は、「彼は教祖意識で

やっている、解放の教えが含まれていない」でした。

教祖意識についてはわかりませんが、解放の教えが

含まれていないことはその通りと思います。

ですので、家に残っていた人智学関連の書籍をすべて

処分しました。

 

また、ダンテス・ダイジについても最近のブログで

マイナス評価で記事にされていましたので、書籍、

講和録、録音データを処分しました。ついでに、

その他の精神世界関連の書籍を、ヴィヴェーカー

ナンダの書籍数冊とウパニシャッドを除いてすべて

処分しました。

それで何が変わったということはありませんが、

本棚周りはスッキリしています。何が言いたいかと

言いますと、

改めまして、ご指導よろしくお願い致します。

 

日 浦

あなたも無口な割には、随分と勉強したんだね(笑)

>殆どの書籍を捨てて、それで何が変わったという

ことはありませんが、、、

バカなことを言うんじゃあないよ!

乱数的に生じる多様な想念が、激減してゆくんだよ。

減少した分は、真理を知覚する力が入ってくるんだ。

 

ダイジさんの講話録、ダイジに保管してたんだね。

あ、言わなきゃあよかった寒いギャグ。。。

 

彼もいいところを沢山持っていたけれど、最後の

ガス爆発自殺は、彼の教え全部をダメにしている。

勿体ない逸材の一人だった。

 

ウパニッシャドは、第一期のセミナー受講生に対し、

参考資料として渡したもの。参考資料とは、日浦と

紫蓮さんが教えることの中身は、古代から説かれた

教え(ウパニシャドという歴史)と同じだと言う

意味において、新しい理論ではないという説明に

用いられたもの。

あの膨大な量のウパニッシャドは、真に悟った者が

書いた書と言うよりも、到達していない弟子たちの

口伝が多くあり、そのまま信じてはいけないものだ。

古代に花開いた真実の知識と言う花。それらは、

現代語を持って、受講生は聞いた、ということ。

もう本棚の奥に置いていい書です。

 

>改めまして、ご指導よろしくお願い致します。

よろしい。あなたもまた、森羅万象の源を知る

機会に巡り合えた。

そこへ到達するよう 導くだろう。

洗浄器

佐賀のサクラさんから

近況のご報告です。

先日頂きましたペンダントですが、

私は以前と全く変わらないのですが、

行く先ざきで人から親切にして頂きます。

先生のパワーシールドが本当に強力に働いて

いるようです。大事にしていつも肌身放さず

大切にします。本当にありがとうございました。

 

日 浦

>行く先ざきで人から親切にして頂きます。

いいなあ。。。僕なんか親切にされないよ?

おやじだから?^^

護符のパワーと言うより、サクラさん自身が

親切な想いを放っているのでは?^^

 

先生へ

お忙しいのに何度も繰り返し、ご連絡して

申し訳ありません。先日のモビアスヒーリングの

セミナー資料(3月24日分)をパソコンで開きました。

なんと、枚数にして66枚もあり、目次もきちんと

つけてあり、素晴らしい作品です。

ボイスレコーダーに入っている一言一句まで、、、

とても感動致しました。大切なお時間を使って、

どなたがまとめられたのかは存じ上げませんが、

心から感謝申し上げます。お話の理解が深まります。

本当にありがとうございました。

心からお礼申し上げます。


日 浦
テキスト化してくれたのは、品川の◯◯さん。

3月のセミナーで会っている人ですよ。

セミナーの録音を文字化するのは、大変な作業です。

そのお礼に護符ペンダントを上げました。北海道の

ダンクにも(笑)

また文字化してくれたら、またまたペンダント

あげると言えば、ペンダントに釣られた訳じゃあない

けれど、ヨドバシカメラから研磨剤の入った磨き布、

そして、なんと超音波洗浄器も買ったとか。受け入れ

準備がいいねえ~

皆さん洗浄してもらえ!(笑)

 

東北のサクラ

佐賀のサクラ瞑想に触発されて、

まだ咲かぬ東北から来た

サクラメールなり。。。違うか(笑)

 

日浦先生 こんばんは‼️

瞑想のことを報告いたします。

受講した10月から2月までに瞑想により

体重が四キロ減りました。

瞑想をすると腹がへり、頭がスッキリした状態に

なるので、あまり食べない状態をキ―プしていました。

最近また食いはじめてちょっと肉がついてきたかな

1日二回の瞑想に心がけています。夕食を食べて

二時間くらい後で始める。夜中2時から3時ぐらい

目が覚めてからの瞑想をしています。

夜中の瞑想時に必ずではないですけど、尾てい骨や

下腹部に熱のように感じるものがあり、背中や腹の

方からのどくらいまでその感じがあります。

(小周天、大周天、クンダリ―ニの類いか)そうなると

自然に頭頂部に意識をもっていきたくなります。

一回だけ頭より上に意識があるように感じたことが

ありました。このまま続けてよろしいでしょうか⁉️

6月セミナーに参加したく思い、時期が近くなったら

その旨をまた連絡させて頂きますます。

 

日 浦

この質問(頭頂・サハスラーラ・チャクラ)に意識を

向けることに対しての是非などについては、先ほど

メールにて回答した。

深夜の瞑想はやめて、朝起きして瞑想せよ。

それと、小周天、大周天、クンダリー二などは

魔境に陥る危険性があるから、きっぱり忘れろ。

それらが必須であるならば、僕も教えている。

そのことは、記事にも書いたと思う。

 

初回のセミナーに参加した後に、体験した瞑想の

境地こそが、究極的だと気づかないのか?

君は、気づいていたはずだ。なぜなら、今までの

瞑想では体験しない境地を体験できたではないか。

ここには書かないけれど、先ほど教えたように

瞑想をやれば、魔境を通らなくて済む。

 

分かりました。
本当に有り難うございました!!
早速のお返事まことに感謝いたします。
 
彼には、今朝も補足説明をした。
 
 はい‼️分かりました‼️
日浦先生のセミナーを受けてからは、精神世界の本、
スピ系見ても、まるで興味を持たなくなりました。
日浦先生命‼️です。

サクラ瞑想

表題の「サクラ瞑想」とは、

な~んの意味もない、

単なる表題です。

 

日浦先生へ

こんにちは

いつもお世話になっております。

最近暇さえあれば自己流の瞑想をしています。

今日も部屋の片隅でぼんやり部屋を眺めて

おりました。窓から入る光線が隣の家の反射かも

しれませんが、下方から上に↖️に入ってきていました。

部屋の白っぽい家具や白いお花も鋭い白い光線を

上方へ長く出しているようでした。さらに手に目を

やると指先から線香のような光線が出ていました。

先日、セミナーで「すべての原子、物質は光線と

大気中にあるとお聴きし、セミナーでは、科学や

物理的なお話も交え、とても濃い内容のお話ばかりで

感動しました。

また次回どんなお話を聴かせて頂けるのか来月を

とても楽しみにしています。

ありがとうございました。

 

日 浦

>指先から線香のような、、、

線香ってのが仏壇を想いだす(笑)

たった1度の受講でも眼が開きつつある。素質はある。

だが君には、まだ瞑想を教えていない。だから自己流の

瞑想は良くない。今は超越的なものを観ないように。

初級レベルの瞑想をメールしたから。

 

>また次回どんなお話を聴かせて頂けるのか、、、

 あのう~気が弱い内気な講師には、プレッシャーを

掛けないようお願いしますですうm(__)m

 

先生へ
お忙しい中お返事を頂きとても感激しております。
本当に感謝しております。瞑想が楽しくなりそうです。
本当にありがとうございました。