人間解体論-10

書きだせば切りがない、終わりが来ない。

これを論の最終話としよう。

 

宇宙再起動計画

大いなるゴーダマ仏陀滅後、特にアジア

諸国には、数十億の仏教徒が生まれたが、

その誰もが、偽書をテキストにしたので、

実像の仏陀に出会うことは無かった。

 

しかし日浦のセミナーに参加した人は、

日浦と言う個体性をとおして、実像の

ゴーダマブッタのエネルギーに触れた

のです。つまり、ゴーダマ仏陀の霊的な

系統に属する恩恵を得たのです。

このこと自体、奇跡と言えるでしょう。

しかし世間は信じないので、これを強調

することはしません。もし強調すれば

仏教学者らの批判、罵倒、噛みつきが

起こるは明白。

 

ワンワールド思想、DS、その他にも

様々な名称を使い分けて、世界を支配

すると言うユダヤ資本。

彼らは旧約聖書の、とりわけ創世記を

信じている。というか、信念の形成に

利用しているだけだ。神に選ばれしと

いう選民意識。その創世記も阿修羅の

創作だと分かる記事を末文に記す。

 

人ひとりの人間解体は、難しいことでは

ないが、決して簡単ではない。

それが全人類に適応され、全人類が本当の

覚醒をもたらすと言うことは不可能に近い。

その証拠となるのが人類史である。戦争、

略奪、破壊。それらは、カルマの働きで

あるから、これからも人類全体が調和する

ことは望めない。そして、偽りの救世主が

現れるかも知れないが、彼らは直ぐに

馬脚を現す。

 

削除された過去記事を読んだ人は、

「最終解脱」とか、「宇宙再起動」と

言う言葉を覚えているだろうか。

それは、人類の多くが、真の覚醒を

果たすという、ファンタジー的な話し

である。

なぜ、ファンタジー的な話しか?

多くの人は、世界はおかしいとか、

この日本もおかしいと気づいており、

明日への生き甲斐が見いだせない人が

多くいる。

 

政治が悪いという個人がいて、集団が

いても、政治を変えることは出来ない。

だが誰かが変えなければ、破壊がやって

来るのは明白だ。

ムーンショット計画?

それは、人の肉体を捨て去った世界の

狂気のゲームであり、計画する彼らは

ゲームのプレイヤーに立てると勘違い

している。

 

つまり狂気が政策化するという明日の

日本。それを防ぐには参政党ではなく

つばさの党でもない。もちろん自民も

公明党もゲーマーだからダメだね。

それゆえ遠からず、地球全体の再起動が

起こらなければ、世界を破壊するエネ

ルギーの流れは止まらないだろう。

それが起これば、共産党の脅威だ、

DSだ、悪政だという非難も不要になる。

そのための「宇宙再起動」であり、

これこそが、真のグレートリセット計画

である。それは、幾度も破壊を体験した

この地球にさえ生じた事のないグレート

ビッグイベントなのだ。この「宇宙再

起動計画」を知るのは、ゴーダマ仏陀、

先生、日浦その他。

皆さん、宇宙再起動は本当に起こる。

 

参考資料

旧約聖書〟唯一神の正体

https://www.youtube.com/watch?v=d92PlMm3Y0E

 

 

 

 

人間解体論-9

アクセス数がぐ~んと伸びているので、

論-10まで書こう。

 

瞑想は、それを適切に行えば、劇的な

効果を生み出す。日浦26歳の体験、

丹沢山中の断食瞑想は、劇的な成功

事例だと言っていい。しかし、その

体験談は、皆さんの参考にならない

だろう。だから記事を削除した。

 

もし、瞑想が適切でなければ、期待

効果が無いだけでなく、ひどい障害を

生むデメリットも有り得る。

以前にも紹介したけれど、まともな

瞑想本は、ビヴェーカナンダさんの

ラージャヨーガ本だけだと言いたい。

それとて、万人向けのテキストとは

言い難いが。

クリシュナムルティーもまた瞑想本を

書いているが、その本を読んで分かる

人はいないだろう。彼は、人が読んで

分からないよう書いているのだから。

 

論-8において、

>この知識無くして、如何なる瞑想も

>無意味であり、

と書いた通りである。

瞑想という語を用いるなら、真実の

自己知識が優先され、それなき瞑想は、

迷走になり易い。

巷の、ネット上の瞑想は、すべからく

真実の自己知識が明らかにされては

いない。そして、実在の唯一が知られて

いない。だから総てがガラクタ瞑想だと

批判される。

仏教系のヴィッパーナ瞑想は、最低の

ガラクタだと言ったことは訂正される

ことは無いだろう。あの宗派こそは、

仏典の偽書を作った最初の団体なのだ。

そのことは皆さん知らなくていい。

皆さんが知るべきは、自己が知られる

ならば、「総てが知られる」という

知識を持とう。これが最初の動機に

ならなければならない。

26歳の時、丹沢山中に深く入り込み、

超越的な力に目覚めたのは、それを

過去記事に示したが、

「それを知れば、総てが知られる」

という揺るぎなき確信であった。

皆さんも、ここから始めたらいい

だろう。これは、すべての問いの

初めに必要なものである。

例えば、ある日のセミナーにおいて、

受講生さんが問いを発した。

「日浦さんは、どのようにしてあの

発明を成し遂げたのですか?」と。

先生の答えは、

「日浦さんは、開発の最初から究極の

答えに焦点を当てていたのです」と。

この答えを質問者は理解ができない

ようだった。

 

しかし先生は、ハッキリと明確な解答を

すでに与えたのです。

「日浦さんは、開発の最初から究極の

答えに焦点を当てていたのです」と。

もし質問者が、この言葉を疑うことなく

確信したならば、意味をくみ取ることが

出来ただろう。更には究極と言う言葉の

示す行先も理解し得ただろう。

何故なら、日浦が丹沢山中に行く決意を

したのも、究極と言う言葉の示す行先も

理解したからに他ならない。

つまり、探求の方向性が
正しければ、
問いそれ自体が、
答えを導き出して
くれる。

皆さん、この様な偉大な真理を学ばずして、

損な生き方をすることなかれ。

あなたの本性こそ、真理それ自体なのだ。

人間解体論-8

このブログでは、ことあるごとに、

「皆さん瞑想しなさい」と繰り返し

言わない。そのことに気づいている

だろうか?

 

なぜ、瞑想をやれといわないのか?

 

それは瞑想によっては、人間解体論に

行きつくことは期待できないから。

何故なら、絶え間なく異なる思考が

やって来るから、思考自体に変化が

生まれる。思考それ自体は、あなたを

連れてゆく先を知らない。もし思考の

いい加減さに気付くことが出来るなら

誰でも時々は、それに気付くけれど、

気を取り直して再思考をする。

皆さんは、思考を重要視しないことが

できるだろうか?

 

皆さんが無意識的にやっていることは

意識して、その思考を使っている、と

いう能動的な感覚によるけれど、それが

受動的な思考なのだ。これこそが思考の

支配であると人は知らない。

 

彼は知性がある、理性的であると人は

いうけれど、その思考を知性とか理性

だというかも知れないけれど、やはり

変化する思考に過ぎない。

ビヴェーカナンダさんは、人を支配

するカルマは、瞑想によっては破壊

できないのだと本に記している。

彼は、頭が良かったので何ごとも

理詰めに語る傾向が強い。

カルマのことは時間があれば、別の

視点から説明するかも知れない。

 

皆さんが知るべきは、思考に依る

自己探求とか、自分探し、或いは

哲学や宗教においても永遠の自己を

知ることは出来ないということだ。

なぜなら、永遠の自己と言う概念、

その真実の知識が無いからである。

この知識無くして、如何なる瞑想も

無意味であり、自分探しも深い迷いの

森に入る危険があり、宗教も哲学も

思考の延長線を辿るだけである。

その結果、「わたしは悟った」という

偽りの観念を生み出すだけであり、

観念を自己だと勘違いする仏教徒や

宗教者に視られる奇異な傾向である。

観念も思考に過ぎないと看破する人は

極めて稀だ。

公言すると問題が生じるので、口には

出さないが「わたしは悟っている」と

嘯く人は、驚くほど沢山いる。そんな

彼らは、あらゆる業種の中にいる。

そうした彼らは、謙虚さの代わりに

傲慢さを内に抱いている。

 

では、瞑想は重要ではないとすれば、

しなくていいものか?

この記事をちゃんと読んだ人は、

上記のような問いは持ちません。

なぜなら

>この知識無くして、如何なる瞑想も

>無意味であり、と書いてあるから。

 

続く

 

 

 

人間解体論-7

人に知られざる本性あり

先生との出会いがあって間もなく、

「僕は、誰かの霊的系統に属して

いますか?」そのようにお聞きした。

霊的系統とは、人間の世界でいう

家系・その家系図のようなものだ。

その問いに対し、先生は珍しく沈黙

したままであった。

先生は無言のままで、着物の袖を

まくり、テーブルに膝をおいて、

手の平であごを支えた。そして

両足をソファーに伸ばし、両足の

踵を隣の隣りにあるテーブル上に

置いた。そのような奇異なポーズを

見て、「?ここは、人が大勢居る

ファミレスだというのに、なんと

いうポーズをとるのか?」と想った。

だがすぐさま、先生の無言のポーズは、

ゴーダマ仏陀(お釈迦様)の涅槃像を

示されたのだと知る。すると先生は、

姿勢を元に戻しながら、

「白くて 大きい」という意味深な

言葉を呟いていた。また「あなたは、

ゴーダマ仏陀のサブを務めた方です」

と言われ、加えて、「真に人を導く

ことの出来る人です。」そのように

語られ、続けて、「およそ2.500年前の

インドに生まれた仏陀のサブであるか、

天界における仏陀の教団のサブであるか、

そのどちらであったのかは、ご自分が

想い出すでしょう」と言われた。

そのようにお聞きしてすぐさま

「自分は、2.500年前に生まれた仏陀の

弟子と伝えられるアーナンダでは無い」

と知った。

<中略>

その日は、うだるような暑い夏の日で

あったが、僕を渋谷駅まで送ると言う

先生。駅について、今日はありがとう。

またねと挨拶をして改札を抜けようと

したその時、先生は叫ぶかのごとく、

「あなたの語る言葉は、仏陀の言葉で

あり、仏陀の言葉、想いは、あなたの

言葉、想いですからね!」そのように

言われた。

ファミレスの会話の中では語り足り

ない感じがしたのは、このことを告知

されるためだったのかと知る。

帰りの電車の中では、先生の言葉を

反芻し、「白くて 大きい」の意味を

知り、こみ上げる記憶の波に涙腺が

ゆるむ。

 

もし、先生の告知が無ければ、仏陀の

サブを務めたと言う自分自身の過去を

知らないままだ。

ここで皆さんに言いたいことは、人は

誰もが膨大な転生輪廻の記憶を持って

いながら、その転生の履歴を知らない

ままだと言うこと。

では、転生の全履歴、過去世の記憶を

想い出すことが誰にも重要なのか?と

問われるならば、そうではない。輪廻

転生を超えて存在する永遠の自己を

見出すことが重要なのだと言いたい。

無限的に転生輪廻していながら転生を

しない永遠の自己がある、という深い

教えは人の誰もが知るべきことであり

ながら、人の体を持つと、その本性が

完全に隠される。

人類の歴史を俯瞰すると、人の誰もが

自己の本性が完全に封殺されたまま、

身体感覚の「わたし」が各々の人生を

織りなしている。つまり完全なる記憶

喪失状態に生きるのが「わたしは」と

主張する人間の姿である。

言い換えれば、私は人間だと主張する

こと自体が大きな大きなウソであると

言うことである。一体、これらを誰が

理解し得ようか?

人の争いとか、世界の覇権、苦しみと

悲しみ、生きようとする生への衝動など、

これらは永遠の自己から視るならば、

幻想だと言える。なぜなら永遠なる

自己は、この世に生まれてはいない

のだから。このことを知る人が居る

のだろうか?

あなたは、いったい何者なのか?

しかしながら、「わたしは誰か?」と、

問う人は少ない。その問いは、ここに

述べたところの人間解体論を持って、

その秘密が知られる可能性がある。

 

言うまでもないが、「幸福の科学」の

大川隆法が、本物の仏陀である訳が

なく、その大川隆法に影響を与えた

高橋信次もまた仏陀では有り得ない。

 

 

そしてまた、今日にまで引き継がれる

諸派の仏教学は、最初の偽書である

パーリ(仏典)の延長線上にある創作

書であり、仏陀の教えではありません。

例えば、仏典の中に、アートマンなる

物は存在しないと教えるのは、アンチ

仏陀になったヒンズー教徒等が書いた

偽書です。インターネットの無い時代、

インド全域にその名を轟かせたゴーダマ

仏陀。彼の崇拝者も増える一方、妬む

者と誹謗する者、誤解する者、教えを

模倣する者達も沢山現れるのが、この

世の仕組みだから。

こうした史実の真相は、人の知性では

決して分からないものです。何故なら

人間とは、永遠の自己を封殺する偽り

であるからであり、歴史は隠されるのが

常だからです。宇宙の歴史をその真実を

知るのは、時間と空間の影響を受けない

永遠の自己だけです。

このことを誰が知ると言うのだろう。

 

凄いね

参政党の演説では、大和魂を訴える。
本当は、「大和 だまし」では?

参政党の演説では、つばさの党・黒川らが
中国共産党の回し者だと嘘をいったり、
言いたいことがあれば、演説会場に来て、
質問してくれと演説した神谷たち。

そこへ黒川らが来たら、あなたの質問には
答えないと逃げる神谷たち。(その破廉恥な
ウソ動画を公開された参政党)

神谷の別会場の演説会へ乗り込んだ黒川等。
神谷が語り始める。黒川は質問をする気だ。
結果的に質問時間は無し。

エントランスホールで神谷を待つ黒川等を
避けてか、裏口からこっそり帰った神谷が
本当に大和魂・・・?

https://www.youtube.com/watch?v=DFD8ioz3NvQ

街頭演説でもウソを平気な彼等が、もし議席を
問ったなら、恐ろしいことが起こるのは明白。
なぜなら彼等の背後は、世界最大の闇勢力で
あるから。

真のさむらい黒川あつひこ

日本国民にとって、ひとつの希望は、NHK党の
立花氏、つばさの党・黒川氏である。CIAの歌は
下手くそだし、戦術も上手ではないが、彼には
真っ直ぐな武士の血が通っている。そして彼は、
暗殺されるだろうことを承知していながら、
それでも戦いを止めない。

なぜなら彼の後を追うモノの出現を、その
手本を示しているのだから。もう彼は地上の
学習を終えたのだ。自分の欲望と生と死を
超えて。そんな彼は素晴らしい。皆さん、
応援してあげよう。

そのうち日浦も参戦するだろう。だが政治に
参加するのではない。

 

 

E シャツ販売

昨年と同じ絵柄だけれど、E シャツを
ラーラ北海道ツイッター部から販売。

 

お知らせ-1
7月22日の金曜日に予定したところの
ランチ会&アクセサリーセミナーは、
7月27日水曜日に変更しました。
あと数名の参加をお待ちしています。
参加者の方には、素敵な(多分?)
プレゼントがあるのでは?

 

お知らせ-2 非常事態!
参院選、自民党を避けよう。理由は、
1.000万人の移民(善良で無い人達)を
導入し、混迷する多民族国家にする。
【馬渕睦夫】投票前に改めてお伝え
したい事があります。
https://www.youtube.com/watch?v=zmL_TX0qE5k

 

力はないがNHK党の立花氏、
つばさの党 黒川氏を応援しよう。
日本農業を立て直す方法、移住政策の失敗、
笹川一族の悪事
https://www.youtube.com/watch?v=zK1gdHRywYE

 

後日削除