苦の消滅

【 無断転載を禁止 】

人の苦悩は、なぜ生じるのか?

世界に蔓延する悲嘆、絶望、不条理、

この根源的な問いについては、

実のところ宗教や心理学も知らないのです。

心理学の古くは、フロイドもユングに語って

いた、いわば名言「精神分析の療法において、

人を治せると思うな」というものです。

彼らほど精神分析の無力さを実感した者は

いないでしょう。それでも職業とした

心理学はやめられなかったわけです。

 

フロイドと別れたユング自身も、

長い間、精神を深く病んでいて、患者さえ

診ることが出来ないなか、裕福層の奥さんが

経済的に支えたからこそ、極度な鬱になって

いられたのです。しかも複数の愛人を持つこと

によって、精神の崩壊を押さえていましたが、

やがて世界的に有名になりました。

それは、ユングの心理学が正しいから有名に

なった訳ではなく、奥さんの経済支援があった

からこそ、ユングの理論が世界に広まった

ということです。

 

後のユングは、南インドの聖者・ラナマ

マハルシ師を訪ねていますが、マハルシ師の

説く心というものを理解できず、すごすごと

去っていったようです。

心理学者として有名であることと、心を深く

理解していることとは、別物です。

 

現代においても新たな心理学が発達している

ようですが、やはり心を知らないのです。

何故なら、そもそも存在しない心が存在すると

言う間違った大前提に立って考えるからです。

それと心に生じるカルマと言う記憶の要因を

考慮していません。また人の感覚器官が作る

観念が心だという深い理解が無く、心に実体が

ないことを認めていないのです。

更には、霊的な憑依があることも心理学は

知らないでしょう。憑依現象に似たマインド

コントロールの実体も知らないでしょう。

想念の出どころも知りません。

それゆえ心理学は、いまだに科学と呼べない

もので、学問と言えない低レベルな分野です。

 

精神を病んだ患者さんと多く接することで、

精神科の先生自体が心を病むと言う現実は、

いわば心の病気が感染するので、当たり前と

言ってもいいのです。

こんな事例があります。

家族から、精神が病んでいるから精神科へ

行くよう言われた女性がいて、病院へ行くと

診察室のドアーが閉まっていて、そのドアーに

大き目な張り紙がありました。そこに何と書いて

あったかといえば、「自己診察中につき、新患

お断り。◯◯医師」だそうです。

その待合にいた人に尋ねたら、

「先生は、深く精神を病んでおられるので、

新患お断りです。だから民間の◯◯◯医院へ

行った方がいいですよ」と言われたそうな。

「先生が病んでいる!?なぜ皆さんは診察を

受けるのですか!?」と問えば、

「心を病んでいる先生だからこそ、病んでいる

私たちを理解してくれるのですよ」

そう答えたそうだ。

うーん、心を病んだ人が行く先は、同じく心を

病んでいる精神科の先生がいいのかなあ~

違うと思うけどなあ。。。

 

そしてまた、心理カウンセラーと言う肩書を

持つ人の多くが、やはり病んでいるのも現実

なのです。

こんな事例があります。

登校拒否している子供の母親は、自分の子供の

心を知っていると言いながら、子供と対話が

出来ず、赤の他人である心理カウンセラーに

相談すると言う愚を犯し、愚かなカウンセラーは、

その子供と対面することもなく、母親に対し、

アドヴァイスしているのが現実です。

このような構図はおかしいと思いませんか?

おかしくないと言う人は、警戒しなきゃあね。

 

太古の昔から、心が知覚する物事において、

嫌悪したり、魅せられたりするとき、人は

束縛されているのだと言う教えがありました。

今日の文明は高度に発達しても、人の心は

科学されることなく、ずっと暗闇の中を混迷

したままです。

 

世間では、心が大切だと言いますが、

心と言うのは、それ自体が病的なものです。

最大の理由は、心というマインドは、自分が

身体だと思い込むこと。それ自体が病気なのです。

マインドは心が自分だと思うこと。それゆえ

利己的な怒り、憎しみ、憎悪、暴力、迎合と対立、

主観的な見方の善と悪、快楽と苦痛、怠惰と勤勉、

正直と嘘つきなど、列挙すれば、切りの無い無秩序が

あります。これが二元論の根幹を為しているのです。

心が二元論を展開する元凶であり、マーヤの作り手

なのです。そのような破壊的な支離滅裂な心が、

どうして大切だと言うのか。。。そんな心が大切だと

言う人の心は、実に摩訶不思議なもの。

 

読者の皆さんも摩訶不思議な二元論者なのです。

だから喜びと悲しみとが同居するのです。

 

楽しいと言うのは心であり、苦しいと言うのも

心であり、楽しさも苦しさも感覚の反応である

ことを観るなら、利己的であり、破壊的でもある

無秩序な心は、有ってならないものだと思い至る

でしょう。

「いいや違う、そうであっても心は大事だ!」と

いう皆さんのマインドは、筋ものです(笑)

 

自分の内面にある心の暗闇(利己的な怒り、

憎しみ、憎悪、暴力、迎合と対立、裏切り、

主観的な見方の善と悪、快楽と苦痛、怠惰と

勤勉、正直と嘘つきなどの二元性)は、

心自体が観ないのです。観たくないから。

人の心を詮索すれど、自分の闇は観ない。

心が苦悩も作り出している事実を観ないなら、

苦悩は、影の如く付きまとうのです。

悲しみとか苦悩の消滅は、闇に住する心の消滅

以外にありません。その消滅は、心理学や宗教は

教えていません。なぜなら知らないから。

 

無知とか暗闇とは、心のことを言うのです。

無知なる暗闇に住する心を消し去れば、知識の

光りを放つ自己の本性(魂)が輝き出るという

太古からの教えが日の目を見るのです。

 

あなた自身が不幸だと思うのは、社会や他人の

せいではなく、自分のマインドが二元性を作り

出しているからです。苦悩を消し去ることは、

出来ない相談です。あなたに出来ることは、

二元性を持つ心の動きを止めることだけです。

 

苦の消滅に関し、人が思考することが必要なこと

ではなく、どれだけ愚かなことか、また無駄な

エネルギーの浪費なのか、いまなら論理的説明が

できるけれど、その説明を読者の思考は認めない

でしょう。

 

内側世界

これからの10月セミナーを申し込まれた方からの

メール文です。

 

日浦先生、いつもいつもありがとうございます☆

20日のセミナーまでも一週間を切り、ワクワクと
不安の入り混じった気持ちの日々を送っております。。
しかしやはりワクワク感の方が今は大きいです☆
 
宿と航空券の手配もすでに終わり、最終的な準備の
段階に入っておりますが、なにか持っていくと良い
ものなどのアドバイスはございますでしょうか?
 
さて、受講前に、わたくし事ですが、日浦先生に
たどり着くまでの直近の経緯だけお伝えさせて
いただきます。
本年6月頃だったのですが、理由もなく、極めて
絶望的な負のエネルギーにすっぽり覆われたような
状態が訪れた数日がありました。。。
 
もともと約20年前30代半ば前にパニック障害になった
経験以来、時々不安になることはあるのですが、
それとは全く違うタイプのものでした。。。
 
その後8月に入って2年以上前に中途で途切れていた
車の物損事件の示談交渉の相手から、わたくしを
被告としての裁判をかけられたことが裁判所からの
通知でわかり、最初はこれが原因かと思いましたが、
結果的には5万円の和解で終わるというなんでもない
結果に終わりましたので、これが原因とは思えません。
 
それ以外にも、台風や地震や胸騒ぎの原因らしきものは
いくつか思い当たりましたが、どうもこれという決め手は
今もわからないままです。
 
しかし裁判に関しては確かに決着が和解で終わるまでの
約一ヶ月はシンドイ精神状態であったことは事実でした。。。
しかし原因はもっと深いところに有ったような気がしております。。。
 
つまりその絶望的なエネルギーから逃れたい一心で、
所謂スピリチュアルや宗教なども含めてその出口や活路を
探す日々が続きました。そしてその裁判と和解のまさに
当日が実は北海道地震の前日で、その地震後に日浦先生の
Youtubeに出会ったのですから、こじつけになってしまう
かもしれないのですが、この絶望的なエネルギーに襲われた
ことや裁判や地震が日浦先生に出逢える遠因になったと
今は感じています。。。
 
日浦先生にお逢いすることで、もしかしますとこれらの
原因を理解するヒントがいただけるような気がしています。。。
 
次に、日浦先生とメールのやり取りをさせていただいてからの
不思議な体験について少しご報告いたします☆
 
先日とあるイベントのお手伝いをした際、スタッフ同士で
不覚にも口争いのような状態になってしまいました
おそらく筋が通っているのはこちらの方の言い分なのですが、
なにしろ相手は口が達者な上に勢いで押し切るタイプの圧の
あるタイプだったものですから、普段の自分ならおそらく
口論に負けていたと思います。ところが、そのときふと、
心や体が幻で、魂はそもそも最初から悟っているという
日浦先生のブログの内容が思い浮かび、努めて、口論の
最中であるにもかかわらず、わたしの魂はすでに悟りの
状態にあり、心や体の感覚は幻なんだと思うように努めて
みたのです。。。
上手く表現できないのですが、なにか弾力のある光の球体の
中に自分がいるような感覚になったのです。そしてその球体が
バリアーというか何かのエネルギー場のようになって、口論で
カッカきている怒りのような感覚が、胸のあたりから頭に上り、
さらには頭の後ろの方から抜けてって以来、怒りの感情は消え、
なぜか淡々と相手の言葉に反応している自分がいて、ついには
相手が根負けなのか、この続きはイベントが終わったあとに
すると言い出して、口論は終了となりました。。。
 
上手く表現できないのですが、これはとても不思議な感覚の
体験だったのです。。。
 
イベント終了後、その相手が近寄ってきましたので、いよいよ
口論の続きが始まるのかとも思いましたが、いきなり相手が
謝ってきまして、とにかく拍子抜け。。。となり、いよいよ
不思議な体験となりました。。。
 
つい今年の9月までは日浦先生という御方がいらっしゃる
ことすらも存じていなかったにも関わらず、今週末には、
御縁を頂いてお逢いできるなんて、幸せすぎて信じられない
想いです☆一生懸命受講いたします☆
どうぞよろしくお願いいたします☆m(_ _)m☆
 
【 日浦から 】
おはようございます。
持参するものは、メモ用具と、講義内容を録音する
物でしょう。スマホでも録音ができますからね。
皆さんも録音しています。
 
>絶望的なエネルギーから逃れたい一心で、所謂
スピリチュアルや宗教なども含めて、その出口や
活路を探す日々が続きました。
 
北海道に起こった地震、「風が吹くと、桶屋が儲かる」
ということわざの如く、誰かが利益を得るからでしょう。
沖縄もひどい被害があったようで、気の毒<m(__)m>
大型津波、大地震、森林火災、ハリケーンなどは、
人為的に起こせるものであることは、エジソンの居た
時代にも、テスラが実用化していたようですから、
現代ならより正確な災害を作れるわけです。
この世に関しては、何も信じないほうがいいのです。
 
 
多くの人は、心の内奥に絶望感や得体のしれない
不安を抱えています。そのような絶望的な想念は、
実のところ、あなたのものではありません(笑)
にも拘らず、あなたを不幸にするその想念が
スピリチュアル世界や宗教へ向かう動機でもありますが、
出口のない閉塞感が襲ってきます。
苦しみとか苦難は、身体の感覚器官と呼ぶマインド
(カルマ)が作り出していますが、その半面、
人を真理へと向かわせる力をも持っているのです。
古代から現代でも人社会が知らない幸福への秘訣は、
偽りの世界を投影するマインドの消滅です。
マーヤを作り出すマインドは、無くていいし、
本来は有ってはならないものです。それを世界は
知らないのです。
 
外側のこの世界は、マインドが生み出す偽りが
露わになった虚像のようなものです。にも拘らず、
この世界を信じることから、人の不幸が生まれるのです。
その反対側である自己の内面の奥底は、永遠に幸福な
駆け込み寺があります。本来のあなたは、そこの住職の
ような存在です(笑)
自己の内界の探索は、セミナー受講から始まります。
 
 
 

恋愛は幻想

日浦様 

大阪の◉◉◯◯子です。
20日(土)のセミナー受講よろしくお願い申し上げます。
初受講でもありますし、新宿は初めてなので1泊する
ことにしました。セミナー後の夕食会にも参加させて
頂けますでしょうか。
どうぞよろしくお願い致します。
 
ところで
ここ1ヵ月間の内的変化を書かせて頂きたいと思います。
私は先月ひと月程アルバイトをしました。
仕事が始まって1週間経過した頃、あることが起こりました。
 
仕事先の人がプライベートなことを私に吐露されたのです。
知り合ってまだ1週間ぐらいの他人に対して長年に渡る
悩みを話されるのも意外なことでしたし、社会的問題と言える
ようなことだったので一瞬、受け止めきれない感じがしました。
 
しかし、その時その場に何とも言えない抗えないような
エネルギーを感じ、「これは日浦先生の力が降り注いでいる!」と
思いました。というのも、その人も「私、言うつもりも無かったのに、
何故か言ってしまった・・」と少し戸惑いの表情をしていました。
その後、その事の行き詰まった状態に変化の兆しが予想外の早さで
現れ始めました。
 
この事を通じて、日浦先生と紫蓮様が教えて下さっている
 
「何もしない」こと
「解脱を願う欲望だけ」
 
この究極の二つを肝に銘じて、常日頃忘れず生きる事を
決意しました。少し仰々しくなったかなと思えますが、
「何もしない」ということがいかに難しいのかと思い知ったのも、
そして「何かしなければ・・・」と間髪入れず動いてしまう
自我に翻弄されることに気付き、思いっきり打ちのめされた
のも今回のアルバイト先の出来事でした。
 
日浦先生と紫蓮様の存在を知って2ヶ月、
 
私が「師」と仰ぐ御方はこの方々だった・・・
究極の真の教えをずっと探していたのだ・・・
など内奥から湧いてくる思いが
この期間に徐々に揺るぎない確信として収って参りました。
本当に有り難う御座いました。
 
これからもご指導よろしくお願い申し上げます。
セミナー、楽しみです! 皆様にお会い出来ますことも!
 
追伸
メールのやり取りだけでここまで導いて下さった
日浦先生に驚愕しております!
 
 
【 日浦から 】
セミナー後の夕食会にも参加したらいいよ。
 
人はみな「何かしなければ・・・」と想っているけれど、

それは、一種の強迫観念であり、非自己の自我のなせる業。

それを人は知らない。自分の想いだと信じ込むからだ。
 
楽にならない生き方は、例えば、「わたしは、あなたを

愛しています」という言葉は、美しい響きが伴うかも知れない。

だが、真実は違うのだ。

わたしは、あなたを愛していますとは、独占的な所有欲を

言い換えた言葉に過ぎない。それは、その人を束縛へと導く。

何故かって?

あなたが愛したいと思う人がいて、その人が他者と親しく

していたら嫉妬が生まれる。誤解も生まれるだろう。

独占的な支配欲や嫉妬は、愛とは真逆なのだ。
 
魂の感覚レベルでは、その存在自体が愛であるがゆえに、

他者を愛すること(支配欲)さえしない。それに気づいて

いながら、人は人を愛して苦しむ。

それと同様に関わらなくてもいいことに関わり、時々は

トラブルを生む。わたし(自我)がいる限り、男女間の

愛も陳腐なものだ。よく言われることではあるけれど、

君がいなくなれば、そこに愛が生まれる可能性があるのだと。
 
 
人や社会において、君という個人が関わり、干渉することに

よって、在るべきではない障害が生まれると言う信じがたい

現実の事実がある。

そして、「わたしはどうしたらいいのですか?」などと

言って、カウンセラーなどへ人生相談に走る。


行為よりも想いにおいて、何もしない境地になれば、

すべてが自然とうまく行く。だから「何もするな」と

言う教えは、最も楽な生き方だ。
 
恋愛もよくよく考えれば、お互いの幻想にすぎない。

僕の過去を振り返っても、そう言い切れる(笑)
 

回復の御礼

 

お返事ありがとうございます!

日浦先生から またもや そのような

お言葉をかけて頂けて 大変嬉しいです!!

「知らずに同調し、力を与えて支持して来た。」

そうなんですね。。知らずに。とは 言え

今まで自分が力を与えていたとは衝撃です、

(あー。本当にその通りだ!)と とても

腑に落ちました。

しかも その想念のからくりを 日浦先生に

出会うまで、まだ よくわかっていなかった

(無知だった!)せいで、特に離婚してから

父の突然の死と約20年 どん底も地獄のような

日々も 味わいました。(無知からとは言え、

苦しみをつくりだしていたのは、自分だった

なんて。。)

もう真理を知る事も人生も、あきらめかけて

いたところに先生と縁をつながれた事が

不思議でただただありがたい思いです。

先生から頂いたメールの文面にありました、
「魂の君自身が知るべきは。。」
「辛い人生は、夢でしかない。」

魂(本当)の自分を知るべき 叡智を深くわかり

やすく教えて頂き 、更に安堵に包まれたようで、

同時に身が引き締まる思いです。

やっと パートに出れる事は 私にとっては

宇宙旅行に行くくらいの 改善です。^ ^

私が セミナーを受講させて頂いてから、

もうすぐ 約3カ月がたちますが、いつも

親切丁寧にご指導頂き、感謝の気持ちで

一杯です。今後とも宜しくお願い致します。

ありがとうございます!

 
 
【 日浦の公開メール 】
想念と自我に対し、制御できないような強烈な
活力を与えているのは、あなたの魂であると
教えたのは、紫蓮さんです。
あなたが活力を与えなければ、想念も自我も、
吹けば飛ぶような軽い印象でしかないのです。
 
自我の消滅は、激闘に継ぐ激闘だと言った
ラナマ・マハルシ師は、紫蓮さんが教える
ことを分かっていなかったようなのです。
なぜなら、吹けば飛ぶような軽い印象には、
反応しなければ、なんの力も無いからです。
そこには、自我とか想念の消滅に激闘する
必要は何もないのです。激闘すること自体が
自我に活力を与えているからです。
 
ラナマ・マハルシ師の言う真我探求とは、
あれやこれやと思考が動き出すことを暗示
していて、望むべく成果が得にくいでしょう。
そして、その探求者とは、まさしく自我であり、
エゴですから、脇道にそれたり、引き返したり
あるいは断念したりするでしょう。
真我探求は、聞こえはいいけれど、思考の混乱と
誤解を生み出すもの。それゆえ真我探求と言う
想念さえ有害です。
 
以前、日浦に解脱の準備が整ったという告知を
された紫蓮さんは、「何もするな」と言った
だけでした。愚かだった日浦は、「はあ?」と
想いつつ、数日かかり、その意味を深く理解した
のです。
真我実現とは、「何もしない」という真理を
人に理解させることは難しいこと。
 
セミナーに来られた受講生の皆さんには、
想念と言う自我は外来のものであり、自分の
ものではないから、無視するよう教えたのは、
究極の修練方法なのです。
 
紫蓮さんは、ラナマ・マハルシ師その他の
いわゆる聖者を超えた大いなる存在です。
紫蓮さん曰く、「わたしを理解できる人は、
今までもこれからも、日浦さんだけです」と。
 
 

回復の兆し

身体の具合が悪くて寝たきりだった某受講生

からのメールです。

 

お世話になっております。
大阪の◯◯です。
4回目の振込させて頂きましたので
宜しくお願い致します。
 
今は、できる限り 自己観察を行う毎日ですが
そうしていると 段々と ただ目の前にある
普通の日常が瞬間、瞬間に あるだけ。。
と 言いますか 、本当に普通の毎日なのですが
マインドが、(もっと 特別な何かがあるはず。。)
と しつこく囁いて来ているように感じます。
 
私は 認められたい病 だったように思いました。
 
そして、まだ そのマインドは 一生懸命話し
続けていて、 知らぬ間に同化している時も
まだまだありますが、(これは、だれが思考
してる?)と度々 問いかけると マインドが
静かになってきている(弱まっている?)
ように感じます。(本当に少しずつですが。。)
 
おかげ様で 体調も安定しつつあるので、
今週末からパートに出る事になりました。
本当にありがとうございます。今後とも
よろしくお願いします。
 
おはよう
振り込み連絡、ありがとう。
パートの仕事に出れるのは、大きな改善だね。
時間がかかるけれど、体調も更によくなるよ。
 
人が知るべき秘密のことがある。
想念とか思考は、すべからく君自身のものでなく、
自我によるものだ。それをエゴともいう。
想念に力を与えているのは、なんと君自身だと
いう驚きの事実。思考と言い、想念と言い、
それに同調することなく、無視して見なさい。
そうすれば、想念は力を失い、やがて消えてゆく。
すべての想念は、君自身からのものではなく、
自我が君に押し付けているものだ。
君は、それを知らずに同調し、力を与えて支持
して来た。そして想念に苦しめられてきた。
このカラクリに気づいて、悪なる想念を消し去り
なさい。そうすれば、想念が消えたマインドの
中には、大きな空きスペースが生まれるだろう。
そこには至高の知覚が流れ込み、何でも分かる
ようになる。
そしてマインドの中から、「私」を消し去るとき、
遂には、至福の自己が輝き出るだろう。
 
マインドが知るべきことではなく、魂の君自身が
知るべきは、どんなに悪い想念でも、決して自分の
ものではないのだと知り、安心しなさい。
辛い人生は、夢でしかないのだ。
 
日浦より

短文

日浦様 
こんばんは
 
10月のセミナーに参加させていただきます
秋田県の岩手 山形(匿名)です。
 
まだセミナーも受けていないのに、
受講料を振り込み後、(正解に言うと✉️で問い
合わせした後から)夜の12時過ぎにとても
力強い高揚感、そして、気持ちのいいものに
包まれた感じになります。
あ~日浦先生のエネルギーだな❗️と感じております。
セミナーが待ち遠しいです。勝手ながら✉️
させて頂きまました。
 
 
日浦
このメール、面白い匿名を持って、記事にするからね。
 
 
日浦様
はい‼️ ブログに書いてください。
本当のことなので。
どんな匿名になるか楽しみにしてます‼️
 

セミナーの募集

10月20日(土曜)に開催するセミナーの

参加希望者を募集します。

 

10月度のセミナーの内容は、いつもと

同じですが、改めて内容を紹介します。

 

1.モビアスヒーリングの原理説明

2.自己の本性に関する知識の習得

3.瞑想の意味、そのやり方

4.サマディーに関する知識の習得

5.サマディー没入の注意事項と

 具体的な方法

6.質問など

スケジュールは、このブログにある

インフォーメーションの「セミナーの

ご案内」をご覧ください。

 

【 ブログを綴りませんか?】

わたしはブログをかけるよ、と言う人は、

セミナーに参加して、「ラーラ◯◯」の

ブログを書きませんか?

なにも真理に関する内容であることの

必要性はありません。また特別な体験を

書こうとしなくてもいいのです。

 

或いはまた、瞑想を教えたいと思う人、

モビアスヒーリングを教えたいと思う人、

そのような希望が持てる人は、数回の

セミナー受講によって、それらに必要な

知識を習得できます。