超能力

あらゆる超能力
あらゆる霊的能力は
自己にある

巷には、様々な霊的修練方法があり、
例えば病気を治すという何々法があり、
ヒーリング技法も様々有り、その数は
限りない。

瞑想やヨーガも様々な方法論があるが、
それらは全部がゴミのようなものだと
日浦は語ってきたが、この度は、その
論拠を概説しよう。

セミナーのテキストがあり、これにより、
様々な超越的力が身体を通して顕現される。
例えば、霊眼とか、リモートビューイング、
ヒーリングなど、超越的な力の顕現は限り
無い。他人の心が絵本とか動画として読み
取れる。遠くの知らない場所が目前に現れて、
物事の原因と結果が同時に分かるようになり、
それゆえ様々な事象にも惑わされることから
解放され、すべての無知は消え去る。

これらの力は、プルシャの基本的性質であり、
あなたもまたプルシャであるから、それらを
自由に使っていいと言うことを知ろう。
プルシャの力、能力は、この世のインテリや
大富豪の生き様を超えて、想像的な生き方が
実現される。彼らの影響さえ受けなくなる。
だから諸君、プルシャの力を求めよ。

 

オカルトパワーを排せよ

オカルトパワーを定義するなら、「エゴ」と
「力」の結合した状態であり、それは自他を
害する阿修羅のもの。つまり欲望だ。
オカルトパワーを獲得すると、それらの力の
一部を使えるが、世間の事象を観ることが
強烈になり、エゴの苦痛が増大するだけだ。

世間には、力を求めるのは良くないと言う
人も多々いるが、それは、エゴと力の結合は
善くないと言う意味であり、永遠の自己の
力を戒めるものではないと知ろう。

エゴとは何か?それが偽りの身体感覚による、
偽りの生存欲求のことである。詰まるところ、
生きたい、生きねばならない、生きよう!は、
プルシャの想いでも意思でもなく、エゴその
ものなのだ。

霊的でなく、この世の富と権力を求めるのも
エゴと言うオカルトパワーの性質である。
オカルトな彼らは、力を少し得るが、人より
苦痛が大きくなる。エゴは、永遠のあなたを
殺す敵であると知ろう。

プルシャの基本的性質は、あらゆるオカルト
パワーを凌駕しているから、どんなオカルト
パワーであれ、プルシャの強大な力を打ち
負かすことができない。
このように人の本性は、あらゆる人の想像を
超えて、本当に素晴らしいものであるから、
永遠の自己を体現しようと熱望せよ。

あなたが自己のプルシャを知覚したならば、
有りとあらゆる超能力が自然に開花する。
そうであるから、超能力を探求するという
世間の何々という修練法は単にマインドの
彷徨いに過ぎない。マインドの彷徨いは、
オカルトマニアのやることだ。

世間の瞑想法、霊的修練方法の全部がゴミ
のようだという理由は、必須となるのは、
エゴの放棄、プルシャの知覚と言う肝心な
テーマが説かれていないからだ。

それゆえ様々な力、各論、超能力を求める
のでなく、ただ永遠の自己を知覚せよ。
そうすれば、総ての超能力が自己の内に
あると知る。同じくヒーリングに技法が
あると考えるのは、大きな間違いであり、
マインドが考える技法は要らない。

もし人が、プルシャを知覚したならば、
高度なヒーリング能力が自然と開花して、
凄い霊眼も自然に開花する。

物質性と身体感覚に欺かれたプルシャ、
その開放が唯一の目的であり、それは
プルシャの力の開放を意味すると解せよ。

そのような超越的な力は、あなたの性質
として在り続けている。これらを各地の
ラーラが主催するセミナーで学ぼう。