春近し

今年もまた、北海道とか、東北の地では、

大雪だったと言う。

凍てつく寒さのなかで、動植物や人々は、

来る暖かい春を待ちわびる。

暖かな陽光のもと、様々な花が開花する春は、

生物に喜びを与えるものだ。

しかし四季は、それぞれ僅かな期間であって、

どの季節も永遠ではない。

それは、あっという間の単なる繰り返し。

 

季節の無限的な繰り返しが地球の歴史。

インカや、アステカなどの古代文明が

あったとされている中、そこでは生贄の

儀式が習慣化されていたという。

仮想の神(阿修羅の崇拝)に対し、花や

団子をささげたのではなく、生きた人間を

殺戮するという恐ろしい儀式の習慣。

その恐ろしい世界は、皆さん自身の体験

した過去世の姿でもあると言うこと。

それを人は忘れている。

人身売買の世界組織

ロシアとウクライナの緊迫した問題、

世間では、その解説をする者が多々いる

けれど、誰も本当を語らない。

プーチンの一見して異様な考え方の根底は、

ウクライナ地下にある巨大な人身売買組織の

世界的ネットワーク破壊が視野にある。

破壊と言うか強奪と言うべきか。彼は正義を

為すものと言えないが。

その地下秘密トンネルは、トンネルの各国の

出入り口には軍事基地があり、それを各国の

軍隊が守っている。それを誰も語らない。

ロシアに経済制裁や武器供与するなどに

規制をかける国々は、実のところ人身売

買組織との関係性が深い。

それは、ワクチン死する世界人口数よりも、

大きい。ここでも報道は真実を語らない

ものと知ろう。

 

歴史の示すことは様々あれど、その基本は、

単なる繰り返しである。この繰り返しのエネ

ルギーが、人類のカルマと呼ばれるモノだ。

そうであるから現代でも、未来でもまた

人類殺害のカルマは、人の心を通して、

世界に現れるだろう。

だから、この世が楽しいなどとと言う人の

想いは幻想であり、ゆでガエルを作るだけ。

期待感を無くして、世界を観るならば、

この様に混乱した世界が良くなる、と言う

のは、幻想に過ぎないのだ。

そうでは無いかい皆さん?

現代では毒入りワクチンを世界中の人に

打つクレージーな勢力がいるなかで、

それぞれの宗教は、なにか人類の役に

立ったのか?キリスト教は人類を欺く

モノであったし、毒入りワクチンを売る

ファイザー社の大株主は、創価学会だと

いうニュースもある。

 

岸田総理の狂気の発言

これから、広域火葬場計画を推進せよと、

各都道府県に対し、文書を持って通達した

岸田総理。

そのことは、これからもまた大量の死者が

出ることを公言したに等しい。

彼らは、毒入りワクチンの強要派である。

そんな彼らは訴えられたが、権力の傘下に

ある検察が、果たして起訴するだろうか。

ぜひ起訴してほしいものだ。そしてまた

有罪判決の極刑がふさわしいだろう。

 

このように世界に吹く狂気の風は、

それを誰にも止めることは出来ない。

毒入りのワクチン死する者を救済する

ことは誰にも出来やしない。

いまや国家だけでなく、病院や医師も

毒入りのワクチンを平気で打つという

怖い存在だから。

 

このような世界の様々な狂気の風は、

歴史を通して繰り返されるところの

カルマのエネルギーである。時代と

共に、その力は増大するだけ。

 

古代から現代でも、神を語る人々は

神が不在な現実世界をただ無視する

だけか?それとも屁理屈を言うか?

 

神は存在しないからこそ、殺戮という

狂気の風が吹き荒れる中、仮想の神を

語るキリスト信者の多くは、アーメンと

言って、十字を切りながら毒ワクチン死

するだろう。

アーメン。。。

或いは、イエス様助けて!などと叫び

ながら。。。しかしイエスは助けない。

そんな盲目性が信仰だと言うのだろうか?

信者「イエス!」

あほか!^^

 

アジア諸国の仏教信者の多くは、ブツブツ

言いながら、やはり毒入りワクチン死するに

違いない。あの世は無いとか、魂など無いと

言いながら。。。

 

世界の多くの国民は、現実に生ずる危機を

知らず、スマホ中毒患者のまま、たぶん

楽チン死する。また重篤な副反応が生じて、

生きることを後悔するほど苦しむ人もいる

だろう。その費用は自己負担だという日本。

国も政治家も国民を助けない。このことを

ハッキリ知っておこう。

 

最後の駆け込み寺

このような現実に生じた狂気の風から逃れる

方法は、たった一つ。

それがなんであるか、このブログを読んだ

皆さんは知った。

知っただけでは足らない。そのことも皆さんは

知っている。

本当に危機が迫り来れば、その危機から逃れ

ようとする衝動が起こるものだ。普通なら。

春を待つという衝動が。。。

この春は、自分の内界からやって来る。

自分の外側は、狂気の風が吹き荒れる。

内を観る者に春近し

 

花粉症の正体「ケムトレイル」この全部を

読まなくていい。

① https://www.nicovideo.jp/watch/sm35716014

② https://www.nicovideo.jp/watch/sm35697268