想念否定

【 無断転載・流用を禁じます 】

ここではなぜ、無断転載・流用を禁じているのか、

知らない人は、先に、記事「クイズ答え-1」の

冒頭から中ほどまでを読んでほしい。

 

さて、受講生の方、読者の中にも、想念消滅に

向けた努力をしている人がいる。善いことです。

真剣に取り組んでなお、想念が減らないことで

自己嫌悪に陥る人も居る。それだけ真剣だから

そうなるのだが、自己嫌悪もまた排除すべき

想念だと知ろう。

想念と言い、思考と言い、それを消滅または、

減らすことについて、頭を使おう。

頭が悪いので、、、という人がいるとするなら、

大丈夫、中学生でも分かることだと言わせて

もらおう。中学生よりも頭が悪いという人は

いないだろう。

そしてまた、自分は頭が悪い、という想念も

排除すべきもの。逆に、自分は頭がいいのだ

と思うのは、うぬぼれであるから、排除した

ほうがいい。上には、上がいるから。

 

◉ 第一の手段:モグラ叩き

何かの考え事が生じたその瞬間、その思考に

気づいて、その思考を否定して拒否しよう。

これを「モグラ叩き」だと受講生に教えた。

その考えの続きをやらないこと。思考を中断

する。このような想念否定は一瞬であるから

注意力がいる。ボーッ としていたら失敗する。

幾度も幾度も繰り返す想念でさえ、幾度も

幾度も否定されてしまえば、やがて生じなく

なるのである。これも奇跡の一つなのだ。

大きなものから始めてゆき、次第に細かな

想念を否定し続けるならば、驚くほど心が

静かになるだろう。この状態は、チャンス

なのだ。

 

◉ 第二の手段:人払い

友人とライブに行ったり、飲み会に参加した

なら、無想でいることは無理だろうね。

合コンにでも行って、無想の境地を自慢して

見れば、どうなるのか、試してみるかい?

 

用もないと言うのに友達等とお茶する人は、

何かを喋らないと生きていけない人かな。

それを隣で聞く人から見るなら、こいつら

あほか?というような会話が多いよね~

想念の製造元。

 

大人になっても漫画本を読んでいる人は、

頭のDNAが漫画的になることを知っている

だろうか?

「そうだよ人生は漫画だ」⇦  そうかい。

 

大人でも、ゲームをやってる人が大勢いる。

「そうだよ人生はゲームだ」⇦  そうかい。

 ところで、連勝しているかい?

 

世間と人が恋しくて、ひとりになれないと

言う大人は、まだ乳離れしていないんだね。

意味深な。。。

 

例えとして、ここに述べたように不必要な

ことにおける人払いが出来るなら、想念が

激減するのであって、想念の消滅が容易に

なるのである。ラージャヨーガの教えにも

「人を避けよ」と言う指示があるくらいだ。

 

◉ 第三の手段:想念創造

ヨーガの集中が教えることは、ひとつの

対象物を想い、それに精神集中せよという

指示がある。ラナママハルシさんもまた、

集中ではない、と言いながら、ひとつの

想念に集中しろとも言っていた。

だがそれは、難しいのだ。

高い処へ昇る時、はしごを利用するように

雑多な想念が生じなくなる、という想念を

意図的に作り、それを無想のまま想い続ける

ならば、想念否定は解除されながら生じて

来る諸々の想念は自動的に消し去られる。

という、それは何か?

これをクイズにしたいけれど、全員が回答

するとは思えないので、しばし保留する。

しかしクイズと言うからには、この答えと

なる文章も記事に書いてある。

自分で考えるという力も必要なのだ。

 

想念とは、なにか?

想念と言い、思考と言い、それらは、カルマと

呼ぶ過去体験の記憶の再生なのだ。これを人は

知らない。

では、いったいどうして、記憶が問題なのか?

と言うなら、記憶それ自体は何ら問題は無い。

では、何が問題の核心なのか?

問題になるのは、古い古い過去の体験の記憶を

現在に再生することが現在の人生に問題を生み

出すからである。極度な時差ボケしたり、認識の

間違いを起こす。価値感のズレも起こる。

そしてまた、過去は、決して「今」を認めない。

あなたは何かを考えている今も、このブログを

読んでいる今でさえも、あなたは完全な無想の

状態にあるのだ。それを人は知らない。

いつも無想であるにもかかわらず、なぜ雑多な

想念があなたの心中にあるのだろうかと自問を

しなければならないのだ。本当は。。。

 

しばしば語ったことの一つ。

あなたの心の中に生じる想念は、外来のもので

あり、あなたのモノではないと言う事。自分の

過去の記憶なら、外来の想念と言わないのでは

ないか?と思う人がいるならば、あなたは常に

無想でいるのだと言う言葉の深い意味を理解して

いない人だと言いたい。

 

無限的過去の古い記憶が消滅するまで、過去の

古い記憶が人生のプログラムとなるのである。

このことがあらゆる問題を生み出す原因である。

古い記憶の否定は、つまりカルマの否定であり、

それが想念の否定の意味である。

あなたは、カルマが観えないし、カルマを自覚

できないだろう。しかし想念が在ることを知覚

して認識できるではないか?想念がカルマである。

観えざるカルマ、自覚できる想念、思考がある

限り、不自由な苦渋に満ちた輪廻転生が延々と

続くのだ。そして生まれたなら、新たなカルマを

蓄積する。そうであるから、カルマの自然消滅は

有りえない。何百万年も、その何倍かけても。

 

宗教の大ウソ

魂は、転生をしない。人は生まれて来ていない。

だから死も有りえず、誕生と死は、まぼろしの

現象としてあるのだという真実の教えから見れば、

『人生の苦悩は、魂を鍛える神の試練である』と

言うような宗教的言説は、成りすまし野郎に憑依

された宗教者が語る大きなウソであり、それを

信じてはいけない。そして、『イエスキリストが

人類の罪を被った』というのもイエスの言葉では

なく、偽善の布教者が語る大きなウソであるから、

信じてはいけない。

よく言われるが『人は、魂の体験と進化のために

生まれて来る』と言うの言説は、無知な知ったか

ぶりの輩が言う大きなウソだから、否定せよ。

『教祖だけが偉い人であり、信者はすべからく、

無知な罪業凡夫である』的な言説は、許し難い

大きなウソである。そんな彼らは人類をウソで

束縛しているから罪深い。⇦ すっきりした。

 

苦悩の原因、また幸福である原因の全部が自分の

責任なのだ。それはどういうことか?と問われる

なら、成りすまし野郎と一体化している「あなた

自身の責任である」ということだ。

なぜか?

カルマとは、他でもない、あなたが自身が歩んだ

過去の足跡の全記録であり、それが再生する人生

だからこそ、不幸と幸福とが立現れるのである。

よって、救済は自分の中に在り、外側の宗教に探す

のは、大きな間違いである。宗教に救いを求める

ならば、あなたは騙されるのだ。自分のカルマを

棚上げして。。。

不幸や苦悩があるのは、神の試練でも魂の試練でも

在りえない。あなた自身が、カルマになる生き方を

したからである。これが真実なのだ。

そして、知覚の間違いにより、身体が自分だと勘違い

して、あなた自身が成りすまし野郎のウソ・虚言を

許しているからであり、しかも、成りすまし野郎に

活力を与えているのがあなたであると言う衝撃的な

事実であり、それが想念として立ち現れる。しかも、

他者の想念さえも巻き込んで、あなたの心を支配して

いるのだ。これが真実なのだ。

 

いったい、いつになったら、あなたの自由が来るのか。

ジッと待っていても、自由は来ない。自分の全カルマを

破壊しない限りは。。。

それゆえ、想念・思考の消滅は、カルマ消滅への大きな

大きな事業であり、誰にも必須課題なのだ。

 

身体は、あなたでは無く、道具だ。心も道具だ。

道具の所有者は、道具と自己同一化してしまい、

道具が自分だという知覚の間違いを起こしている

からこそ、あなたは自己の本性を忘れる。

それゆえ『身体は自分だ、心は自分だ』という

観念は、知覚の間違いが生み出す幻想である。

それが自己の本性が覆い隠されていることの、

或いはまた殺されていることの証明と言える。

 

日浦が二十歳の時、突如としてやって来た

強烈な想念であるところの『人は、知的生命

ロボットである』は、本当のことだったのだ。 

 

それゆえに身体と心を動かす意思は、あなたの

意思ではなく、想念と思考の源であるカルマで

あり続けている。それ故、『わたしは、自分の

意思によって、これをしているのだ』は、成り

すまし野郎があなたに言うウソである。

この様なウソが心に生じる時、あなたは自身は

成りすまし野郎によって騙されているか、殺さ

れているのだと知らなければならない。

 

このような不可知なるカルマ・プログラムを

破壊しない限り、あなたは、知的生命ロボット

のままなのだ。或いはまた、成りすまし野郎の

完全なる支配下に置かれる。それは、カルマの

プログラムが支配する知的生命ロボットのまま

なのだ。

おお、なんと、素敵な人生だろう!(´;ω;`)

 

こんにちは、鉄人29号くん!

こんにちは、鉄人28号君、僕は鉄の体で無くて

有機細胞を持つボディーに進化したんだよ?

どうだい凄いだろう?

そうなのかなあ、、、それでもプログラムされた

ロボットに変わりないだろう?

うん。そうなんだよね。でも、お茶の水博士は

他界しちゃったし。。。いったい誰がメンテ

ナンスしてくれるのかな?

自分がやるしかないんじゃあないか?

・・・・・・

 

あなたの中には、成りすまし野郎がいたり、

知的生命ロボットのプログラムがしっかりと

インプットされているのだ。そうだからこそ、

『わたしは自由だ!』と言うけれど、本当は、

プログラムされているから、不自由なのだ。

可愛そうに、、、本当のあなたは、いったい

どこへいるのだろう。