個人指導

この元旦の早朝、読者からメールあり。

自分は幸せすぎるのだと言う事を数回も

書いてから、だから瞑想の個人指導をして

欲しいと言っていた。このような文章は

問題を含んでいるのであるから、すでに

個人相談や個人指導は止めたので「毎月

あるセミナーに参加したらいいのでは?」

と返信すれば、「断り方が醜い!」と言う

強烈な批判とともに、断ることが仏陀の

サブの態度なのかとか、そうだから高橋

信次に騙されたのだなどといい、マインド

フルネスとその瞑想を批判したことにも噛み

ついていた。

メール上での噛みつきだから痛くも無いが、

本人が個人指導を断られる明らかな理由を

自分の返信メールに現したことをハッキリ

気づいたのだろうか?

もし、それに気づけば、恩寵が放射される

のである。セミナーに来なくても。

 

教えようとする立場の者に対してさえも

激しく噛みつく人は、カバンにナイフを隠し

もつ人であるから怖いものだ。日浦は小心者の

怖がりなので、とてもマンツーマンでなど

出来ないから、勘弁してほしいのだ。怖くて

怖くて喋れないじゃあないか(笑)

 

昨年一年間は、受講をお断りする人が現れる

ことが無かったので、ホットだったわけさ。

冬でもアイスコーヒーも飲むけどさ。

また、その人のメールには、「瞑想によって、

自分を高めたい。」と書いてあったから、

物事の道理が分からない人なので「自分の

意思によって、自らを高めた人が取り組む

ものが瞑想です」と回答したが、それにも

腹が立ったんだね。。。

 

今年は、もし受講したいと言う人は、誰も

断らないので安心したらいいよ。皆さん。

君の受講料が無駄になるだろうと言う余計な

配慮を日浦が無視すればいいだけなんだから。

これって、言い過ぎかな?

しかし、今年こそは、個人相談、個人指導を

お断り致します。 すっきりした^^

この人は、日浦のYoutubeやブログはすべて

読んでいる!と言ってはいたが、やはり糠に

釘の印象が強かった。とりとめのない記事に

なってごめんm(__)m