お知らせ

新・護符シール

◉ 新作の護符シール、只いま印刷中です。

仕上がりは、20日頃。

護符絵柄は、新しいデザインの五種類とし、

今までのは廃止です。新作護符デザインは、

外径32Φの円形であり、黄金の龍・黄金の鷲・

自由の女神・クレオパトラ・護符紋章の五種

類であり、五種類を含めてワンセットです。

販売価格は、受講生¥1万円(護符50個)

読者価格¥1万5千円(護符50個)

いづれも送料込み。

20日を過ぎたら写真の公開を予定します。

 

テキスト作り

◉ 2020年から自主的セミナーを予定して

いる人は、各自なりのテキスト作りをやって

ください。学んだことを自分の言語をもって

語ることが求められ、また文書化することも

実践的な学習なのですから。

ラーラ岐阜、ラーラ島根、ラーラ和歌山から
テキスト原稿が送られて来て、概ねOK牧場
なのだ(笑)

テキストは、やがて各地のラーラが共有する

ものになるのですが、各自それぞれの言葉を

持って作成したものを「初級編」とします。

各地のラーラは、新作の護符シール、護符

ペンダント、DVDテキストを販売できる

ものとします。

 

治癒の神器

◉ 新宿乞食 5 に登場する日浦作の新しい

タイプの温熱器について、その詳細な構造や

効能をぼかしているものの、それをこれから

製造する方向に向かい、世の中に販売する

予定です。

神器の概念は、日浦の護符ペンダントにある

力の通り、癒しのエネルギーを放射するもので

あり、その力を更に大きく強烈に増幅させる

ために、電気エネルギーを併用するものです。

身体内の神経組織を流れる電気エネルギーは

魂から放たれるエネルギーの一部で、これが

人体を生き物に対し、生命現象や健康促進を

生じさせる主な要因なのです。

これを簡単に説明するなら、電気スイッチを

入れた治癒の神器を媒体として、日浦の放つ

癒しの電気的エネルギーが治癒の神器に同調

しながら放射されるものであり、日浦本人が

対象者に対し、ヒーリングをすることになる

のです。

これを言い換えるなら、日浦から放射される

電気的な癒しのエネルギーを大きく集める

アンテナの役割を果たすのが治癒の神器だと

言えるでしょう。このため治療しようとする

治療者は、ヒーリングが出来ない人であっても

奇跡的なヒーリングが出来るであろうと言う

事です。この様な器機は、世の中に存在して

いないと思います。かのおばさんが泣いてぬか

喜びした「世界中に売れるワ!」と言わしめた

物です。確かに作れば、世界中に売れると思い

ます。心と身体を病んでいる人たちは、世界に

大勢いるからです。

治療関係の人たちには、画期的な集客ツールに

なり、その販売収益も得られるでしょう。

興味ある治療関係者は「治癒の神器」と書いて

問い合わせください。

試作品から製造販売に関するコストがかかる

ので、その投資リスクを分散するには、複数

参加が良いだろうと思います。特許と販売権は、

投資した人権利を共有するものであり、日浦は

販売に興味がありません。

なお出資者が現れなければ、製品化されません。

以上