新宿乞食 5

新潟に住んでいたときから流れ流れて流されて、

流転に流転を繰り返し、飛んできたところは、

区役所勤務の彼から紹介されたお金持ちの処。

それは、千葉に本社が在る「三井温熱」という

治療院だった。浅草と他に店舗を持っていて、

いつも客は絶えない様子。人脈も幅広くて、

かなり儲かっていそうな雰囲気があった。

そこでは、入浴時に体を洗う取っ手のついた

ブラシに似た形の電気小手を使い、がん治療に

有効だと言う怪しげな文言の商品が使われ、

また販売されていた。

そう言えば、前回の日浦のセミナーでは、

「あ、わたし三井温熱の電気こてを買い

ましたけど?」という女性がいたけれど、

それはどうでもいいことだね。

 

この三井温熱、中野区の水売り会社は、実は

仲間同士であり、去ってゆく日浦を逃がさない

ために、区役所勤務の彼が、三井温熱へ引き

込んだと言う事が後になって知ることになる。

三井温熱は、待ってましたとばかりに日浦を

期待していたという。それを知らずに訪ねた

日浦の運命やいかに。。。

 

なんだか小説風になりそうな。それほど文才

ないから急いで書きあげよう。

 三井のおばさんは、こてをふたつくれた。

「それ僕は、要りませんよ?」

「あのね、一つは体感用に使い、ひとつは

分解して、新しい商品を作って欲しいの」と

いうではないか。

「新製品の開発なら有料ですが?」

「もちろん開発費は払いますよ。」

「では来週には、設計図と仕様書を持って

くるので、そのとき300万円ください」

「そんなに安くていいの?承知しました」

 

水を売る会社は、日浦に給与を払わないと

言って月末給与の期待を裏切った。それは

懇願させて、自分の奴隷にしようと言うケチな

発想であった。この日浦が、いったい誰の奴隷

になると言うのか。

そしてまた、二週間後には、マンションを開け

渡せという。だから300万円は退去に役に立つ

であろう。開発費は安く言い過ぎたかな。。。

マンションに戻り、こてを分解したら、ただの

電気ヒーターであった。なんとダサいものを

作るのだろう。そう思い、画期的なモノを生み

出した。本当に活気的な新商品なのだ。

それは、手に持つ棒というか柄がついて無く、

両手を使えるだけでなく、バイブレーターの

機能や遠赤外線も放射する。スチームさえも

出せるのだ。

 

翌週の日曜日、千葉まで行って、新商品の

イラストを見せた。

おばさんは、目を赤くして、「こんな!

素晴らしい!これなら世界中に売れるわ!」と

感激していた。そして、話しに聞いたよりも

予想以上に凄い頭脳だねと興奮していたが、

それを誰から聞いたのかを問えば、恐ろしい

返事が返ってきた。

「わたしのブレーンの中には、千里眼の持ち

主が10人いて、その彼らがあなたを褒めている。

だから日浦さんに開発を頼もうと言う流れに

なったのよ。」というではないか。

なんだか嫌な感じがした。

「では、約束の300万円をください」と言うと、

これまた凄い返事なのだ。

「彼らが集まり、あなたの脳をすべてスキャン

して、アイデアを全部もらったから、300万円の

お金は、一円たりとも払いません。」といった。

はあー!?日浦の脳をスキャンした?だから金は

払わないって?そんなへ理屈が通るものなのか?

貰わないと困るんだよなあ。。。

今回だけは、簡単に引きさがることなく、交渉が

必要だ。

 

おばさんは、300万円を払わない言い訳を何だかんだ

と言いながら、今度は、近くの古いホテルに連れて

いかれた。もとは観光で賑わっただろうが、今では

レストランも営業していない。この寂れたホテルに

住めと言うのだ。月給は30万円、車を与える、食事は

治療院の従業員と一緒だと。要は、三井温熱の社員に

なれという命令なのだ。そのために約束した300万円を

払わないのだ。やばい処へ来てしまったな。。。

そしてまた、おばさんの娘と、従業員が家を造るから、

その設計管理料も手に入るのだと言って、バーチャルな

餌をぶら下げるおばさん。

日浦は、ハゼじゃあないぜ(笑)

「ウソつきを信じるバカはいないでしょ?」と日浦。

「行く当ても、お金も無いでしょ?」とおばさん。

「あなたは、ここへ来るように誘導されたの。だから

あなたが生きる道は、ここしかないの。」そう言った。

聞いているだけでも腹が立つわな・・・

 

古めかしいホテルから治療院に戻ると、おばさんに

電話が入ったのだ。かの千里眼グループのボスから

かかって来たと言うから、段取りがよすぎるのでは?

そのボスとやらは、国家権力の中枢にいて、100億を

超える資産があり、国会議員も官僚さえも動かせると

言う。そうかい。オイラは、権力など嫌いなんだ。

益々やばい処へ来たな・・・

ボスとやらは、日浦が社員にならないことを見抜いた

のだろう、社員になれば、という条件付きであるが、

大きな餌をぶら下げるのだった。それは、国の再開

発事業において、福島県に100個の住宅を造るので、

そこへ日浦の住宅工法を採用すると言い、必要資金は

幾らでも出すとさえ言い切った。もし、それが本当なら

素晴らしいと、一種の感動さえ覚えたものだ。ボスの

次の言葉によって。

「君は、苦労に苦労を重ねたけれど、ようやく報わ

れる時がやって来たのだ」という言葉。

 

そして、開発中の電気こては実に素晴らしいと

褒めた上で、頭の中に在る別の技術は何という

名称なのかと、おばさんを通して聞いて来た。

しつこく頭の中に在る技術の名称を聞くので

「瞑想マシーン」だと答えると、すぐさま

「その権利、なんぼで売るんや!」と大きな

声を出していたボス。本当の千里眼なら瞑想

マシーンの凄さを知ることが出来る。

おばさん曰く「ボスが幾らで売るかと聞いて

いるよ」というから、「嘘つきな詐欺師には

売らないよ」と言った。当たり前だろう。

 

早い話し、三井のおばさんが日浦を求めたと

言うより、そのボスが日浦を必要としていた

ことを知る。だが千里眼のボスに対し、誰が

日浦の情報を流したのか。それは、何とかの

名水を売る中野区の某社長らしい。

日浦は言った。「欲深きおばさん、ボスの要求を

満たすには、あなたに出来ることがある。いま

直ぐ10万円を払い、近々にでもボスに会わせて

欲しい」というと、その場で、10万円は出して

くれたので「あと290万円の貸しだね」といって、

帰ろうとした。

ところが、帰るために玄関に立ったとき、絶句

するようなおばさんの言葉があった。

「あなは頑固者。人の親切には応えるものよ。」

というではないか。

払うと約束した300万円を払わず、わたしの奴隷に

成れと命令することが、親切だって?!

その言う事を聞かないから、頑固者だって?!

 

それは、茹るような暑い暑い夏の午後だった。