青春時代

ラーラ沖縄の記事に青春時代の歌の一説が
書いてあるのを読み、日浦の青春時代の
一コマを想いだした。その一部を語ろう。

二ューヨーク定住の夢
若き日浦の将来の夢は、ニューヨークへ
定住して、超売れっ子のアーキテクト・
デザイナーになろうとしていた19歳の頃、
京都の学生であり、親から仕送りをして
もらっていた。

しかし、その日、口座を見ると仕送りが
無かった。実家に電話をすれども、誰も
出ないのだ。なにか不祥事が起こったと
思った。

ある日、田舎の同級生から速達便が
届いた。手紙にはバイクに乗った父と
母は、砂利を満載したダンプカーに跳ね
飛ばされて入院しているとあった。父と
母の後方を走っていた車の目撃者の話は、
ダンプカーは逃げたと言う。それゆえに
賠償金も見舞金も出ないのだ。

実家へ帰り、医者に聞いたら、二人とも
生きていたこと自体がすでに奇跡であり、
元の体に戻ることは在り得ないと言い、
早々に両親を引き取れと言った。ハイと
言えるわけもない。

酸素マスクをした意識不明の父と母を
見て、自分の人生が真っ暗だと思わず
号泣した日浦だった。両親が再起不能に
なった悲しみもあったが、ニューヨークへ
定住するという自分の夢が破壊されたと
いう激しい悲しみと怒りとがあったのだ。
なぜ、激しい怒りが生まれたのかという
ならば、誰かの悪意から生じた意図的な
事故だと知覚していたからだ。


この頃、ヒーリングという知識も無かった。
しかし、両親への奇跡は生まれたのだ。
どのような奇跡が、どう生じたのか?
日浦が京都へ戻って後、十カ所以上の骨折、
内臓の破裂などの損傷は、瞬く間に回復し、
いぶかしがる医師の思惑を超えて、両親は
歩いて退院したのだと言う。

ホームレス体験
その知らせを聞くより前、学費も下宿代も
払えないことを勝手に思い込み、すぐさま
下宿を出た。しかし行く当ては無いのだ。
事実上の宿無し路上生活者になるのだ。
ホームレス体験は、後ほど語ろう。

当時、両親がずっと寝たきりの全身不随
のままであったら長男の日浦も介護人の
ままだったに違いない。
そうであるなら、現在の日浦も無かったかも
知れない。思うに号泣したことがヒーリング
治療であったと知る。しかし号泣することが
ヒーリングだと言うことではない。

後の25歳の時、高橋信次の会社へいわば
捕獲された際、両親が再起不能の事故に
あったことを何故か信次は知っていた。
そしてまた、恐ろしくも実に腹立たしい
言葉を発した信次であった。

高橋信次:「あなたをニューヨークへ
行かせないために、そして、私の会社へ
来るようにと、私があの事故を起こした
のです」と。まさに鬼畜の発言だった。
信次がそうした力を持っていたわけでは
ない。背後にいた霊的なもの力なのだ。

若き日のホーㇺレス体験から生じた諸々
の展開は、厳しく切なくもあり、思い
がけない面白さも生じるものだ。
そこから自分の道は開かれる。
それゆえラーラ沖縄へのアドヴァイスにある
「将来、フリーターになってもいいが、親は
金銭的援助はしないので、自分の生活費は
自分で稼ぐようにしろよ」と言わせしめた
のは、日浦にその体験があり、フリーターだ
とかプー太郎体験は、自立する力が得られる
貴重なモノなのだ。親とか他者が語る安全と
思えるレールを走る前に、一度は脱線し転覆
する体験を持つとき、人は強くなれるのだ。
弱き者は、挫折の罠にはまるリスクがある。

高校生か、大学時代において、もしもアウト
サイダーとして、過ごすことが可能であれば、
それが貴重な体験になるのだ。そういう感性が
あればこそ、路上生活者になることの恐れは
無かった。単なる若さの至りとも言える。