瞑想の効果

日浦先生  こんばんは。

メールの続きです。記事「猫の整体法」の

ブログの結びが、私は好きだ(ご批判もある

でしょうが)というメールを昼頃に送りました。

 

提案その3の雑感をひとつ。

去年2019年10月に初めてのセミナーを受け

させていただき、教わった瞑想法を実行して

います。それは、何回か先生のブログにも

紹介されました。

その瞑想において、劇的な身体の変化があった

ことは知らせてませんでしたが、素晴らしい

健康体になっていったのです。実は・・・

 

今年6月セミナーに参加した際、◯◯さんが、

じっ~と私を見て、とてもパワー、エネルギーを

感じるといって、やたらと感心し、瞑想はいつ

頃からやって、心身はどうですか?という質問を

受けて、うれしいやら、恥ずかしいやら。

実は、平成21年2月から、その年の7月までの

6ヶ月間、血液の癌である悪性リンパ腫と診断

されて入院していました。R―chop療法という

化学療法で、7月に寛解として退院しました。

体は普通に見えるけど、体の細胞はボロボロに

なっていたのです。そして、平成27年に完全寛解

ということで、無事に病院通いから解放され現在

に至っています。

初回セミナーを受けた去年10月以降、瞑想を

実行してからは、若い頃の体に戻ったように◯◯

◯◯元気です(笑) 

それぐらいの効果をもった素晴らしい瞑想法だ

ということを皆さんにも知ってもらいたい !!

ふと気づくと、6月セミナーで教わったクンバッカを

自然に行っていたことに驚いています。

呼吸が静止状態の時は、心の観察をじっ~として

います。手前味噌ですが、ゆっくりとサマディに

近づいているのかな。以上です。

 

日 浦

記事「猫の整体法」の提案その3をバックアップ

する強力な体験メールをもらいありがとう。危ない

病が治り、若者の健康体になったこと。おめでとう。

◯◯◯◯(笑)

◯◯君、霊眼が開いたか。エネルギーを知覚できる

ようになったんだね。随分と進歩した。

お、そうだ。メールをくれた君も進歩した。二人を

褒めてあげよう。但し、天狗にならないで欲しい。

クンパカは、やらなくていいと教えたんだけどな?