ザ、瞑想

 

心の観察についての

実例をひとつ。

高橋信次の会社に勤めた時、新製品開発の

命を受けたという話し。

あいつは何を考えたのか、いきなり丹沢山中へ

10日間の断食瞑想を決意した。確か4日目かな

超越的な力がやってきた。視界は360度に開き、

眼を閉じても、開けていても、世界が360度の

視野に入っていた。遥か遠方も自在に観えると

いう不思議さ。そして大脳か、それとも眉間か、

思考と言うものがそこから飛び出していた。

まるでシャボン玉のように。球の中には、それ

ぞれ単一の想念があり、それが立体画像に観えた。

この時、マーヤの仕組みを観たのだが、その知識が

なくて理解しなかった。

様々な超越的な力がやってきて、「自分は体を

持っているけれど、人間ではない」と確信した。

10日間の瞑想を終わり、その数日後、アパートの

畳に座り、眼を閉じると、仰天するような霊的

世界が開示され、「やっぱり僕は人間じゃあない」と

再確認する。

皆さんの本性もそうなんだ。

 

想念を透視する

話しは、ここからだ。

そのころは、瞑想が何か知らなかったけれど、

すぐさま「心の観察」をしたことを覚えている。

心の観察には、何のテーマも要らない。とにかく

心の中をただ観ることだ。<中略>

その観察において、僕の心の中に、社員にケチ

付けする自分を発見した。その瞬間、その自分が

消えたのだ。

すると、体中から白い煙か?霧状の微粒子が

噴き出して、全身を覆った。この時、「何を

観ても動じてはいけない」と言うことを何故か

知っていた。ここで、心を動かしたなら瞑想は

失敗に終わる。このようなことは、皆さんも

肝に銘じたほうがいい。

超微粒子は、僕の目の前に集まり、凝縮して

白く大きな霊狐になった。大きな尻尾が二本も

あり、体は大きい。尾の先から顔までは、

タタミ縦方向よりも長かったから、およそ2m

くらいだろう。

霊菰の体を撫でてみれば、思いのほか柔らかな

毛であって、心臓はどくどくと脈を打っていた。

「まさに生き物だ!」という知覚があった。

それから霊狐との対話があったが省略する。

 

苦の原因と消滅

以上は、おおざっぱではあるが、心の観察に

ついての実例を述べた。この体験は多面的な

説明が生じるけれど、最も重要な視点がある。

それは、想念を観るとき、物事の結果が外界の

現れであり、自分の内側に生じる想念を観て、

それが原因だと理解したという瞑想体験だ。

これが転じて、不幸や悲しみが去来するのも、

対人関係や、仕事がうまく行かないことも、

その原因となる想念が自分の心の中にあり、

外側に原因はないということを悟らなければ

意味がない。

皆さんの参考になると良いね。

 

このような超越的な瞑想体験は、真我に到達

した訳ではない。小学一年の時に告知された

ボロボロのボロボロになるための激苦体感が、

それからの人生に控えていたのだから。

これは、皆さんの参考にならないね(笑)