永代供養の嘘

日浦先生 こんばんは^^
 
今日、素敵な素敵なアクセサリー届きました!!!
しかも日浦先生の名前まで入ってて嬉しかったです。
 
それと、ブログ拝見しました。
他界した幼児には、ちゃんと先生から教えられた事を
念じたので安心しました。色々勉強にもなりました。
お寺に永大供養も考えてたのですが金額的に高すぎて
家に遺骨をおいてます。
 
目に見えない事で、周りに色々言われたりしましたが、
先生のお言葉を聞いて、胸のつかえが取れました。
本当に感謝しかありません。
 
子供が成長するの待ってたら会えないと困るので(笑)、
今年中にセミナーに参加して直接お礼が言いたいです。
<中略>よろしくお願いいたします。
 
日浦から
早めに着いたんだね。アクセサリーの使い方説明と、
手入れ方法は、明日にでもメールします。
 
幼児は、平和な世界へ案内したし、彼女はもう大人の
意識でいる。だから何の心配も不安も要らない。
 
遺骨に幼児の意識が宿るわけも無く、大地に返して
いいもので、家に置く必要も無いよ。昔は大地の中に
遺体を埋葬したり、焼いた場合の灰は、川とか海に
流したり、大地に捨ててきた歴史がある。
 
肉体を離れた意識・魂を視認して、会話もして、良い
世界へ送り届けることの出来る霊的な力ある坊さんは、
いないでしょう。またあの世は無いとか、魂は無い、
死後の世界は無いなどと、好き放題をいうお坊さんが、
永代供養だって?(笑)
 
なにを供養するのさ?
 ファンタジー供養^^
 
以前、記事にも書いたけれど、お坊さんの言う戒名とか
永代供養、お墓の必要性という嘘を見抜いたのは、日浦が
中学生の時だ。それは、霊的な眼が開いていたからだと
言えるけれど、あの世は無い、魂は無いと言いながら、
戒名とか、永代供養を強いることの矛盾を見抜く知性が
中学生にあったわけ。
 
永代供養というのは、お寺の収益のためにする行為。
本当は、しなくていい伝統行事のひとつ。檀家が減る
かも知れないけれどね。
 
寺守の必要もない。寺の維持費が増えなくなるけどね。
檀家になる必要も無い。墓の建立さえも要らない。
もし、墓参りにどうしても行きたければ、親戚の墓に
でもロウソク・線香を立てに行ったらいい。
 
肉体を離れた意識・霊・魂は、坊さんがつけた戒名など
全然知らない。あの世に帰ってから、戒名で呼び合うなど、
決して有りえない。絶対に。戒名をつけないからと言って、
不満を持つことも無い。
 
従って、水子供養を勧めるのも詐欺的な行為。先祖供養を
説くのも一理一面があるけれど、やはり詐欺的行為。
 
なぜって? 
 
霊・魂を供養することの本当の意味は、地上に残った
親族たちが「健康で、平和に暮らすこと。」それが、
あの世に逝った霊・魂の安心であり、願いなのだ。
もし、残された親族などの霊的な眼が開かれたなら、
この記事を事実だと知るだろう。
 
>周りに色々言われたりしましたが、先生のお言葉を
>聞いて、胸のつかえが取れました。
 
良かったね。
この記事のことを迷っている人に教えてあげることも、
大きな供養の一つ。