脳が考えると言う嘘

 

【下記の無断転載・流用禁止】

人が思考するとき、または、思考と言うレベルではない、

感情や、ベクトルを持たない想念などは、脳の3%が働いて

いるからであり、残り97%は休眠していると言う脳学者がいる。

だが、脳学者や心理学者が言うことが正しいとは限らない。

そんな彼らは、「眠れる97%の脳を活性化する]」という本や

セミナーを売り物にしている。それらの主張は、潜在意識とか

無意識を活用すると、IQが高まったり、超越的な現世利益が

得られるなどと言っている。そして、あまり賢くない人達が、

そのような文言に引っかかる。引っかかることは、大した

問題ではない。

なぜなら、ウソだと気づいたら、それを止めれば済むのだ。

肝心なことは、

本当に脳が考えているのか?

という問いと、その明晰な答えにある。

先ずは、脳とはなにか?思考とはなにか、心とは何か、

また無意識や潜在意識とは何かという明確な定義付けが

未だ無いだろう。明確な定義付けとは、科学的な証明が

伴うものであり、科学の実験によって、誰もが再現する

ことが出来るものを言う。それゆえ脳学者が言うことは、

科学的実験の根拠に乏しい主観であるだろう。主観とは、

人によって見方や考え方が異なるものだ。だから客観的

定義なき論説は、色とりどりの異なる主観に過ぎず、

明晰な回答は期待できない。

 

脳は、本当に思考する物質なのか?

脳という物質が思考すると考える

思考こそ、幻想ではないか?

 

過去には、電気的信号をもつ脳波計が考案されて、

思考の動きを示すもの(脳波)として使われたが、

今では、脳を透明化するバイオ的技術、また色彩を

もたらす技術が生まれ、透明化された脳内に生ずる

光りを部位別に識別する、という光学系の技術と

コンピュータソフトとの判別方法が主流のようだ。

つまり、パソコンの画面上において、人脳の動きが

部位別に分かり、それらに加える電気的な外部情報に

よって、多様に変化する脳内の光輝の神秘を肉眼に

よって見れる時代なのだ。

こうしたバイオ&コンピューター観察機器の長足の

進歩により、「脳が思考する」と言う考え方は、

より堅固になるのかも知れない。しかし、何ごとも

その「限界点」がやってくるものだ。

 

脳は考えない

人が思考する生き物であるけれど、物質の脳が考える、

というチン論理に疑問を持つ人も少なくは無いのだ。

その事例を語る前に自分の体験を語ろう。

日浦もまた幼少の頃から、脳が考える主体ではないと

知っていた。ただIQが180を超えていた(テスト途中

トイレに行って未回答もあった)ので、その数値は、

間違いだと校長から言われ、再テストをやらされた時、

その採点結果はIQが220だった。校長は、怒り、また

間違いだから、もう一度やれ!と言う校長先生に対し、

中学生の僕が説教したことを想いだす。

「IQとか学校の成績が社会に出てから、役立つことは

無いと思うし、IQとは、頭の問題じゃあないんです!

IQが80でも大学を出て、校長になれるんだから。」と。

それを聞いた校長は、激しく怒った。

後日、担任から言われたことは、「校長先生のIQは80だ

そうだ。なぜ、おまえが知っているのか?」と。

それへの僕の答えは、「先生も頭(脳)で考えるから

意味が分からないと思いますよ。」

 

 脳は考えないという証明-1

さて、そこで、こんな話をしよう。

ヨーガの本場であったインドへ渡り、修行をマスターした

ヨーギに頼み込み、ヨーギの頭に脳波計の電極をつけて、

対話しながら脳波計の動きを測定した医者がいたそうだ。

実験の結果、脳波計が示す波は無く、ただの直線が現れた

そうだ。波は生じなかったと。脳が思考するものではない

と予測した医者は感動した訳だ。だが思考して波が生じない

理由が分からない。その答えは、ヨーギが示したそうだ。

だが医者は理解できなかったそうだ。

このような実験と結果についは、現代の医学や心理学の

既知の知識によっては、解明ができない。恐らく装置の

故障ですね?と言われるだけかも知れない。

 

同じくヨーギに課せられた思考の消滅実験が報告された。

そのヨーギは、実験に臨み、心肺の活動を完全に止めた。

もちろん呼吸も無く、思考も起こりえない死体の状態だ。

再び、目覚めて、自分が死体の時の医者の思考を読み取り、

また封印してあった封書の中身を解読していたそうだ。

 

これと同じく、僕も心肺が完全に止まり、呼吸も思考も

消え去ってなお、周囲の状況を把握できるし、「さてさて

ついに身体は死んだけれど、これからどうしようか?」と

いう思考を持つことが出来ることを幾度も体験している。

自分の心肺が完全に止まったとき、時計を見た。そしてまた

再び肉体の中に目覚めた時の時計では、5時間とか6時間を

経過している。

 

まあね、脳が考えるとか、無意識や潜在意識を活用できる

などという人には、そう言わせて置けばいいさ。

同じく、脳が思考するのではないこと、無意識や潜在意識の

活用は、極めて危険であるという、日浦の主張とか、他者の

論説や体験もあると言うことだ。

 

脳は考えないという証明-2

むかし記事にしたけれど、世界的に有名な某研究所が

行った極めて非常識な脳実験においては、被験者が

超越的な思考を発揮しながらも、被験者につけた脳波計の

波は無く、やはり直線だったこと。この実験は、幾多の

科学者たちの集まりであり、脳波計の故障ではないことも

確認された。

つまり、思考する時も、脳波は生じないということが

証明された。また脳波が生じなくとも思考することが

出来ることも証明された。そして、脳波が思考の産物だ

と言うことは否定されたわけだ。

この実験に立ち会った30人ほどの科学者全員が、脳は

考えない、という結論に達したのだ。然らば脳波は何か?

思考とは何か?思考と呼ぶ精神的なエネルギー作用は、

どこからどのように派生するのか、という研究と実験も

行われた。それへの驚きの結論がレポートに書かれていた。

このような驚くべき実験が行われたのは、もう50年くらい

昔のことだ。それが世間に公開されていないのだ。

 

詐欺的な行為

一方で、巷の瞑想スクールなどは、瞑想の効果だとして、

アルファー波とか、ベーター波の画像を見せている。

そんなもの、イラストレターを使えば、簡単に作れる。

僕もイラストレターを使っていたから、そう言える。

だから脳波計の波形が瞑想の効果とは言い難い。

しかも人が静かな時、不安や恐怖の無い時、もし脳波を

計測するならば、多くは、アルファー波、ベーター波に

なっているのだから。

瞑想を極めた本物のヨーギたちの直線波に比べたら、

山あり谷ありのシーター波、ベーター波もレベルが

低い証拠と言えるだろう。

そうであるから諸君、脳波計の波を見せるような瞑想

スクールは、有名であっても、習ってもいいけれど、

殆ど時間の無駄だ。

 

脳は、あるものの振動を受け

取るだけのもの。

 

人の言葉、また動物のうめき声、小鳥のさえずりなど、

空気を振動させて、それを感覚器官の耳がキャッチする。

その振動を波形として認識し、音と識別し、或いはまた、

脳が考えているという常識は、いわば誤認から生じる。

問うべきは、誰が誤認するのか?知覚の間違いは誰が

間違うのか?ただ、それだけのこと。

何かが思考を生むと、脳にも振動が伝わる。それが脳波だ。

脳波は思考ではない。

感覚器官の働きをみれば、脳が考えるものではないと気づく

のではないか?

眼は物を見るけれど、音やにおいを知覚しない。

耳は、人の言葉や物音を知覚するけれど、物を見たり

味わったり映画を観たりすることは出来ない。耳が哲学

すると言う耳寄りな話も聞かない。このように感覚器官は、

それぞれ独立しているのだ。それらの情報は、バラバラだ。

感覚反応がバラバラであり、独立したバラバラの知覚に

よっては、人は正常な精神状態を保てないものだ。

また肉体の神経の流れは、ほとんど電気と同じだ。脳中枢と

感覚は神経組織によって結合されているから、バラバラの

情報が感受されているのだ。

 

ではなぜ、矛盾のない統一的な

精神状態になるのか?

このことが医者や脳学者にも理解されていないのだ。

何か未知なるものの働きが振動を脳へも伝達する神経

システムがあり、それを医学や科学、また脳科学者も

知らないという現実。認識の間違いから生まれる思考は、

間違った考え方をする。

そんな一つが「眠る97%の脳を活性化させるメソッド」と

いうもの。脳が思考することは、50年も前から否定されて

いるのだから、遠からず「眠る97%の脳を活性化させる

メソッド」は、詐欺的だったと誰かが証明するだろう。

 

この世がマーヤだと知らない人たちの論説は、ぜんぶが

ファンタジーだということ。ファンタジーの領域を出て

いない宇宙科学や脳科学者が何を言おうと、それは、

彼らの自己責任である。

だから日浦は、脳が考えると言う論説を認めることはない

けれど、それへの批判もしない。聞く耳を持たないから。

 

思考が脳から生まれるか、そうではないかなど、あまり

重要ではない。なぜなら、どうあれ思考は生じるからだ。

更に心が頭に宿るか、ハートに宿るのか、へその内側に

在るか、また、心は思考か、思考が心か、そうではない

のか、それさえも明らかになっていない。それも大した

問題ではない。

では、問題の核心は何か。

皆さんは、このブログを読んでから真実の知識を少しばかり

学んでいる。その要点は、「思考の消滅が人のゴールだ」と

言うことを。 また「心の消滅が人のゴールだ」と言うことも。

この究極目標へ到達する道は、思考を使うことや、無意識や

潜在意識を活用しろという論説の真逆方向なのだ。

どちらの理論が正しいか?などと思考を働かせてはいけない。

無思考に至ることこそ、真理への道なのだ。

 

「本当の自己を見出したい」という人たちへ知らせるべき

真実の知識として、「脳が考えるのではなく、見えざる思考者を

探しなさい」ということ。「心がどこにあるか問題ではなく、

心の動きを消滅させよ」というのが究極的な教えであり得る。

それを見出したら思考は消え去り、超越的な力が漲る。

それゆえ「眠る97%の脳を活性化させるメソッド」などと

いうコマーシャルは、それに関心を持つとき、おかしな思考を

増幅させるだけだ。自己の本性を知ることを妨げる。

 

さて、日浦は、「脳が考えるのではない」と言うことを

客観的に証明する方法をいくつか見い出した。だから、

いつの日か、それを公開するかも知れない。可能ならば、

有名な天才的な脳科学者との公開実験を望んではいる。

そのようなテレビ公開は、もし実現されたなら世界中の

心理学者や脳学者から猛烈な反撃があるだろうことを

承知しなければならない。だが目からうろこが落ちる

という真面目な学者も増えることだろう。

 

そうだ、有名になりたい人、誰か代理発表してくれないか?

発表中、なにが飛んでくるか、楽しみにして^^