奇跡の治癒力

AAAさんから

日浦 様

いつもエネルギーを送っていただき、ありがとうございます。

護符ペンダントのご報告です。

とにかく身体が軽いんです。毎朝、散歩に行きますが勝手に

身体が動いてるような感じです。妻と二人で急階段を上った

ときは息切れしてない!一緒に歩いてる妻がびっくりしてました。

私も母と同じように腰痛持ちです。朝布団から起きるときは

鈍い痛みがあったり、身体が重かったりしてました。はじめは

ペンダントを付けないで枕元に置いてました。そのときは特に

変化がありませんでしたが、ペンダントを付けて寝たときは

身体が軽くて痛みもまったくない!

凄いですね。ここまで変化するとは…。

このときに感じたことは、ペンダントは身に付けたほうが

断然効果がある、ということでした。

ここからは、私の怪しい友人達に検証してもらった結果です。

S(治療家・修行者?)

当日は、年に何回かあるアルコールや一部の食材を飲食しない

という行法中でした。はじめにセミナーの写真を見せて日浦様を

確認してもらい、ペンダントを手に持っての感想(観想?)。

「ご本人から受ける印象とは違った感じ、この方の『本質』が

入ってる」「こういう製品を見たのは初めて。どうやったら

こんな凄いものができるのかな?」

S氏にペンダントを付けてもらっての感想(観想?)。

「わあー、これならどんな病気でも治っちゃうよ!」「病気の

ほとんどの原因は心・精神が原因なのでそれが消滅する(防止する)。」

ただし、身に付けてる間だけのようです。

O(料理人・エネルギー感覚鋭い)

セミナー受講後の私のエネルギー体を調べてもらいました。

「たしかにエネルギー体は大きくなっているが、ペンダントを

付けるとさらに大きくなり、付けない状態との比較は、付けた

時の方が大きさが1.3から1.5倍に増した!」

Oさんにペンダントを付けてもらった感想は、「ペンダントは

初めて身に付けると、仄かなエネルギーの圧を感じたが、暫く

付けていると、エネルギーの存在感を感じながら、身体に浸透

していく感じがした。」
………………………………………………………………………………
おまけです。

エネルギー感覚が出てからは、日浦様のような超能力者が書いた

字にも強いエネルギーを感じるようになりました。

当然、ペンダントとシールを送っていただいた封筒の宛名書きの

字にも凄いエネルギーを感じていました。

そこで、前述の友人O氏に、日浦様の書かれた文字も調べて

もらいました。文字を見た瞬間

「うー、目が痛い、見てられない、凄いエネルギーだ!」という

ことで、ほとんど検証不能でした。

その後、感想をメールで聞いたら「文字?に感じたエネルギーは、

圧を感じるようでした。ペンダントとは異なり、気持ちが入った

圧です。」

とにかくペンダントやシールとは違う種類?の強烈なエネルギーが

放射されてることは間違いないようです。それこそ強力な護符に

なります。あいや、すでに強直な護符なのです。セミナーのときに

他の受講生に内緒で、サインしてください(笑)

 

日浦

先ずは、AAAさんの謝辞「いつもエネルギーを送っていただき、

ありがとうございます。」は、受講生のすべてに放射している

ものであり、差別ではないので、誤解しないように。

 

O氏の言われたこと「こういう製品を見たのは初めて。どうやったら

こんな凄いものができるのかな?」については、説明が難しい。

あの護符シールは、新潟にいて瞑想を教えていた際に作ったものであり、

印刷して約10年が経つけれど、護符のエネルギー量は全く減衰していない。

あのシールを観た時の紫蓮さんは、大いに驚いていた。なんとなれば、

人が込めた念というエネルギーであれば、数か月か1年くらい経つと、

消えてしまうものだそうだ。それゆえ「印刷した時と、全く同じエネ

ルギーの放出量です」ということに驚いたと言った。紫蓮さんもまた

「なぜ、エネルギーが減衰しないのかしら?こんなに凄いものをどう

やって作ったのかしら?」と、一瞬は思ったのかも。

 

ここで、クイズではないクイズを出そう。

たかが紙であるにも関わらず、キャッシュカードの磁気を消したり、

気分を変えたり、病気を治したりしながら、いつまでもエネルギーが

減衰しないのは、何故だろうか?

 

近代の物理学では、エネルギーは、動力や熱や光りなどに変わり、

消費されるものだ。だからエネルギーを常に製造しなければならない。

日浦の護符は、物理学上の常識を超えているのではないかな?

前記事では、物理学や数学、また普遍的法則は、マーヤを証明する

ものだと説明した通り、日浦が作る護符は、エネルギーの消耗がない

ことにおいて、マーヤを超えたなにものかの力が働いているのだと

考えたらいい。その力、力の源は何か?それがクイズだ(笑)

これ、クイズじゃあないから、その商品は無いよ。残念だね。

商品とか景品は無いけど、回答してみたい人は、コメント欄へどうぞ。

 

透視力の顕現

数回のセミナーを受講された、ある治療師さんの話がある。

患者さんを指圧している時、首からぶら下げた護符ペンダントは、

半径やく1mの光りエネルギーを放射しているのが観えたそうだ。

実際はもっと大きな光球成れど、その人は、直径やく2mの光球に

観えたわけだ。

その護符ペンダントが放つ光りは、患者の身体にかぶさる訳だが、

光りが投射される身体部分の内部がスキャン(透視)できたと言った。

どこが悪いのか分かるようになったと言う。

このご夫婦もまた、「このような凄い護符を作れる人は、日浦先生

以外にはいないでしょう」と言っていた。

 

驚きの報告は多々あれど、その全部を紹介する訳ではない。

悟るまでは、日浦の護符を身に着けていた方がいいんだよ。

 

こんな話もある。

新潟にいた時、日浦から護符を買った受講生の中には、他のスピリ

チュアルリーダーの所へも通っていた人がいた。そういうことは

とやかくいわないけれど、その先生とやらは、その護符を見るなり、

「なんだ?それは?!」と言って驚き、すぐさまコンビニへ走り、

護符シールをカラーコピーして、自分の受講生に売ったそうだ。

なんとせこい(笑)

そして、ここからがまたまた笑える話し。

護符をカラーコピーして、それを自分の受講生に売ってから、

コピー品には、エネルギーが無いことに気付いたと言うお粗末君。

その先生とやらは、「なぜコピーすると、エネルギーが無くなる

のか?おまえ日浦さんに聞いてこいや」と言ったそうだ。

その受講生は、「いやです。先生が直接きいたらいいでしょう」

そう言ったそうだ。