護符への転写

新宿は、また今日も快晴。札幌は吹雪だったとか。

雪が嫌な人は、み~んな新宿へ来ればいいんだよ(笑)

 

ところで、なんだか護符とかペンダントの話しが

続いている。自分が書いていて、自分が不思議がる?

 

あるセミナーの、確かお茶会の席だったと思う。

「日浦さんが三日間、身に着けたものなら、それが

なんであれ、最強の護符になります」

と言った紫蓮さん。

すると

「日浦先生、そっちをお願いします!」という受講生。

とぼけて

「そっちって、どこかな?」

「私が買う護符は、三日間必ず身に着けてください」

「私もお願いします!」

おお~、師匠に命令する受講生か?(笑)

(紫蓮さん、余計なことを言わないようにね)

 

この紫蓮さんの言葉から、また学びました。

人や物事に対し、心を籠めたり、念を込めることは

良いとされているけれど、心を込めても念を込めても

普通の人のやることは、ほとんど効果が無いのだと。

なぜなら心も念も同じものであり、それはエゴだと

言うことを。本人は心を込めたと言うかも知れないが、

その事実は、念(エゴ&カルマ)がこもるのは避け

られないこと。これって怖いことだと思わないかい?

ゆえに、心を込めること、念を込めることと、無垢な

エネルギーを転写することの違いを知ったのです。

 

また「形」の力の意味もあるのです。エネルギーをその

「形」にとどめること自体、その力が働いているから。

それゆえか巷の護符には、五芒星や六芒星が使われて

いるけれど、エネルギーを観ると、反射型と吸引型があり、

それの適切な使い方をしなければ、護符の効果が無いだけ

でなく、弊害も吸引してしまうのです。恐ろしや!

 

例えば、あの巨大な木星を観ると、両面の極点の所は、

1辺が数千キロmもあると思える巨大な六角形が観える。

その六角形は、チリの集まった雲の様でありながら

数学的な正確さの「形」を持っていて、広大なエネ

ルギーを◯◯しているのです!驚き!

 

ハチの巣、亀の甲羅、雪の結晶そのた、自然界には

六角形が沢山あり、それらの意味と力とが人の眼に

触れていながら、神秘のまま。

日浦の護符は、いわば反射的な放射型を採用している

ので、不浄なエネルギーを防御するタイプ。

それとは逆の吸引型は、良いもの悪いものを選ばず、

心身に取り込んでしまうわけ。

このように、エネルギーが観えない人が作る護符は

危ないってことの説明です。巷の護符、お守りは、

みな念を込めている。中には山犬の生霊を封じこめた

と言うすげーえ護符も売ってるしね(笑)

そうだからこそ、阿修羅や山鬼を封じ込めた護符お守りも

密かに売られていたら、知らずに買うわな。。。恐ろしや。

 

日浦の護符は、「心」も「念」も込めない。だから害がない。

護符に純なエネルギーを転写してある。そのような日浦の

護符から放射し続ける大きなエネルギーは、一体どこから

生まれるか分かりますか?

これクイズにしようか。

 

さて、セミナーに初めて参加したAAAさん、エネルギーが

二倍になったと言う。でも僕が手かざしした訳じゃあない。

なぜか。

 

受講数が多ければ多いほど、受講生はパワーを転写されて

パワーアップしているのです。パワーが小さすぎたり、

足りないと、ヒーリングできないから。