転生の秘密

記事の「世界はウソから成る」を読んで、

感動したとのメールあり。

 

 【無断転載を禁ず】

人の感じ方は様々だけれど、人類に共通のウソがある。

それが「私は生まれた」とか、「私の経歴はこうだ」

そして、「私は自分をよく知っている」などと言う

個人情報を語るもの。

そのような彼や彼女らは、根本的に嘘つきなのだ。

語ることや行為することが結果的にウソになって

しまうのだ。

では、そのような人に聞くけれど、なぜ自分の

過去世を知らないのか?それとも過去世は、

ファンタジーなのか?人に過去世があるのは、

ファンタジーではない。

 

ウソになる理由は簡単だ。

おぎゃあー!と泣いて生まれて来た人には、

過去世の記憶があるわけが無いという単純な

説明が与えられる。

無数の過去世の体験の記憶は、魂の中に在り、

生まれて来た人の中に無いからだ。魂は生まれる

ことが出来ないのだ。だから、あなたは生まれて

いないのだと言うこと。

じゃあ誰が生まれたのさ?

 

その答えを言うけれど、

大いにショックを

受けて欲しいものだ。

 

おぎゃあーと泣いて生まれた者は、

自我でありエゴなのだ。自我とか

エゴとは、あなたの「成りすまし

野郎」なのだ。

 

なるほどそうだったのか!と感じ取れる人は優秀だ。

 

あなたの成りすまし野郎は、身体が生まれて新たに

生成される心であり、感覚器官の反応であり、魂に

引き継がれたカルマを受け継ぐ。

カルマは心の潜在意識という層に蓄えられ、少しずつ

表面意識に昇り、あなたの言動のエネルギーになる。

だから、あなたの思考といい、想いはカルマである。

ゆえに心の消滅とは、カルマの消滅を意味する。

 

言って置くけれど、邪悪なカルマが潜む潜在意識の

活用は極めて危険なことだ。それを知ってか知らずにか

潜在意識の活用を唱える者がいるけれど、彼らは単なる

無知なる者か、それとも人を不幸に導く悪魔の申し子か。

スピ世界は、ウソが多用された本当に危ない世界なのだ。

諸君、気をつけよ。

「そうなの?じゃあスピ系を覗いてみよう」なんてことは

思わないほうがいい。何かに引っかかるだろうから。

 

自我と言い、エゴと言うものは、本性のあなたを封殺した

まま、朝から晩まで適当に活動し、寝ても夢の中で活動をする。

愛ある人になろうと想えども、なかなかなれないのは、エゴの

利己性ゆえ。そしてまた心はころころ変わるものだから。

エゴは快と苦を体験しつつ最終的に棺桶に入り、火葬場へ行く。

骨と灰が成りすまし野郎の果て。。。虎は死して皮を残す。

人のエゴが残すのは、ただの灰だ。

 

しかし、肉体が死してもなお、成りすまし野郎は死なない。

とてもしつこいんだ。あの世に行っても活動をする。だから

あの世とは、カルマの延長線上に置かれた世界だ。あの世の

少し良い世界へ行けば、そこでも真理を教える霊的存在がいて、

解脱への教えを学ぶことができる幸福な者もいる。

だが教えが身につかないのだ。なぜならあの世で学んだことも

地上に生まれて忘れ去るから。

この世において悟れず、あの世に行ってさえも悟れずにいる

無限数の魂達がいる。だから無限の転生輪廻が起り得るのだ。

あなたは何回の転生を体験しているか、分からないだろう。

 

長き転生の体験は、魂がマインド化するだけのこと。

転生を繰り返せば、魂の覆いは地層の如く分厚くなる。

転生すれば、蓄積するカルマも増え続ける。転生輪廻に

いいことは何もない。

生まれた起源を持たない魂は、あらかじめ完成されたもの。

だが、マーヤの世界に興味を持ったからこそ、低い意識

レベルの人間に宿っているのだ。そして、そこから抜け

出せなくなっているのが人間という生き物だ。

 

故・高橋信次や江原さん、斎藤ひとりさんの言うような、

転生輪廻を通して永遠の進化を目指すなどという言説は、

大きなウソだ。彼らの言うことを信じてはいけない。

永遠の輪廻とか、永遠の進化を目指すという言葉自体が、

永遠の苦を暗示し、かつ永遠に到達地点が無いことを

暗示する極めて低レベルな言説である。

 

だから人の誰もが「わたしは誰か」と自問しなければ

ならないし、あなたは、どこにいて、一体何をしている

のか?と知らなければならないと言うこと。

本性のあなたを殺して生きる成りすまし野郎は、最も罪深い。

人間どもという言葉の意味がそこに在る。

 

自己の本性を悟らなければ、無限的な輪廻転生は

成りすまし野郎に乗っ取られているわけだ。だから

そんな人生に何の意義があるのかと僕は言うのだ。

いいや日浦よ、人生は楽しく、意義があるのだよと

言うのは、成りすまし野郎のセリフだと言うこと。

 

幸福の源泉

 

あなたが自分の魂を思い出した時、無限数の転生を

思い出す。そしてまた、他者の転生輪廻も知る。

だから社会や人から騙されることが無くなる。

それはまた、地球が誕生した時から、現在までの

歴史の履歴をすべて知ることになるのだ。宇宙の

歴史も知るだろう。

だからもう宇宙論の本を読んだり、何かのセミナーを

受ける必要性が無くなり、あれはこうか、これはこうかと

考える思考も消え去る。無限的なカルマも消え去り、

あなたは自由になる。そこが幸福の源泉だ。

 

全知全能という言葉は、魂を思い出した人に適応される

凄い凄いスキルなのだ。小さな領域における思考を超えて、

無想になるのはそう言うことだ。無思考といい無想が全知

全能の実相なのだ。だから想念や思考を捨てろと言う教えは、

最大の愛であり、最高の霊的到達地点を明示しているのだ。

 

人類の誰もがなすべきことがある。

それは、誰にも唯ひとつのこと。

あなたの成りすまし野郎を

あなたから追い出すことだ。

 

それが為し終えた時、あなたは

自由を宣言するだろう。