最高のスキル

世間では、様々なスキルを学ぼうとする人が

溢れかえっている。ビジネス街の西新宿でも

業務以外の参考書を読むサラリーマンが沢山いる。

もし、学ぶためのお金と時間が許すなら、

習得したいと言うスキルは、沢山あるからだと

思うのだろう。本当は、そうではないけれど。。

 

様々なスキルの中でも、最高のものは何かと

聞かれたなら、それは、ㇶーリングのスキル

であると僕は言うなり。

ラーラ新宿が教えるヒーリングは、なにも身体的な

病気治しに限らない。鬱だとかノイローゼだと言う

精神的な病も治す。対人恐怖症を消し去り、対人

関係の好転現象を起こしたり、奇跡的な幸せなども

招来させる。ラーラ新宿が教えるヒーリングは、

あらゆるジャンルに適応される。いわばオール

マイティーなスキルだ。

例えば、専門の参考書を読まなくても、その望む

結果を得られるのがヒーリングの力だ。

 

いまほど受講生の方からメールあり。それは、

12月セミナーの申し込みなれど、娘さんが抱えて

いたアトピーの改善が見られたと言う喜ばしい

報告も伴っていた。1か月前のアトピー症状を

10とすれば、1ヵ月後のいまは、3か2のレベルに

改善されたという。

アトピーは、通院しても治りにくいもの。

ヒーリングにおいても難易度の高い病気です。

この受講生の方は、護符を使いながら、いわば

半信半疑のヒーリングを試みたのです。

その結果、10のレベルから3か2のレベルに下がった

ということ。

メールの末文には、「少しは私のヒーリングも

効いていたのならいいのですが(笑)」と

書いていた。もちろんそうだ。

 

世間には、様々なヒーリングメソッドがある中で、

唯一正しいヒーリングが、モビアスヒーリングだと

いうこと。しかしながら、それは、両刃の剣と同じく

働くため、悪用する者が続出することは疑いの余地が

ないのです。それゆえ公開すべきではないのです。

 

ほとんど何でもできてしまうモビアスヒーリングを

学び、それを習得したなら、その人の人生は想像を

絶する豊かなものになり、不幸は生じなくなるでしょう。

加えて、自己の本性実現へ直結するのです。

もし受講生が望まずに自己実現に至らなかったとしても、

来世においては、ヒーリングの力が善いカルマとして

自然に芽生えるのです。

ヒーリングの知識が何も無かった日浦の場合において、

過去世に体験したヒーリングが自然に芽生え、数々の

ヒーリングを行えたということ。

皆さんも真のヒーリングを学んだなら、今生において

ヒーラーになれるし、来世に生まれてもヒーリングが

出来るでしょう。ゆえにセミナーを仮に10回くらい

受講したとしても、とても安価なものです。

 

下記もセミナー参加を申し込み、了解された受講生

からの返信メールです。

 

 日浦先生

ありがとうございます。
良いご報告ができないまま年末になってしまいました。
初めて先生からいただいた「全部捨ててしまいなさい。
楽になるから」というお言葉が折に触れ思い出されます。
今回受講料無料でありがたく出席させていただきます。
 
【日浦】
もう12月だなんて、時が過ぎるのは速いね。
まさに光陰矢の如しと言うが如くに。
 
>良いご報告ができないまま年末になって、、、
 
この気づきが大事。でもね皆さんからの良い報告は、
あれば嬉しいけれど、それほど期待していませんよ。
表面的な変化は自覚できないかも知れないけれど、
深いところでは、カルマが軽減されているのです。
その変化はやがて表面意識へ現れます。
 
>「全部捨ててしまいなさい。楽になるから」という
お言葉が折に触れ、、、
 
世間は、そんな偉大な教えを教えてはいないから、
その言葉を覚えているだけでも大きな進歩です。
 その時が来れば、その時は必ずやってくるからこそ、
すべてを捨て去ることに喜びを見い出すでしょう。
なんとなれば、すべてを捨て去ることが自己へ帰る
唯一の道だと言うことを、欲望と恐怖の相続者である
マインドが理解するからです。これこそ奇跡と呼ぶ
べきことなのです。
 
物事に悩みつつ、楽しみや喜びを体験しつつ、また
苦しみながら、ずっと愛着していた世間のすべてが、
マーヤなのだと言う驚きの感覚・フィーリングが
やって来ます。その時、僅かに後ろ髪を引かれるかも
知れないが、あなたもまた自己の真我に向かって、
突進する日がやってきます。
 
すべてを捨て去った人には、すべてが手に入るのです。
それは、偉大な教えの隠された秘儀の教えであり、
それは、その人のみが自ら証明し得る真理です。
 
【 お知らせ 】
12月セミナーは、まだ空席があります。
希望者は参加申し込みをしてください。
締め切りは、7日まで。
夕食会では、忘年会をやろうかな(笑)