心と苦の消滅

【 無断転載を禁止 】

 

人の苦悩は、なぜ生じるのか?世界に蔓延する

悲嘆、絶望、不条理など、この根源的な問いは、

実のところ宗教や心理学も知らない。古くは、

フロイドもユングに語っていた名言「精神分析に

おいて、人を治せると思うな」というもの。

彼らほど精神分析の無力さを実感した者はいない

でしょう。それでも職業とした心理学はやめられ

なかったわけです。

 

ユング自身も長い間、精神を深く病んでいて、

患者を診ることが出来ないなか、裕福層の奥さんが

経済的に支えたからこそ、極度な鬱になっていられた

のです。精神分析の大家自身、自分の心理が分から

なかった!ということ。愛人を持つことによって、

ユングは精神の崩壊を押さえていたわけ。やがて

世界的に有名になったけれど、それは、ユングの

心理学が正しいからではなく、奥さんの経済支援が

あったからこそ、ユングの語る物珍しい理論が世界に

広まっただけということ。

 

ユングは、南インドの聖者・ラナママハルシ師を

訪ねていますが、師の説くことを理解できず、すご

すごと去っていったようです。心理学者として有名で

あることと、心を深く理解していることは別物です。

 

現代も新たな心理学が発達しているようですが、

やはり心を知らないのです。何故なら、そもそも存在

しない心が存在するという大前提に立って考えるから。

それと心に生じるカルマの要因を考慮していません。

また人の感覚器官が作る観念が心だという理解が無く、

心に実体がないことを認めていないのです。

更に、霊的な憑依も心理学は知らないでしょう。

憑依にも似たマインドコントロールの実体も知らない

でしょう。思考や想念の出どころも知りません。

それゆえ心理学は、いまだに科学と呼べないもので、

学問と言えない低レベルな分野です。

 

 

精神を病んだ患者と多く接することで、精神科の

先生が心を病むのは、いわば心が感染するからです。

こんな事例があります。

家族から精神が病んでいるから精神科へ行くよう

言われた女性がいて、病院へ行くと診察室のドアーが

閉まっていて、ドアーに大き目な張り紙があり、

「自己診察中につき、新患お断り。◯◯医師」と

書いてあったそうです。待合の人に尋ねたら、

「先生は、深く精神を病んでおられるので、新患

お断りです。民間の◯◯◯医院へ行った方がいい

ですよ」と言われたそうな。「先生が病んでいる!?

なぜ皆さんは診察を受けるのですか!?」と問えば、

「心を病んでいる先生だからこそ、心を病んでいる

私たちを理解してくれるのです」そう答えたそうだ。

うーん、心を病んだ人が行く先は、同じく心を病んで

いる先生がいいのかなあ~違うと思うけどなあ。。。

 

同様に心理カウンセラーの肩書を持つ人の多くが、

やはり病んでいるのも現実です。

登校拒否している子供の母親は、自分の子供の心を

知っていると言いながら、赤の他人である心理カウン

セラーに相談すると言う愚を犯し、カウンセラーは、

子供と対面することもなく、母親に対し、アドヴァ

イスしているのです。おかしいと思いませんか?

 

心理学者、心理カウンセラー、それに属する職業の

人は、解脱者にならなければ、人の心理を理解する

ことが出来ないのです。

 

太古の昔から、心が知覚する物事において、嫌悪したり、

魅せられたりするとき、人は束縛されていると言う教えが

ありました。今日の文明は高度に発達しても、人の心は

古代から科学されることなく、ずっと暗闇の中を混迷した

ままです。

 

世間では、心が大切だと言いますが、心は、それ自体が

病的なものです。理由は、心というマインドは、自分が

身体だと思い込むこと。それ自体が病気です。マインドは

心が自分だと思うこと。それゆえ利己的な怒り、憎しみ、

憎悪、暴力、迎合と対立、主観的な見方の善と悪、快楽と

苦痛、怠惰と勤勉、正直と嘘つきなど、列挙すれば、

切りの無い無秩序があります。

これが二元論の根幹を為しているのです。心が二元論を

展開する元凶であり、マーヤの作り手なのです。そのような

破壊的な支離滅裂な心が、どうして大切だと言うのか。。。

心が大切だと言う人の心は、実に摩訶不思議なもの。

 

読者の皆さんも摩訶不思議な二元論者なのです。だから

喜びと悲しみとが同居するのです。心の二元性を単純化して

みれば、次のようになるでしょう。

自分に優しさと憎しみとが入れ代わり立ち入る。ウソと

本当が混在してしまう。勤勉と怠惰が入れ替わり立ち代る。

A子を愛しているよと言ったかと思えば、E子とラブもする。

A子とE子から吊るし上げられる。元気が出たと思えば鬱に

なったりする。鬱かと思えば、明日は躁病にもなる。

君はどっちやねん?

 

楽しいと言うのは心であり、苦しいと言うのも心であり、

楽しさも苦しさも記憶と感覚の反応であることを観るなら、

利己的で、破壊的でもある無秩序な心は、有ってならない

ものと思い至るでしょう。「いいや違う、そうであっても

心は大事だ!」という皆さんのマインドは、なかなかの

筋ものです(笑)

 

自分の内面にある心の暗闇(利己的な怒り、憎しみ、憎悪、

暴力、迎合と対立、裏切り、主観的な見方の善と悪、快楽と

苦痛、怠惰と勤勉、正直と嘘つきなどの二元性)は、心自体が

観ないのです。観たくないからね。人の心を詮索すれど、自分

の心の闇は観ない。観たくないからね。

だから観ないから、人は自分の心をよく知らないということ。

心が苦悩も作り出している事実を観ないなら、苦悩は、影の

如く付きまとう。悲しみとか苦悩の消滅は、闇に住する心の

消滅以外にありません。その消滅は、心理学や宗教は教えて

いません。なぜなら知らないから。哲学や思想も同じ。

 

無知の暗闇に住する心を消し去れば、知識の光りを放つ

自己の本性(魂)が輝き出るという太古からの教えが日の

目を見るのです。あなた自身が不幸だと思うのは、社会や

他人のせいではなく、自分のマインドが二元性を作り出して

いるからです。苦悩を消し去ることは、出来ない相談です。

あなたに出来ることは、快と苦を生じる二元性の心の動きを

止めることだけです。

 苦の消滅に関し、人が思考することが必要なことではなく、

どれだけ愚かなことか、また無駄なエネルギーの浪費なのか、

いまなら論理的説明ができるけれど、その説明を読者の思考

は認めないでしょう。