恋愛は幻想

日浦様 

大阪の◉◉◯◯子です。
20日(土)のセミナー受講よろしくお願い申し上げます。
初受講でもありますし、新宿は初めてなので1泊する
ことにしました。セミナー後の夕食会にも参加させて
頂けますでしょうか。
どうぞよろしくお願い致します。
 
ところで
ここ1ヵ月間の内的変化を書かせて頂きたいと思います。
私は先月ひと月程アルバイトをしました。
仕事が始まって1週間経過した頃、あることが起こりました。
 
仕事先の人がプライベートなことを私に吐露されたのです。
知り合ってまだ1週間ぐらいの他人に対して長年に渡る
悩みを話されるのも意外なことでしたし、社会的問題と言える
ようなことだったので一瞬、受け止めきれない感じがしました。
 
しかし、その時その場に何とも言えない抗えないような
エネルギーを感じ、「これは日浦先生の力が降り注いでいる!」と
思いました。というのも、その人も「私、言うつもりも無かったのに、
何故か言ってしまった・・」と少し戸惑いの表情をしていました。
その後、その事の行き詰まった状態に変化の兆しが予想外の早さで
現れ始めました。
 
この事を通じて、日浦先生と紫蓮様が教えて下さっている
 
「何もしない」こと
「解脱を願う欲望だけ」
 
この究極の二つを肝に銘じて、常日頃忘れず生きる事を
決意しました。少し仰々しくなったかなと思えますが、
「何もしない」ということがいかに難しいのかと思い知ったのも、
そして「何かしなければ・・・」と間髪入れず動いてしまう
自我に翻弄されることに気付き、思いっきり打ちのめされた
のも今回のアルバイト先の出来事でした。
 
日浦先生と紫蓮様の存在を知って2ヶ月、
 
私が「師」と仰ぐ御方はこの方々だった・・・
究極の真の教えをずっと探していたのだ・・・
など内奥から湧いてくる思いが
この期間に徐々に揺るぎない確信として収って参りました。
本当に有り難う御座いました。
 
これからもご指導よろしくお願い申し上げます。
セミナー、楽しみです! 皆様にお会い出来ますことも!
 
追伸
メールのやり取りだけでここまで導いて下さった
日浦先生に驚愕しております!
 
 
【 日浦から 】
セミナー後の夕食会にも参加したらいいよ。
 
人はみな「何かしなければ・・・」と想っているけれど、

それは、一種の強迫観念であり、非自己の自我のなせる業。

それを人は知らない。自分の想いだと信じ込むからだ。
 
楽にならない生き方は、例えば、「わたしは、あなたを

愛しています」という言葉は、美しい響きが伴うかも知れない。

だが、真実は違うのだ。

わたしは、あなたを愛していますとは、独占的な所有欲を

言い換えた言葉に過ぎない。それは、その人を束縛へと導く。

何故かって?

あなたが愛したいと思う人がいて、その人が他者と親しく

していたら嫉妬が生まれる。誤解も生まれるだろう。

独占的な支配欲や嫉妬は、愛とは真逆なのだ。
 
魂の感覚レベルでは、その存在自体が愛であるがゆえに、

他者を愛すること(支配欲)さえしない。それに気づいて

いながら、人は人を愛して苦しむ。

それと同様に関わらなくてもいいことに関わり、時々は

トラブルを生む。わたし(自我)がいる限り、男女間の

愛も陳腐なものだ。よく言われることではあるけれど、

君がいなくなれば、そこに愛が生まれる可能性があるのだと。
 
 
人や社会において、君という個人が関わり、干渉することに

よって、在るべきではない障害が生まれると言う信じがたい

現実の事実がある。

そして、「わたしはどうしたらいいのですか?」などと

言って、カウンセラーなどへ人生相談に走る。


行為よりも想いにおいて、何もしない境地になれば、

すべてが自然とうまく行く。だから「何もするな」と

言う教えは、最も楽な生き方だ。
 
恋愛もよくよく考えれば、お互いの幻想にすぎない。

僕の過去を振り返っても、そう言い切れる(笑)