回復の兆し

身体の具合が悪くて寝たきりだった某受講生

からのメールです。

 

お世話になっております。
大阪の◯◯です。
4回目の振込させて頂きましたので
宜しくお願い致します。
 
今は、できる限り 自己観察を行う毎日ですが
そうしていると 段々と ただ目の前にある
普通の日常が瞬間、瞬間に あるだけ。。
と 言いますか 、本当に普通の毎日なのですが
マインドが、(もっと 特別な何かがあるはず。。)
と しつこく囁いて来ているように感じます。
 
私は 認められたい病 だったように思いました。
 
そして、まだ そのマインドは 一生懸命話し
続けていて、 知らぬ間に同化している時も
まだまだありますが、(これは、だれが思考
してる?)と度々 問いかけると マインドが
静かになってきている(弱まっている?)
ように感じます。(本当に少しずつですが。。)
 
おかげ様で 体調も安定しつつあるので、
今週末からパートに出る事になりました。
本当にありがとうございます。今後とも
よろしくお願いします。
 
おはよう
振り込み連絡、ありがとう。
パートの仕事に出れるのは、大きな改善だね。
時間がかかるけれど、体調も更によくなるよ。
 
人が知るべき秘密のことがある。
想念とか思考は、すべからく君自身のものでなく、
自我によるものだ。それをエゴともいう。
想念に力を与えているのは、なんと君自身だと
いう驚きの事実。思考と言い、想念と言い、
それに同調することなく、無視して見なさい。
そうすれば、想念は力を失い、やがて消えてゆく。
すべての想念は、君自身からのものではなく、
自我が君に押し付けているものだ。
君は、それを知らずに同調し、力を与えて支持
して来た。そして想念に苦しめられてきた。
このカラクリに気づいて、悪なる想念を消し去り
なさい。そうすれば、想念が消えたマインドの
中には、大きな空きスペースが生まれるだろう。
そこには至高の知覚が流れ込み、何でも分かる
ようになる。
そしてマインドの中から、「私」を消し去るとき、
遂には、至福の自己が輝き出るだろう。
 
マインドが知るべきことではなく、魂の君自身が
知るべきは、どんなに悪い想念でも、決して自分の
ものではないのだと知り、安心しなさい。
辛い人生は、夢でしかないのだ。
 
日浦より