欲望の果て

初参加の受講生のメールを紹介します。

 

日浦さま

セミナー受講させて頂いて有り難うございます。

ブログ読者のころから、日浦さまにお会いして

直接お話をお聞きしたいという願いが今回叶え

られて、本当に幸運であったと喜んでいます。

食事会も参加したかったのですが、諸事情が

ありまして、帰らざるを得なかったことを

大変残念な気持ちでいます。

次回のセミナーも、午後からであれば朝早く

出発し、夜の食事会に参加し、その日一泊する

ことにします。

セミナーでは、驚くべき裏話をききましたが、

ネットで調べたら、その通りでした。一般人は

上辺だけの情報しか知り得ないのか。

ブログ「セミナー後」に書かれている通りなのですね。

ということで。この世の中に執着しても虚しいだけと

云うことがよく分かりました。

表皮的な世界を追いかけても得るものがないならば、

こん後は、真我を知覚するべく専念します。

2度目の手術を受けた際、ベッドの上で人間の

幸福とは何かと自身に問うたとき、何も答えが返って

来ず、ならば、人が不幸と感ずるのは、どのような

場合かと問い直したら、それは、欲望であるという

答えが返ってきました。

欲望が自身を拘束し、心に葛藤を生ずるから不幸と

感じていると結論しました。

ならば欲望は、必要最小限にすれば、心の安寧が

得られるはずだと気付きがありました。

以後、リハビリに精を出し、車椅子から杖歩行となり

なんとか自力歩行が可能になりました。

考え方が変わっただけで、気持ちが軽くなり、素直に

自分自身を受け入れる様になったと思います。

今回、ヒーリングセミナーを受け、「自己の本性を

知覚するには、思想や想念を生む自我を消し去る

こと」を学びました。更に、サマーディに到達する

方法を具体的に書かれたテキストが贈られてきました。

日浦先生、本当に有り難うございます。本当に有り

難うございます。

 

【日浦の紙上返信】

この方が受講を申し込んだ際、「あなたの病気

(歩行できない状態)は治しませんよ」と僕は

返信しています。

自力では治せない人に対しては、治してあげる

こともあり、治さないこともあります。

皆さんも考えてみたらいいです。例えば他人から

治してもらうより、自分の力をもって治すことが

できる方がいいからです。

この人の素晴らしさは、このメールに現れて

います。つまり自分に問いかけるという下記の

ような感性です。

 

① 人間の幸福とは何かと自身に問うたとき、

何も答えが返って来ず、、、

このような自問はダメなのです。自分の本性は

自由と幸福そのものだから、幸福になるための

進言は起こらないのです。

② 人が不幸と感ずるのは、どのような場合かと

問い直したら、それは、欲望であるという答えが

返ってきました。

このような問いの場合は、求めるべく答えが

開示されています。しかも唯一の正しい答えです。

 

地上に人類が立ち現れた遥かなる大昔から、

人が様々な欲望を抱いてきたのは、勘違いから

生じる思考であり雑多な想念ゆえです。

 

勘違いとはなにか?思考や想念とはなにか?

それは、有機的な身体を持たない自己(真我とか

魂と言われる非物質なる存在)でありながら

有機的な身体が自分だと言う感覚的な錯覚による

勘違いが生ずるのです。

この地上に有機的な個体を持つ生き物として、

生きようとする思いも身体感覚ゆえの欲望であり、

生きようとする生存欲求それ自体が苦の原因です。

 

あなたは生まれることが出来ない存在であり、

生死をも超越している存在なので、生存欲求は

偽りなのです。

 

生きる過程において、欲望が満たされた時、

一瞬間の満足感はあれど、すぐさま新たな欲望が

生まれるのは誰もが知っている。

欲望の生起する時や過程は、無限になり、それが

行為を要求する。人の欲望が無限に生じてくるのは、

身体感覚・生存欲求ゆえのこと。

身体感覚と生存欲求は、あなたの欲求ではなくて

自我・エゴの欲望です。

 

この人生において、満たされなかった欲望があれば、

それを果たそうとして来世に期待を持つ。それが人の

誕生なのです。何であれ求めることが輪廻の原動力に

なり、無限の輪廻を推進する。誰が推進するのか?

欲望を推進するのは、欲望です。正体不明な欲望に

牽引されたものは、楽しみや悲しみと苦を背負いながら、

無限の時を浪費する。

それが皆さんの人生なのです。

では、苦を生み出す欲望の果てはあり得るのか?

欲望に起源が無いと同じく、欲望に終わりもない。

しかし、欲望を推進する不可知な力と決別することが

出来るということを知らなければならない

輪廻を推進する者・不可知な力は、自我とかエゴと

呼ばれる不可知なものであり、心とも呼ばれる。

輪廻転生の活動に影の如く付随しているのが、

無知(身体意識)と結合している魂(本当のあなた)

なのです。

非物質なるあなたは現在でも生まれてさえいない。

ただ身体とマインドが生まれたのです。それは、

エゴの誕生なのです。そのエゴ・身体とマインドと

同一化したあなた(魂)は、この世の快苦を体験する。

 

解脱という言葉は、重々しくて理解されない

けれど、この勘違いを取り去り、自由になるだけ

のことです。

 

自由になるためには、転生輪廻を推進する欲望を

消し去ることしかないと気づいた人は幸いです。

  

欲望が捨てられないと思う人は、快と苦の輪廻から

解放されるまで、欲望に支配され、この世の享楽と

苦痛を体験するということをマインドに教えないと

いけない。人の人生とは、そんなものです。

あなたの勘違いの人生、すなわちエゴが生きる人生に

何の意味や価値が在り得るのだろうか?

 

あなたの人生とは、夢と同じ。