赤ヘルライダー

二人の娘が高校生の頃、学校の給食棟が

改修工事のため弁当を持参させられた。

このころの僕は料理作りもかなり上達し、

近所からもシェフさんと呼ばれたりした。

娘の弁当は、大きな重箱の二段重ねになり、

十数種類ものおかずがあった。食べきれない

量だから友達に分けると、喜ばれたそうだ。

家庭科の先生も「あなたのお父さんは、

プロのコックさん?」と言いながら、時々

重箱弁当を食べたそうな。

インスタント物は決して使わなかった。

料理にも研究心をもってトライした。

 

ある日、長女は弁当を忘れて登校した。

仕事が忙しい。でも届けないといけない。

 

そうだ!娘を喜ばしてあげよう。

ナナ半(750CC)の大型バイクに乗って弁当を

届けに行った。始業前だから教室の窓は生徒が

鈴なり状態だ。その生徒たちは、バイクを持て、

ギャーギャー騒ぎ出した。

校庭には、赤いヘルメットを被り、黒のライダー

スーツで身を包み、レーバンのサングラス、

腕に赤いバンダナを付けたかっちょええ~?

ライダー男が登場したからだ。

 

キャー  かっこいいー!

 

と騒ぐ生徒たち。大型バイクに乗った謎のライダーは、

生徒たちに手を振った。そして、アクセルをふかし、

大きなバイクをスピンターンさせて見せれば、また

また歓声が沸き上がった。そこへ長女が出てきて、

「パパ、かっこいい!

私のために、こんな演出を

してくれたんだね!有り難う。

パパ大好き♡」

と言いながら校舎に消えた。

授業開始のベルが鳴り、生徒の姿は教室内に

消えた。帰ろうとしたその時、先生がやって

きて、教員室に来いという。

ははん、暴走族だと勘違いしたんだな。

父親だと分かれば、おとがめなしだろう。

まあ教員室へ行ってみるか。。。

弁当を届けたことが、後々の問題の火種に

なるのだが。。。 

続く