シルバーバーチの霊訓

1949年、シルバーバーチの霊訓という書籍は

在る人物の紹介によって、日本へやってきた。

 

そして、スピリチュアル好きな人達が買い、

それの模倣が全国へ広がった。大本教とか、

その分派にあった菊花会の会員、高橋信次、

漫画家の角田次郎などなどであった。

その書は、シルバーバーチと名付けられた

霊が語ったという設定のファンタジー本だ。

つまり真っ赤な偽物なのだ。

 

日本人の◯田というピアニストは、

イギリスへ行った際、売れない五人の

ミュージシャンと知り合った。

ミュージシャンの彼らは、霊訓集を書籍化し、

それを売って金もうけしようと考えていた。

それに同調し、日本国内の独占販売権を

狙ったのが、日本人ピアニストの◯田さん。

あの書籍は、シルバーバーチという高級霊が

語った教えだという設定のウソ本なのだ。

 

日浦サイトのころ、シルバーバーチの霊訓を

紹介していたネットを読んだが、すぐさま

インチキ本だと分かり、それの販売ルートを

探索した。その結果、ピアニストの◯田さんに

辿りついたわけ。

彼とのメールのやり取りでは、トンデモ本の

入手経緯、高橋信次と2度の会談をしたこと

その他、驚くべき詐欺的な行為が広まったと

知る。GLA開祖の高橋信次は、根っからの

詐欺師だったと◯田さんは語っていた。

 

◯田さん曰く、あの書籍が、あのように広まり、

それを信じる人が圧倒的に増えていった様相を

見て、罪の意識にさいなまれたと言った。

「でも、お金になるから、偽書だと言わなかった

んですね」と突っ込めば、「はいそうです」と

言った◯田さんだった。そして、わたしが生きて

いる限り、わたしの名前を出さないでくださいと

虫のいいことを言っていた。

 

霊眼もなく、悟ってもいない江原さんの本とか、

偽書のシルバーバーチの本などを置くヒーラー、

治療師その他は、偽物を偽物と識別することの

出来ない盲目の人達なのだ。

だから、そのような人達には、人生相談などを

してはいけない、ということだ。

 

諸君、何度も言うけれど、

世間や人を信じてはいけない。

なぜなら自分が幸福になりたい

と思うなら。

世間や人を信じなくていいという

事実は、幸福も真実も自分の

内奥にあるからだ。

これを知った人のみが悲しみを

超えて、永遠の幸福を享受する。