マインドコントロール

マインドコントロールは、スピ世界において、

しばしば語られる意味不明な言葉の一つだ。

意味不明とは、明らかな概念化がない曖昧な

言葉であること。

霊的憑依と、マインドコントロールは言葉の

違いこそあれ、同じ意味だということを、

むかしの体験を思い出して語ろう。

 

今から45年も前のこと。

GLA教団の開祖である故・高橋信次がいた。

彼と出会った場所は、東京の浅草にある教団の

ビルだった。彼は体外離脱をして、僕の新潟の

父と母を観て来ると言い、そのポーズをとった。

だが信次は、体外離脱などしていない。それを

出来なかったのだ。

そして、「君のお父さんを見て来たよ。地元の

人だね?」そう言っただけ。父の職業はなにかと

聞けば答えない。母の職場を聞けば、答えない。

父と母の身体的特徴を聞けば、やはり答えない。

単に「地元の人だね?」と言っただけだ。体外

離脱して父と母を見てくると言うのはウソだ。

なんというインチキ教祖だと思い、席を立って

帰ろうとした時、二人の霊体が来て、信次と

一つに重なった。憑依だった。

そして、「君の会社は、三か月後に倒産する

から私の会社へ来なさい」と、信次の名刺を

置いて退室した。憑依前と憑依後は、人格が

ガラリ違う。

 

それから三か月後、僕が勤務する会社が倒産した。

事の成り行きはこうだ。倒産した会社というのは、

大阪府、大阪市から15年先の都市計画を請け負い、

すべての建築物の設計管理を請け負っていた大手の

設計事務所であり、当時、国内最大だった。

発注先の大阪府、大阪市が倒産しない限り倒産など

有りえない会社だった。それなのに信次の予言通り

倒産したという事実。なぜ倒産したのか。

普通のストライキとは、給与を支払う会社の経営者

側へ行うものだ。にもかかわらず、仕事を発注して

くれる大阪府へストライキをかけたという狂気の

行動だった。

5.000人の労働組合員は、大阪府庁舎を取り囲み、

賃上げ要求の無期限ストを決行した。そのような

狂気のデモを見た大阪府は激怒し、会社との業務

契約を解除し会社は倒産し、全社員が解雇された。

それは、アッと言う間だった。

 

信次から電話があり、「ほら予言した、ちょうど

三か月で倒産しただろう。わたしが倒産させた。」

と言った。一方では、解雇された組合執行部は、

こう結論した。「我々は霊的現象を認めない。

だが明らかに集団憑依以外に有りえない。集団的

マインドコントロールと呼ぶにふさわしい」と。 

 

 ストライキの計画は、決行の2か月前から社員に

知らされていた。計画を聞いて更にストライキを

決行した時でさえ、それが狂った行為だとは誰も

が気づかなかったという不思議。

 

つまり自分の想いは、自分の想いだと思うものだ。

自分が決めた行動は、自分の意思によると誰もが

思う。しかし2か月間に渡り、5.000人の組合員が

集団憑依されていたという恐るべき事実。

当時は、霊的な知識も少なくて事態のカラクリが

分からなかったが、「私が倒産させた」と言い

切った信次は、偉大な霊能者などでなく、悪質な

霊術者であった。

 

諸君、警戒せよ。

古代からある人類支配のメカニズムこそが、

マインドコントロールである。

水が流れるのは、水路、川があるから。音が

伝わるのは大気があるから。光りが伝播する

には大気中にエーテルが必要であると同じく、

想いが伝わるのは宇宙空間にプラナーが存在

するからである。プラナーが心の主要なエネ

ルギーを為している。

ゆえに、人の抱く想い、想念、様々な感情、

あれこれ考える思考の全部がプラナーから成り

立ち、その干渉波を他者へ与え、自分でも受け

取るのだと知ることだ。

 

だから「思うことは自由だ」などと考えて

悪しき思い、不調和な想いを抱くならそれに

利息が付いて、自分へ帰ってくるというのが、

心の性質・法則である。

 

心とか、マインドというものは、反省したり

改善したり、修正することが無駄なものだ。

何であれ心を推奨するモノは危険だ。例えば、

マインドフルネスは、幻の心を増長させる。

  

 2009年、アメリカでの特許を取得した方法は、

パソコンやテレビモニターを通して視聴者を

マインドコントロール出来るシステムである。

今年が特許切れなら、世界中が利用するかも

知れない。恐ろしいことだ。

恐ろしいマインドコントロールを防ぐ方法は

太古から「心の消滅」が説かれてきた。だが、

これを人は理解しない。

 

悲しみ

苦しみ

様々な不幸が

やってくるのは、

考えや行為が間違っている

からだと言う前に、

邪悪な心を消し去らなければ、

永続する幸福は得られない。

 

悲しみや

苦しみ、

それを生み出す欲望は

宗教では解決しない。

宗教は人を束縛して

洗脳するけれど、

心の消滅という真理は、

決して教えない。

宗教は邪悪なものだ。

マインドフルネスも邪悪な

ものだ。

ただ、あなたの本性だけが、

純粋な真実だ。

だから至高なる自己へ帰ろう。