プログラム

第2期のヒーリングセミナーでは、
「ラーラ沖縄」さんが紹介したような
ベーシッククラスとインタークラスの
プログラムですか、それとも前回と違う
プログラムですか?
という質問がありました。

第1期のプログラム
【 下記は、転載・流用を禁じます 】

ベーシッククラスのプログラム
 1.ヒーリングの基本原理
 2.病気の原因・治病のしくみ
 3.身体とマインド・魂の関係性
 4.エネルギーの活用と制御
 5.ヒーリングのマインド

インタークラスのプログラム
 6.内部感覚の目覚め
 7.パワーの注入と顕現
 8.自己身体へのヒーリング
 9.他者(動物植物含)へのヒーリング
 10.霊眼の開花
 (11) パワー獲得の修練方法

【 答え 】
第2期は、過去に2日間だったセミナーを
1日に圧縮したので、第1期と異なります。

但し、第2期のテキストは、上記の第1期
プログラムを提供します。
休憩を入れた4時間の中で、それの説明を
します。もちろん質問OKです。

残り1時間は、(11)パワー獲得の修練
方法を説明します。ここが、1番大事な
ところです。肝心かなめ。

2番目の大事は、言うまでも無く前半の
講義内容です。この知識が、世間には
知らされてはいませんが、自己を解放
しようという願望に変わるのです。

さて、パワー獲得の修練方法の中身は、

1.真の瞑想法について
2.呼吸が消え去る呼吸法について
3.マインドの観察方法について、
4.ゴールに達する時の注意点です。
ゴールとは、魂を魂としての知覚を
達成すること、つまり自分は身体や
マインドではなかったという明晰な
自覚が生じるのです。

上記の1~4は、一つの流れに置き
換えたので、修練方法は、ただ
「一つのもの」になります。実に
シンプルなのです。瞑想法などの
経験がない初心者の方が、偏見が
ないだけ、理解が早いでしょう。

セミナー終了後、希望者の夕食会を
行うので、そこでも質問することが
出来ます。「まだ分からんな」という
人は、たぶん居ないと想いますが、
カフェに行っても教えます。

このセミナーを受講すれば、世間の
言う諸々の宗教とかスピリチュアル、
また、各瞑想やヨーガと言うものが、
ゴミのようだと言う日浦の言葉を
理解するでしょう。

もし、3回以上の参加者は、自己解放の
熱望があるとみなし、5年以内に解脱を
与えます。