絶望の彼方

足の肉が落ちた復元についてのヒーリング

体験を書こう。

そこは、本当に暗い世界だった。

もはや親戚が寄り付かないだけでなく、

近所も僕に顔を合わせない。挨拶も無い。

時々道を歩けば、人は唾を吐き、中には

石を投げつける者もいた。

それは、同業者だった。

仲の良い友人たちや知人も去ってゆく。

銀行は、豪邸を競売に処すと言ってきた。

すべては、ウソの流布が原因だ。事業再建

の可能性は全くなくなり、生活基盤を失って、

生きる希望は何も無かった。万事休す!

絶望という名の体験

その日、カーテンを閉めたままの昼なお

暗い寝室。ベッドに腰を下ろして左足を

眺める。やはり正視に堪えない。

死ぬ元気もなければ、生きる元気もない。

このような絶望体験は、2度や3度では無い。

今までにも瞬く間に会社を再建し、短期に

業績を伸ばすこと5回ほど。

しかし、また潰されたり乗っ取られたりする。

それは、打ちのめされるために立ち上がる

ようなものだった。今まで立ち上がらなければ

良かったのだ、そう思った。なぜか再び聖霊を

呼んだ。二度も。
やはり彼は来なかった。

 

だが、暗い部屋の片隅に、大きな光りが現れて、

それが人の姿になった。白いベールを纏った若い

女性だ。僕の足元に来たが、人ではなかった。
長身の美しい顔をした霊的なものは、僕の足元に
ひざまずいて、両手を持って右足を触った。
健全な右足の細胞をスキャンしているかの様だ。

次には、肉が無くなった左足を包み込むように

両手を持ってきた。

すると左足が完全に復元した!

自分の両手を使い、足を触ってみれば、肉が再生

され、感覚も戻っていた。瞬時の回復だった。

ふくらはぎの肉が再生され、皮膚が元通りになり、

血管内を血が流れている。これらが瞬時だった。

医学的に説明がつかないだろう。

光り輝く霊的存在。僕の眼を見つめながら、

あるメッセージを残し、再び光りとなって

消えた。

絶望の彼方
若いころ、丹沢山中へ10日間の断食瞑想に行った。

そして、超越体験の数々を観たが、この時は、もう

20日以上も食がない。水道も止まっていたから水も

飲めなかった。気づかなかったが、ここでも超越

感覚が芽生えていた。

借金がなんだと言うのか。
返すべく金が無く、収入元も失ったのだから、

借金という観念の重荷が消えていた。お金は

返さなくてもいいんだというフィーリングが

やってきて、心に平和が訪れた。

家の競売だって?もう生きられない、事業も

出来ない。ならば、住む家が必要なのか?

要らないな。

生と死の欲望、そして、生と死の恐怖もまた

消えていた。完全とも言える無執着の境地。

絶望の彼方は静かな平安だった。