カップラーメン

記事「親戚ってなに」の続きです。

中学生の娘たちは、親戚の家に預けて、そこから
学校へ通った。その親戚には、娘と同い年の女の
子がいて、仲が良かったので安心だった。

家は電気も水道も止まった。ガスも供給が止まり、
自動車のガソリンも買えない。雪降る寒い日々。
もちろん暖房が使えない。

人がもし、僕の状況になったら、どうするか?
どうもできない状況だけれど。

もう何日も食べていない。それでもノンバンク
から借りた金の催促が来る。やくざみたいな男。

そうだ!

自分で死ねないのだから、借金取りのヤクザ風の
男から殺してもらおう!と考えた。

また金をとりに来たから応接に通した。そして、
台所から切れる刺身膨張を持ってきて、応接の
テーブルに僕は寝た。

「金が無いから、内臓でも持って帰れ」と言って
上半身裸になった。本当に殺してくれたらラッキー
だと思った。

その男は言った。「人を殺すだけの金は貰って
いない」と。そのまま帰り、二度と来なかった。

衣類のポケットとか、机の引き出しを探した。
すると小銭が305円もあった。これでカップ
ラーメンが買えるのか?

ふらつく足取りのまま、雪道を歩いて、片道40分
かかるコンビニへ向かった。何度も滑って雪の中に
倒れた。このまま寝たら死ねるのか?と思いながら。

カップラーメンって、300円あれば買えるのか?
という心配を抱えながら辿りついたコンビニ。

どれほどふらついたか知れないが、家に着いた。
裏庭のサンルームに、雪を入れたフライパンを
設置して、書類や週刊誌を燃やして湯を作ろう
とした。なかなか熱湯が作れない。ようやく
作った熱湯をカップラーメンにいれて、、、

カップラーメンを食べた時、また号泣した僕。

こんなことをしてまで、
どうして生きようと
するのか!
僕の人生は、なんと惨めだろう!


カップラーメンが、あれほど美味しいと感じた
ことは、生涯にただ一度だけ。

次は、足をヒーリングした体験を書こう。