自殺か夜逃げか

自分の販売店グループから、会社を乗っ取ら有れ、

販売店によるウソが流布されたので、親戚たちが

集まった。それは僕の父と母の兄弟たちだ。事情を

話しても、親戚は僕を信じない。世間の風評を信じて

いたから。

「ここに700万ある。お前にやるから逃げろ」という

親戚たち。「お前が居ると、我々は不名誉をこうむる。

だから直ぐ逃走しろ」という親戚たち。

親戚の中には農家が数名いた。「金が無くて喰えない

なら小遣いと野菜や米くらいやったのに、どうして

もらいに来ないのか?」と怒っていた。背間の風評を

信じる親戚に事情を言えば、今と同じく激怒し、すぐ

親戚会議を開いただろう。だから親戚に助けを求めて

いない。

親戚会議に立ち会った二人の娘。離婚して僕が育てた

愛すべき娘たちも悲嘆に暮れていた。「パパ、お金を

もらって明日にでも逃げて!生きていれば、また会える

から」

娘に言った。「パパが逃げたなら、世間のウソが本当に

なる。ウソの濡れ衣をお前たちに背負わすことは出来ない。

だから絶対に逃げない」

「逃げなかったら、パパ飢え死にするよ!お願いだから

逃げて!お願い!」

優しい親戚もいて、娘を預かってくれると言った。

それを聞いて安心した。

「親戚の皆さん、迷惑をかけて申し訳ない。

だが僕は真実に生きている。世間の噂がぜんぶ

ウソなんだ。でも皆さんは僕を信じないよね。

ならば僕も皆さんを信じない。お金を持って

帰ってください。お願いします。」

この話しは、作り話じゃあない。本当だ。

親戚は驚いて、どうするのだと聞いた。

「ここで飢え死にします。そうすれば、僕は逃げ

なかったと言う事実が、世間に流布されたウソを

消してくれるでしょう。」

親戚は激怒した。「飢え死にだなんて、なお悪い!

金を持って直ぐ逃げてくれ!」という親戚の想いも

理解した。

「では、親戚の縁を切りましょう。僕は皆さんの

親戚ではないということで。」そういう頑迷な僕の

対応にあきれ返った親戚たち。お金を持って、すご

すごと帰って行った。

途方に暮れて、泣き崩れる可愛い娘たち。なにも

出来ない無能になった悲しい父親。この状況って、

切ないものだよ諸君。

それからどうしたのか、足をヒーリングしたのか、

しなかったのか、また続きを。