唐揚げの骨

先の記事「偽りのイエス」に対応する体験。

むかし、会社を乗っ取られたことがある。

それは、僕の特約店、販売店グループの
120社から、ものの見事に会社のすべてを
乗っ取られて、丸裸になったというおバカな
体験だ。

社長の自分が保証した借金2億円が残った。
返済など出来るわけがない。

それの恐怖心が主要な原因だと思うけれど、
ある日、気が付くと、左足の膝から下が
皮膚がなく、太腿の肉も無く、骨に血管と
神経繊維、筋肉の筋だけが張り付いてあり、
指のつま先は、僅かな肉片が残っていた。
これが、唐揚げの骨の様だったと言う話し。

それを見て、あまりの恐ろしさに気を失った。

すでに保険証も無く、治療費も無いから
病院へは行けない。でも病院へ行けば、
膝から下は、切断されただろう。

気が動転していて、ヒーリングすると言う
想いさえなかった。そこで思案した結果、
トイレットペーパーを一個、足に巻いた。
それでも包帯変りになって、歩くことが
出来たと言う不思議。
しかし、それを交換する時は、痛かった。

ある日、ようやくヒーリングをしようと
思い立った。だが、再生すべく脛の肉が
無いことに気づいて、ヒーリング不能な
状態になった。
仕方なく、いつもの聖霊を呼んだ。
困ったときの神頼みというやつだ。
だが、彼はやってこなかった。

そうか聖霊も見放したんだな。じゃあ、
やはり死のう。死ねば借金も死ぬな(笑) と
泣き笑いした。この時も自殺したけれど、
また生き返った。

死んでも死ねない苦しみ!

人生のすべては、走馬燈の様に脳裏を
走る。自分が育てた特約店と販売店は
みな裕福になったのだ。それが会社を
乗っ取り、120社がウソを世間に流布
したから、再建は絶対にできない。

かつて建築業界のカリスマと呼ばれ、
雪国の救世主と呼ばれた男の末路が
これか!なんと情けない!
生きることは苦だ!死ねないのも苦だ!

この時の日浦の絶叫が聞こえただろうか?
聞こえるわけないな。

続く