神社の秘密

ラーラ北海道のツイッター部ブログは、家にあった

お守りを捨てた、とある。それは良いことだ。

神社やお寺、ネット上でも売られる護符、お守りは、

買わないほうが良いという話しをしよう。

 

新潟にいるころも瞑想教室をやっていたが、スピ遍歴の

多い参加者が多かった。そんな中で、女性週刊誌に取り

上げられたという◯松氏のセミナーに通う夫婦が来た。

そのヒーラーが売るお守りペンダントを持って来たが、

それが30万円だそうな。真鍮に金メッキをしたもので、

何の防御力もない。護符効果なしのものだ。

 

さて、その某ヒーラーは、三峰神社が神聖なパワー

スポットだと言い、そこで立禅とやらをやるそうだ。

30万円のペンダント、訳の分からん立禅など、それは

どうでもいい。三峰神社が売るお札は、山犬の生霊が

入っている。そのようにネットにも書いてある。

そのお札(護符というかお守りと言うか)を持ち帰り、

玄関とか神棚に飾るわけだ。すると、その家に山犬の

生霊が住み着く。

山犬と呼んではいるが、野狐や狼の生霊とか死霊だ。

そんなものを祭ったら不幸になっても、家族が幸福に

なることは無いだろう。お稲荷さんを祭るのも同じだ。

 

以前も指摘したように宗教団体は、信者が不幸になった

方が教団が儲かることを熟知している。信者に不幸が

生じるなら、「あなたの信心が足らない」とか「先祖が

浮かばれていない」などと根拠のないことを言い、

お布施しろと言い寄って、金を吸い取る。

そして、信じる者は騙される。

こうした宗教団体と神社や寺も同じだろう。

建物を維持するため、リピーターを増やすという

名目がある。

 

人を救済するはずの宗教団体が、人を殺す呪詛師を

雇い、信者が不幸になるよう呪いを掛けているという

実話については、このブログでも公開した。


長年、車椅子の世話になっているお母さんを一瞬を

持って、自力で歩かせた日浦。そのお礼がしたいから、

どうしても泊まりに来て欲しいとせがまれ、受講生の

娘さんが車で迎えに来てくれた。途中のサービスエリアに

停車し、僕はトイレに向かった。数十m離れて後ろから

来る二人のひとりはセミナーに参加して、霊眼が開いた。

その彼女は心の中で、叫んでいた。「なんと、大きい

日浦先生のオーラーでしょう!」と。

そして、その招かれた家に着いた。玄関上には、

三峰神社のお札が三枚あった。家の中に入ると、

大きな山犬が三匹いて、家の中を徘徊していた。

もちろん霊的な生き物だ。

山犬は僕を観て、呻きながら後ずさりしていたが、

僕に襲い掛かることが出来ない。家族には飼い犬の

ように懐く面もあるが、所詮は本能丸出しの獣だ。

両足が回復したお母さんの手料理をいただいて、

2泊した。セミナーに参加した娘さんには、お札

(護符)を焼却するよう進言して帰った。

 

それから数か月後、「旦那の意思により、お札は

焼却されていません」というメールが届いた。

そして、彼女は離婚され、家を追いだされる結果に

なり、親権問題に悩まされた。その夫婦が日浦の

セミナーに来たのは、先に見えている離婚の危機を

解消できるかも知れないから参加したという。

セミナー参加において、彼女が霊眼を開いたことも

潜在していた悲劇を加速する結果になった。なぜなら

旦那に憑りついていた悪しきものを見ぬき、見抜かれた

悪しきものが暴挙に出たからだ。

お札、護符、お守り、なんと呼ぼうと、人の念が

籠められたものは、信頼できないものだ。なんと

なれば念を込めた人の邪悪さやエゴやカルマが

付着しているからだ。これが恐ろしいのだ。

解脱を果たした人以外は、善意であれ、悪意であれ、

そのお守りにエゴが籠るから恐ろしいことなのだ。

宗教団体、或いは、ネット販売する護符の中には、

わざと呪いを籠めてあるものもある。

それは事実だ。

 

おまけ

受講した夫婦、そして、セミナーの参加者に邪気の

防御方法を教えた。それを学んで「もう某ヒーラーの

所へは行きません」と言っていながら、僕に内緒で、

再受講をしたそうだ。その夫婦が集合場所の三峰神社に

着いた時、ヒーラーは叫んだと言う。

「なんだ!?それは!?・・・お前たちには、もう術が

かけられないな。帰れ!」そう言ったそうだ。

 

そしてまた、僕の所へ受講しに来て、三峰神社の体験談を

語ったカップル曰く「日浦さんの教えた邪気の防御方法は

凄いです!」と言っていたが、それは、他の受講生たちを

笑わせるブラックユーモアか、単なるあほゆえか。

この某ヒーラーもまた、自分の受講生を霊的に束縛して

いたことを自らばらしてしまったということだ。

つまり、通ってくるように術を掛けているのだ。彼は、

イケメンだ。人当たりも良い。だから人気があるだろう。

外観が内面を表すとは限らない。見掛け倒しという場合も

ある。それでも人は、外見から判断してしまうものだ。


ネット広告をしている東大卒のイケメン?さんの言う

「さあさ 振り込め、振り込め、遠隔ヒーリング料」も

被害者が多い。なぜなら彼は重度な鬱病も患っていて、

それを後の僕の受講生に告白しているのだから。

諸君、重度なうつ病患者が行う遠隔ヒーリングって、

体験してみたいだろうか?

 

イケメンなら、少しくらい騙されてもいいわよん~♪

と考える人も居るかも知れない。だが、彼が行うかも

知れないし、お金をとってもやらないかも知れない

得体の知れない遠隔ヒーリングは、彼のマインドが、

あなたに放射され、鬱病その他になる可能性が大きい。

古くは、富士フィルムの宣伝だっけ?「映るんですよ」

これを転じて、「鬱ルンですよ^^」

 

霊的な実相が観えない人達は、自称の霊能者とか

ヒーラーや宗教などにも騙される。僕は、他者を

非難しているのではない。神社が聖域な場所でなく、

忌まわしい場所であること、またスピ系の詐欺性と

邪悪さの実体を告げているだけだ。誰も騙されたく

ないだろうから。

神社の秘密

むかしの時代、ある人を殺害し、その霊を封印

するために作られた神社の歴史がある。

参拝する人は、それを知らない。殺害されて呪いを

掛けられた霊は、人々から参拝され、崇拝されて

ゆくうちに、自分は神だなどと大きな錯覚をする。

そして、殺されて呪いを掛けられたことも忘れる。

 

2019・1・23日の記事「いにしえの蛇」をみよ。

世界を牛耳る勢力の祖先は、古代エイリアンである。

日本の古代からある出雲大社・大紳神社・諏訪大社

などは、皆さんも知る通り、蛇信仰であり、それらは

太古から人類を惑わし続けている邪神だ。

そこの神主でさえ、どうして蛇を祭っているのかも

知らされていない。

 

神社は、神聖な場所だと人は勘違いをして、そこを

参拝し、願を掛けたり、欲望達成を祈ったりする。

それは、無限数とも言える人々の願掛け、欲望投影の

対象こそ、神社という意識の投影空間なのだ。

エゴを持つ人の欲望や願掛けが神聖なわけもなく、

それら無数の想念が集約されて、ずっと想念の記録が

保持された場所が神社なのだ。だからこそ、神社と

言う建築物に目を向けてはいけない。建築物の神社と

いう対象物に向けられ、そして込められた人の想念は、

恐ろしいものだから、それらが沁み込んだ神社と言う

場所は、危険ゾーンだと知らなければならない。

危険とは、不浄な想念、穢れた想念、破壊的な力を

持つ人の念であり、そこへ参拝に来た人に影響を

与えずにはおかない。それゆえ願掛けに来た人は、

不浄な霊的なものを、お持ち帰り

する人も大勢いる。 

そして多くは、より不幸になってゆく。だから

神社やお寺が、神聖なパワースポットだなどと

考えるのは、大きな大きな間違いなのだ。

また神社巡りを推奨する誰かさんは、危ない人だ。

 

負の真理

神社などは危ない場所だという反面、大きな

パワースポットでは在りえる。

それは、巨大な負のエネルギーを放射する

エゴ空間のパワースポットとしてである。

 

100歩を譲って、聖域というパワースポットは

存在すると仮定しよう。

だが、その聖域に無限数のエゴ・欲望が集まれば、

聖域のエネルギーは破壊され、強大なエゴのエネ

ルギーを放射する恐ろしい磁場と化すのだ。

お分かりかな?

霊的な眼を開いて、神社仏閣を観なさい。

そうすれば、参拝しようなどと言う想いは、

消えて無くなるだろう。