紫蓮さん

【下記は、転載・流用を禁じます】

元スタッフの長野が語る紫蓮さん。

紫蓮さんとは、10年来のお付き合いですが、

長野が知る紫蓮さんは、嘘は言いません。

お世辞さえ言いません。いつも真実しか語ら

ない人です。

妄想的とか、虚言はなく、ファンタジーのような

話もしません。受講生へのアドバイスは、常に

現実的で、地に足がついたアドバイスです。

私の周りの人間が、紫蓮さんの超越能力に感服し、

教えを請いたいと、お願いをしても講師として

教えることはなかったです。今までも様々な人や

団体から、その特別な能力を求められ、幾度かの

勧誘を受けても動かなかった人です。

紫蓮さんが講師を引き受けたのは日浦師匠だけです。

私も過去において、紫蓮さんが講師として人前に

立ち、ご自身の認識をありのままを話しする姿を

見たことがないのです。

先日のセミナーでは、ホワイトボードの前に立ち、

解説を行う紫蓮さんのお姿を見た時、改めて驚いた

次第です。

その紫蓮さんご自身が語ったように「今までも、

この先も私を理解してくださるのは、この日浦さん

しかいません。」この意味深な言葉に表れている。

 

 紫蓮さんが言われたこと。「日浦さんは、行く

先々において、出会う他者を解放へ導いています。

それは、必ずしも真理の話しをするわけではあり

ません。知らない人であっても、何の会話もない

まま、ご自分の中に相手の魂を抱え込み、或いは、

パワーを注ぎ込み、他者を解放しているのです。

そのお姿は、たとえ話に出てくる菩薩のようです。

出会う人々を無言のまま救済しておられるのです。

しかし悟った他の人たちは、そうではありません。

魂を解放する力を持っていないのです。にもかかわらず

この日浦さんは、他者を解放することの出来る稀な

存在です。日浦さんが人と出会い、その人を解放に

導くたびに、他の魂を抱え込むたびに、ご自身の

最終解脱へのリスクが高まるのです。それを切り

捨てれば、たやすいですが、切り捨てないのが

この日浦さんです。」とおっしゃっていた。

 

ある日のセミナーにおいて、紫蓮さんが語られた言葉。

「皆さん、いま現在の日浦さんが、どれだけの魂を

抱え込んでおられるか、知っていますか?それは、

驚くほど大量です。他者の魂を抱え込める存在は、

この日浦さんだけなのです。」と。 

 

紫蓮さんからの師匠への告知の数々は、師匠が自己

認識しているが、他者には話さないことが沢山ある

といった。それは他者が理解できないこと、他人が

確認しようがない師匠の過去世など。師匠が他者に

言わないことも事実は事実だと、自己の本性を認める

よう紫蓮さんから促されていたのです。

紫蓮さんからの告知を聞くたび、師匠は、こう思った

そうです。
「この人は、ウソをつく人ではないけれど、少しの

妄想癖があるのだろうか?」と。すると、即座に

紫蓮さんのお言葉。

「そうやって、言訳をして、いつもご自分を誤魔化

してこられたんですね」とか、「もうこれ以上、

ご自分を ごまかさないでください。」というように。

 

長野が師匠と出会ったころ、師匠は、お釈迦様が

どうやって、人々を解脱に導いていたのかを語って

くれた。それは、仏典のブッダ像と違うと言うこと。

釈迦の教えとして残されている仏典が偽りだと語って

いた。仏典は後の世の人が作り上げた推論の学問に

過ぎないのだと。

あの時代、仏陀の教えと組織は、人々をマーヤの

世界から解放するための真の宗教だったという。

本物の宗教という、素晴らしいものであったと。

師匠は、実像としてのブッダを知りながら、誰にも

明かさなかったのは、仏典を信じる人は師匠の言う

ことを信じないからだと言った。

師匠の語るブッダ像が真実であることを、それから

半年後、紫蓮さんの告知によって明らかになった。

その告知とは、記事の「ゴーダマ仏陀のサブ」に

書いた通り。


日浦師匠は、紫蓮さんが聖者を超えた存在である

ことを、究極の究極に到達した稀有な存在である

ことを、長野に語ってくださいました。そのことを

師匠自身が認識できるから、紫蓮さんが、ラナマ

マハルシさんを超えて、より高い究極に到達して

いることも明るみになったのです。

そのことを証言された紫蓮さんのお言葉は、

「私は、初めて日浦さんにお会いした時から、

数か月をかけて、自らの悟りの境地に絶対の確信を

持つことができました。それは、日浦さんのお陰です。」

そうおっしゃっていました。

そしてまた、

「今までも、この先も私を理解してくださるのは、

この日浦さんしかいません。」このような意味深な

言葉も幾度か聞いた長野です。