至高の紫蓮さん

【無断転載流用を禁ず】

ラーラ・ジャパンの元スタッフであった長野君の

残した手記には、紫蓮さんと日浦との出会いが

書かれてある。

 「わたし長野は、紫蓮さんとは10数年来の

お付き合いですが、紫蓮さんは嘘を決して

言いません。お世辞も言いません。真実しか

語らない人です。妄想や虚言はなく、受講生

へのアドバイスは常に現実的で、地に足が

ついたアドバイスです。

わたし長野が日浦師匠と出会う前のこと。

周りの人間が紫蓮さんの人柄と超越能力に

感服し、教えを請いたいと、お願いしても

講師として教えることはなかったのです。

今までにも様々な人や団体から紫蓮さんの

特別な能力を求められて、幾度かの勧誘を

受けても頑として動かなかった人です。

 

紫蓮さんが講師を引き受けたのは、ひとり

日浦師匠だけです。過去において紫蓮さんが

講師として人前に立ち、ご自身の認識をあり

のままに話しする姿を見たことがないのです。

先日セミナーで、ホワイトボードの前に立ち

解説を行う紫蓮さんのお姿を見た時、改めて

驚いた次第です。そんな紫蓮さんが語った、

「今までも、この先も私を理解してくださる

のは、この日浦さんしかいません。」という

意味深な言葉に表れているのです。

 

紫蓮さんからの師匠への告知の数々は、師匠が

自己認識しているが、他者に話さないことがある

という。それは、他者が理解できないこと他人が

確認することの出来ないこと、師匠の過去世など

であった。

師匠自身が他者に言わないことも事実は事実だと、

自己の本性を認めるようにと、紫蓮さんに促されて

いたのです。紫蓮さんから、驚くべき様々な告知を

聞くたび、それは例えば、「日浦さん、あなたは、

ゴーダマ仏陀(お釈迦様)のサブを務めた方であり、

真に人を導くことの出来る人です。」と告知された

時など、日浦師匠は、このように思ったそうです。


「この紫蓮さんは、決してウソをつく人ではない

けれど、少し妄想癖があるのだろうか?」と。

すると即座に紫蓮さんのお言葉、「そう言訳をして、

ご自分の本性を誤魔化してこられたんですね」とか

「これ以上、ご自分を誤魔化さないでくださいね」と

いうように、幾度も師匠の自覚を促されたのです。

  

紫蓮さんが言われたこと。「日浦さんは行く先々に

おいて出会う人を解放へ導いています。必ずしも

真理の話しをするわけではありません。会話もない

まま、ご自分の中に相手の魂を抱え込み、または

パワーを注ぎ込み、他者を解放しているのです。

そのお姿は、たとえ話に出てくる菩薩のようです。

出会う人々を無言のまま救済しておられるのですから。

悟った他の人たちは、そうではありませんよ。

真理の話しをすることはあれど、他の魂を解放

する力を持ってはいないのです。せいぜい人の

カルマを軽減したり病気を治してあげたりする

だけです。魂の解放は、大きな力を必要とし、

誰にも簡単なことではないのです。

にもかかわらず、到達した日浦さんは、他者の

魂を解放することの出来る稀な存在なのです。

日浦さんが人と出会い、人を解放に導くたびに

他の魂をご自分の中に抱え込むたび、ご自身の

最終解脱へのリスクが高まるのです。それを切り

捨てれば、最終解脱はたやすいのですが、それを

切り捨てないのがこの日浦さんです。」

とおっしゃっていた。

 

あるセミナーにおいて、紫蓮さんが語られた言葉。

「皆さん、いま現在の日浦さんが、どれだけの魂を

ご自分の中に抱え込んでおられるか知っていますか?

それは、驚くほど大量です。このように膨大な数の

魂を抱え込める存在は、この日浦さんだけです。

多くの魂を抱え込みながら、平然としていられる

日浦さんは、ただ存在するだけで奇跡なのです」と。 

 

長野が日浦師匠と出会った頃、それは日浦師匠が

紫蓮さんと出会う前ですが、師匠は、お釈迦様が

どうやって人々を解脱に導いていたのかを語って

くれました。そして、仏典類は後世の人々が作り

上げた推論集に過ぎないと言いました。

師匠は語った。「あの時代、仏陀の教えと組織は、

人々をマーヤの世界から解放する真の宗教だった。

本物の宗教という、素晴らしいものであった。

しかしながら現代は、真の宗教が存在しない。

これこそ仏陀が未来を観て、わが亡き後の時代は、

末法の姿なりと語った通りである」そのように

師匠は語ってくれたのです。

 

師匠は、実像の仏陀を知りながら誰にも明かさな

かったのは、仏典を信じる人は日浦の言うことを

信じないからだと言いました。しかし師匠の語る

ブッダ像が真実であることが、それから半年後、

紫蓮さんの衝撃的な告知によって明らかになった

のです。その告知内容は、記事「ゴーダマ仏陀の

サブ」に書かれた通りです。


そしてまた、紫蓮さんが聖者を超えて究極に到達

した稀有な存在であることを、紫蓮さんと長野に

語ってくれた日浦師匠でした。その一部分として

師匠の言葉です。

「紫蓮さんは、人でありながら人を超えていて、

幼少期から何も食べず眠りも必要とせず、呼吸も

必要としない稀な人。何の修練も必要とせず真我

の奥深くに到達している稀な人。宇宙間に生じる

様々なことを瞬時に知ることができる存在。生類

の全過去世の記録をほぼ瞬時に知ることができる

恐るべき知性の人。彼女の素晴らしさ凄さは語り

つくせない。

このような偉大な存在が、この地上におられた

ことの驚き。しかも、この日本におられ、更には

日浦の居住地から歩いて訪ねゆくことができる

距離におられた驚きと喜びは、何にも替え難い。

紫蓮さんに出会えた瞬間、日浦が体験した激苦

すべてが消え去った。そしてまた、地元の新潟

から西新宿へ来たのは、紫蓮さんに出会うため

引き寄せられた運命だったと知った。

それは、小学一年の自問「わたしは誰か?」の

問いに対する最終回答者であり、また最終告知

するその人で在られた。」などなど。それを師匠が

認識できるからこそ、紫蓮さんがラナマ・マハルシ

さんその他を超えて、より高い真理に到達している

ことも日浦師匠によって、明るみになったのです。

そのことを紫蓮さんが日浦師匠からお聞きして、

それが事実であると証言された紫蓮さんのお言葉は、

「私は、日浦さんにお会いした時から自らの悟りの

境地に絶対の確信を持つことができました。それは、

この日浦さんのお陰なのです。」という言葉も幾度か

聞いた長野です。二人が出会い、お互いが触発された

から、二人の自覚が再認識されたのです。

地球の歴史に現れなかった高い境地のお二人が、現代

において出会ったというのも奇跡だと言うことです。

日浦の化身である黄金の鷲

あるとき、日浦師匠が手作りしたイーグルの

ジュリーを見せたとき、紫蓮さんの口から

驚くべき言葉が発せられたのです。

「これは、日浦さんご自身の化身である黄金の

大鷲シンボルですね。」と言ったのです。

長野は、「シンボル」とか、「化身」とかは、

どのような意味ですか?」ときくと、紫蓮さん

いわく、「羽は人びとを自由へと解放する力の

象徴です。自由へ解き放つ力という強大な力の

存在のシンボルです。あまたの魂たちを救済する

強大な解放のパワーの象徴が大翼です。それは、

日浦さんそのもののように思います。

以前、日浦さんが巨大な黄金の大翼を持つ方だと

言ったのは、あまたの魂を自由へ解放する存在、

その力そのものが、日浦さんの魂の本性である

ということなのです。

このような広大な黄金の大翼を持っておられる

存在は、人類史上に誰もいないでしょう。

但し、翼を持とうとした僅かな痕跡はありますが

誰も成功していません。この日浦さんを除いては。

日浦さんの持つ大翼は、プラチナ、白金、白銀、

黄金色彩をそれぞれ持ちながら、それがひとつ

になりする稀有なものです。それは巨大なる力、

破格なる桁違いパワーの象徴・シンボルです。

このような比類なき巨大な力の存在が人として

地上に存在するだけで、地球史が始まって以来の

奇跡です。日浦さんは、人類に対する特別な恩寵を

与える存在です」そうおっしゃった紫蓮さんです。 

 

このように日浦師匠についての精密なる描写が

できる存在は、あまたの聖者を超えた至高なる

紫蓮さんゆえだと日浦師匠はおっしゃいました。

 

紫蓮さんが描写した日浦師匠の比類なき力は、

過去の宗教史に在りませんよね。このような

話しは作り話でなく、紫蓮さんも日浦師匠も

現に人の身体を持っているのです。

 

皆さんが知らずとも、数百万年もの転生を繰り

返している中で、ただの一度たりとも出会った

ことのない比類なき二つの解放の光りが地上に

現れたのです。ラーラジャパンのセミナーに

参加することで、このような稀有な光りを浴びる

ことが出来るのです。