防御シールドを備える存在

【下記は、転載・流用を禁じます】

元スタッフの長野君が

紫蓮さんに質問した数々の一つ。

 

長野:紫蓮さんは、日浦師匠と初めて

お会いした時、どのように感じたのですか?

紫蓮さん:最初の出会いにおいて、

目の前に現れた日浦さんを見たとき、

わたしは大いに驚き、固まったのです。

長野:何に驚いたのですか?

紫蓮さん:まずは、桁違いの力、

破天荒な大きさのオーラーです。

長野:世間でいうオーラーとは何ですか?

紫蓮さん:オーラーは、力の象徴であり、

パワーの大きさを言うのです。

今までも様々な方と会う中で、もの凄い

パワーの持ち主にも会いました。

でも日浦さんのパワーは、それらとは

桁違いです。破格の規格外です。

他に比類なき解放の力それ自体です。

日浦さんのような、もの凄いパワーの

持ち主が存在することなど、想像もして

いませんでした。

長野:桁違いを説明してください。

紫蓮さん:一般的に大き目のオーラーの

持ち主でさえ、体の中心線から半径50㎝に

収まります。それが輝いていたり、

人によっては、オーラーは無い人もいて、

黒煙のような濁りくすんだ人もいます。

身体を覆い隠すような靄状のオーラーも

あります。

しかし日浦さんのオーラーは、とてつもない

大きさで、このお店を突き抜けています。

オーラーの半径は、数十メートルあります。

しかも、ご自身を隠すための特別な防御

シールドを備えていますが、その驚愕すべき

奇跡の防御シールドを観ても固まったのです。

その防御シールドは、聖なる霊的な生き物です。

しかも複数体です。

そのような特殊シールドを有する存在は、

これもまた地球史上初の存在です。

長野:それが本当なら、本当のことだと

信じますが、言葉を失いそうです。

長野:オーラーの大きさを数値化すると

どれくらいですか?

紫蓮さん:その防御シールドを突き抜ける

オーラーが、半径20mだったり、半径50m

だったりします。

半径50㎝と半径50mの違い。

直径1mと直径100mの違い。

しかしながら、もし日浦さんが、

この防御シールドを外したなら、

そのオーラーの大きさ、広がりは、

計り知れません。

このような巨大なオーラーの持ち主は、

地上の歴史上におりません。

ですから、わたしが大いに驚いて、

固まったのは、無理ないのです。

長野:凄すぎます!ところで紫蓮さん、

地球史上において誰もが持ちえない

特殊な防御シールドってなんですか?

・・・

法華経の中に、仏教集団を守護したと

言われる八大龍王とか、ナーガと呼ばれる

霊的な存在が描かれていて、それらを

崇拝する者がいる。

その崇拝される霊的な存在が日浦の身体

周囲にとぐろを巻いて、死守している。

これ最強の守り。

他にも守護する屈強の霊的存在がいる。

その彼らに生命と強大なパワーを与えて

いるのは、他ならない日浦自身。

比類なき力・比類なきパワーの存在。

それは、あまたの魂を解放する者。

それはまた、太古の時代から、

あまたの魂を束縛してきた強大なる力の

存在がある。それらを破壊して、

あまたの魂達に自由を与える存在。

それが前代未聞の防御シールドを

備えるという意味。