出会い5神々の末裔

【無断転載流用を禁ず】

遥か太古の地球では、人類を支配する高度な

知性と高度なテクノロジーを持つ神々が地上を

闊歩した。神々の末裔は、現代も地上にいる。

そして、現代も人類を支配下に置いている。

それを世間は知らないだけ。

エジプト文明の遺跡に頭長人類の頭蓋骨があり、

ロシア、中国でも発見されているが、どんぐり

形の頭蓋骨は、人間の大脳とは異なる特殊構造

ゆえに長いのだと紫蓮さんは語った。

考古学者?の中には、頭蓋骨を締め付けて矯正した

という人もいる。だが、その説は、中国の纏足

(てんそく)を真似た発想ではないか。

また謎に満ちたピラミッドの建設は、どのように

して行われたのか。神々の末裔である彼らは空気を

用いて、大きな岩が鏡面研磨の状態に切断された。

それらの巨石は最終的に浮力を用いて軽々と組み

立てられたことなど、誰も知り得ないことを明かして

くださった紫蓮さん。巨石を軽々と空中浮上させる

原理は、古代ヨーガの修練方法にも示されている。

だから、ピラミッドの巨石を空中浮上させたと言う

紫蓮さんの説明は、筋が通るのだ。

頭長種族は、古代エイリアンの神々の末裔であり、

人類の知性を凌駕してなおも余りある。見た目は普通

の人間だ。ネット上に語られるグレイとか爬虫類型の

人間は、デタラメ情報に過ぎない。それを知ることの

出来る人は、紫蓮さんだけだ。

人の知性を超えた神々と戦い続けた孤高の彼が現代の

地上に生まれるのは、束縛された魂を解放するためだ。

単に彼は下生するのではない。大量の魂を自分の中に

抱え込み、そのまま人に下生するという誰もできない

離れ業を為す。人に生まれ、自分の人生の中で抱えた

1千個の魂達のカルマを破壊するなど、誰も為し得ない

狂気の荒業だ。後のセミナーで紫蓮さんが語ったこと、

「他者の魂を自らに抱え込み、解脱できる存在は日浦

さんの他に誰もいません」と。また「自分の中に大量

の魂を抱え込むこと自体が想像を絶する苦悩です」と

おっしゃった。

「遥かな遠い過去、他者を抱え込んでの解脱を試みた

存在が唯ひとりいましたが。」とおっしゃった紫蓮さん。

それが誰か、成功したか失敗したか、日浦は問わなかった。

日浦が地上に生まれた意味は、さまざま在れど、エイリアン

との地上戦があり、天界においても戦いが起る。それは、

日浦が勝利するからこそ生じる最終戦争なのだ。

その時は、概ね10年後であるだろう。