出会いの3

【下記は、転載・流用を禁じます】

「では、僕の過去世が分かりますか?」

と聞いたら、

「はい、分かります。眼下には白い雲が

たなびいています。そこは、インド、

チベット、ヒマラヤ、中国などの高い

山頂です。<以下略>」

なんと、僕の過去世を正確に描写した人は、

この彼女だけだ。このような告知をした彼女は、

嬉しそうな表情になった。

このとき日浦は知った。

この女性は、真に解脱した存在なのだ!

このような偉大な魂を持つ人が、日本に

おられたことの驚き。

ディスカヴァージャパン!違うか(笑)

ならば、もう一つ聞いてみよう。

「僕は、自分を解脱させた後、

少なくとも、国内では、10人を

解脱させたいのです。」

そのように語った自分の想いが、

どこから生じているのか知っていた。

それは、遠い過去世から抱いてきた自分の

本性のようなもの、願いだったのだ。

彼女は続けて語った。

「まあ!ひとり解脱することも凄いことです。

解脱すること、それは本当に凄いことですよ。

それを10人も・・・

それは、素晴らしいことです!」

と喜んでくれた。

この人は、解脱の意味を知っているという

僕の驚きが再び湧いた。

この初回の出会いだったのか、それとも後日の

再開の時だったのかを忘れたが、次のような

言葉が発せられた。

「日浦さん、あなたが解脱を与える人は、

たかが10人ばかりじゃあないのですよ。」と。

その意外な言葉に僕は面食らった。そして、

その深い意味を知るのは、半年後だった。

この女性は、日浦の本質を知っている!?

この僕がよく知らないことを?

じゃあ もう一つ聞いてみようか。

「ラナマ・マハルシという人は、どういう人か

分かりますか?」と。この女性が知るわけのない

人について聞いてみた。すると彼女の口から出た

言葉は、「はい、真我を体現した人で、白い牛と

一緒にいます。あ、牛も解脱していますね。

牛は、すごい眼力です」という事実の答えが

帰って来た!

このように日浦は、凡ゆる質問をした。

全部即答。全問正解。この人は、裕福層だけれど、

買い物にさえ出掛けたことがない。

何も欲しないから。

本もテレビも見ない。インターネットなど

必要がない人だ。

幼少から食べず、飲まず、眠りさえ必要と

せず、呼吸さえも超越している凄い人だ。

このような偉大な存在が、本当に日本に

おられたことの驚きと共に巡り会えたことの

喜びが込み上げた。

よ〜し、もう一つ聞こう(笑)

「あなたのような高く深い悟りに

達した人は、日本にいるのですか?」

「いいえ、おりません。」

そのように静かに即答された彼女の言葉は、

真実そのものだった。

でもなぜ、真実だと分かるのか。例えば、

究極に到達した者だけが、究極を知り得るように、

真実に到達した人だけが真実を知り、

真実を語り得る。究極に到達した人のみが、

真実のスピリチュアル世界や宗教を語り得る

ものだから。

だがしかし、詐欺師の方が、はるかに多弁、

しかも弁舌さわやかなものだ。

この人は、偉大と言う賞賛の言葉を超えて

おられる。見た目は人間の女性であるが、

内面は、真我なのだ!その人格、能力を

描写できない凄い人。

他人の三世(過去 現在 未来)を正確無比に

見透す真実の人。宇宙のあらゆる事象の

質問に即答ができた人、真我を悟った

ラナマ・マハルシさんと同じ真我に在り

ながら、彼よりも、もっともっと深いのだ!

驚きだ!

この人は、日本に唯ひとりの真我なのだ。

この人に問えば、なんでも即答してくださる。

よ〜し、もう一つ聞こう。遠慮しないからね。

「来年1月から、ヒーリングセミナーを予定して

いますが、講師を務めてもらえますか?」

この問いは、元スタッフの心配事だった。

この出会いによって、彼女が断るか、日浦が

断るか、という元スタッフの心配があったのだ。

しかし、すぐさま彼女の返事があった。

「はい、喜んで。」

その返事を聞いた元スタッフは驚いた。彼女は

様々な団体から、お呼びがかかるけれど、

オッケーしたことは無いと。

 

このような稀有な魂同志の出会いは、地球の歴史が

始まってから、一度たりとも実現したことのない

奇跡の奇跡だったと言うことを、後に知ることになる。

 

日本に唯ひとりの真我