ファンタジー仏教

【下記は、無断転載・流用を禁ず】

父の兄弟は、11人いて、母の兄弟は、9人いた。

子供の頃から親戚の葬儀が多かったと思う。

葬儀は、坊さんを呼んで、経を読み、酒と食事を

ふるまう。

「お坊さん、人が死ぬと、魂は残るの?」

別の葬儀では、「人が死ぬと、どこへ行くの?」

或いは、「死後の魂は、どこへ行くの?」という

質問をした。必ず。

いろんな坊さんがいう共通の言葉は、

死後の世界はない。魂もない。だからあの世もない。

だから死んで再び生まれることも無い。というもの。

「ふーん、じゃあ、なぜ戒名なんかつけるの?」

「うるさいな!お前は、あっちへいけ!」

「はいはい(笑)」お坊さんと言うのは、矛盾した

生き物なんだなあ。。。

 

高校生になったころ、岩波文庫のスッタ二パーターを

読んだ。心震わせる素晴らしい文言があり、それが

仏陀の教えだとする説明が、ウソだと思った。

仏陀を知らない作者の詩だと知った。なぜ、それが

分かるのか?との疑問もあった。

 

仏陀入滅後、約100年を経てから、第一回の集結があり、

そこには、500人が参加したと言う仏教。電話もメールも

ない時代において、インド全土に散らばった100年後の

弟子たちをどうして集めることが出来たのか?住所録が

あぅったのか?そんなものあるわけもない。

なぞなぞ仏教史では、結集においては、仏陀の教えを

確認したけれど、その記録は仏典として残さなかったと

いう仏教史であるが、なぜ教えの記録を残さなかったと

言いきれるのか?それは、単なる憶測ではないのか?

二度目の集結もあったと学者はいうけれど、その年代が

不明の様子。

ファンタジーとしての仏典が最初に現れたのは、パーリー

(仏典)であり、それが仏陀の滅後、300年とか500年とも

言われているが、学者によって食い違う。つまりパーリが

書かれた年代が不明であることを踏まえながら、それを

仏陀の弟子達が書いた、と言うは、まともな思考ではない。

またパーリとは、どこの国であるのかも分からないという。

それでもなお、仏陀の弟子が書いた経典だと云うスタンスを

取っている。実に、あほらしいことではあるが、そうしないと

仏典はなんら信頼性が無いことになるからだ。

では、仏教者に聞きたい。

仏陀の入滅後、その弟子たちは頑張って300年とか500年も

生きながらえて、やっとこさの思いでパーリという経文を

書いたなどと、学者は言ってはいないが、弟子が書いたと

言い張るのは、やはり300年から500年も仏陀の弟子たちが

生きながらえて書いた、ということを暗示している。

 

ばかばかしい。300年とか500年も人が生きるわけがない。

当時の仏陀の教えを聞いた人は、誰もいないのだ。

しかし人はみな、仏教を語る。しかも仏陀はこう言った

などと、当時を知る者の如くに断定的な言い方をする。

そのような断定こそ、異常な思考なのだ。

武田邦彦の仏教、苫米地の仏教、オウムの麻原の仏教、

大川隆法の仏教、スサマーラ長老の仏教などなど、

みなが異なる仏説を語る。彼らの誰が語る仏教もみな、

これ、ファンタジー仏教なりと我は言うなり。

なぜか、

作者知らずの疑似仏典に依らず、ゴーダマ仏陀その人と共に

真理を語り、ゴーダマ仏陀と同じ悟りを得た者、その彼こそ、

真実の仏教を語る者だ。その彼曰く、南伝も北伝も、多くの

手垢にまみれた仏陀の論考集に過ぎないのだと。

 

しかし真実の仏教を求める人よ、安心したまえ。

実像のゴーダマ仏陀に出会うという「ゴーダマ仏陀出会いの

ツアー」を開催する。それは、「ラーラ・ジャパン」の

企画によって。