十字架のイエス

【下記は、転載・流用を禁じます】

人類の三分の一は、キリスト教徒だと言うのは、

キリスト教だ。それが事実かどうか、どうでもいい。

アメリカ人の約6割がキリスト教徒だと言う。

この数字もどうでもいい。

日本のキリスト教徒、アメリカのキリスト

教徒には、仏陀を評価しない人が多い。

それゆえにキリスト教を信じるか。それも

どうでもいい。

どうでもいいキリスト教の不思議を聞いてもらおう。

ゴーダマブッタは、80歳まで長生きして、

天寿を全うしたから救世主じゃあない、という

不思議なクリスチャンが大勢いることを。

3年の遊説のすえ、十字架にかけられ、磔に

処されたのは、救世主を証明するゆえの

迫害だと言うのだ。

開いた口がふさがらない。

聖書の作者たちは、賢くなかったことが

聖書の矛盾に現れている。

その一つ、十字架のイエスが叫んだという

有名な言葉。「わが神、わが神、なぜわたしを

お見捨てになったのですか」という情けない

救世主の叫び。マタイ伝とマルコ伝。

「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」

これがルカの福音書。

「成し遂げられた」は、ヨハネの福音書。

仮にも日浦が聖書の作者なら、三者の異なる

言葉を聖書に残さない。君とてそうだろう。

ものの見方は、多様性がある。

広大なインド全土の三分の一を、改宗させた

ゴーダマ仏陀の業績は、数千の解脱者をも

排出させた。誰も解脱させなかったイエスの

足跡を軽く凌駕して余りある。

これが事実だ。

「イエスキリストは、小物だったね」

というと、

「そうです。聖者はみな小さいです」と

おっしゃった紫蓮さん。

イエスキリストは、歴史が作ったスーパー

スターだと、われは言うなり。

キリスト教が絶対に正しい、と主張する人なら、

イスラム圏へ行き、十字架にかけられる死に方を

見せてほしいもの。無理だろうね。