君も生命ロボット

【下記は無断転載・流用を禁ず】

 先の記事「人は、知的生命ロボット」に加筆しよう。

巨大化した身体は、身体それ自体に生命は無かった。

神経組織を流れる電気的エネルギーこそ、人の身体に

宿る生命だと勘違いして呼ぶものの正体だ。そして、

電気的エネルギーを発生させるものがあり、それが生命を

超えたものだと言うこと。

ここまでの論点は、

身体は、生命をもっておらず、いつも死体状態にあること。

これを最初に知覚したのは、夕食を食べている子供のとき

だった。理解できなかったのも無理はない。

神経の電気的エネルギーによって、いわば死体が生きた物の

如くに動く、喋る、考える、眠る、ということ。また身体は

個体物ではなく、それ自体エネルギーの渦巻きみたいなもの。

それを肉眼を通して見ると、個体物に見えているだけ。事実は

身体も個体物ではありえない。

では、考えたり、悩んだりする思考は、どこから派生するのか。

脳を観ると、それが分かる。やはり電気的エネルギーが流れて

いるが、脳内部もまた、色とりどりの火花が咲く。それもまた、

とても美しい。恐らくは、リンという物質が脳内に光りを生み、

それが脳内に視覚をもたらすのだ。見るための照明のように。

思考といい、心といい、感情その他がどのように派生するのか。

これがロボットの、いわゆるプログラムに該当する。

脳と五感は、神経組織の結合状態だから、五感とは脳の出先

機関のようなもの。つまり、人の五感も脳である。五感が知覚

したこと、それが思考の基礎になっている。外部情報への感覚

反応が、われ思うゆえの「あなた」だ。

誰もが認めるひとつの事実がある。

それは、「人に記憶がある」ということ。記憶なくしては、

なにも認知できない。考えることも出来ない。それゆえ人は、

記憶と感覚反応の結合が生じ、そこに無いものが生じる。

それらの思考、心、感覚反応は物質であった。そして身体は

自分ではなかった。自分ではない身体から派生する諸々の思考

もまた、自分自身ではないのではないか。しかし人は誰もが、

身体が自分であり、心が自分だと言うだろう。そう思うことは

出来る。思うことが真実とは限らない。

なぜ死体の中に思考が生じるのか。そこには、意志ある電気的

エネルギーが介入するからだ。

結論

身体と心は、断じて、あなたじゃあない。不可視な電気的

エネルギーそのもの、それを放つ何者かが本当のあなただ。

それを知覚するまでは、あなたは、有機体の生命ロボットだ。

ロボットの語ることに何の意義があるだろう。ロボットの

まま生きる人生に何の価値があるのか。

生命ロボットは、終わらなければ、自己に戻れない。これが

遠い時代から世界が見失ったひとつ「真実の自己の知識」。