間違った仏教

【下記は、転載・流用を禁じます】

書店へ行った時、本のカバーに「魂など無い!」

という文言がありました。

テーラワーダ教会のスサマーラ長老の書でした。

しかし、スサマーラ長老。あなたも輪廻して

いるのですよ。それを知らないと?

「悟りとは、自己の魂を知覚することです」

それゆえ、魂の存在を否定していること自体が

悟っていない自分を公言しているのです。

ご苦労さん!

すべての仏教徒が彼のようではないと思うけれど、

作者しらずの仏典を信じる人は、魂、神、輪廻を

否定する立場にいるでしょう。このような仏教は、

ゴーダマ仏陀の真実の教えが直接伝わっていない

ためです。

スサマーラ長老という人物は、「テーラワーダ仏教

こそが唯一正しい教えだ」と主張し、「真理を知り

たければ、自分達が教える釈迦尊の説かれることを

自ら実践する以外方法がない」と排他的、独善的主

張をする。

おお、スサマーラ長老よ、実像としてのゴーダマ

仏陀を直接、あなたは聴聞したのだろうか?

「お釈迦様の話を聞こうとするならば、固定概念を

一旦捨てて、はじめて全く新しい何かを聞くような

気持ちで聞いた方が理解しやすい」と言っているが

マインドコントロールのカルト教団と同じ言い分で

はないか。「釈迦に従え」という支配的な表現は、

あたかもナチス・ヒットラーを彷彿させる。

さらに「お医者さまが居れば居るほど、人は病気を

治す力を失います。医学が発展すればするほど、

人間が自分で病気を治そうという気持ちがなくなって、

堕落してしまうのです。ですから、ちょっとしたことで

病気になるのです。」などと近代医学を軽視している。

彼の主張には、エホバの証人・王国会館のように

明らかなカルト的思考が見て取れます。

実際のヴィパッサナー瞑想を行っている人の多くは、

安定した瞑想の境地に入れないと、ノイローゼに

かかる人が多い。

スサマーラ長老の発言も正しい部分がある。それは、

ヴィパッサナー瞑想の目的は思考を停止することと

言っている。それは正しい。

それに対する問いは、「あなた自身は思考停止を体現

しておられるのですか?となるだろう。

ゴーダマ仏陀をカルト教祖のごとく見せかけること。

それ自体が仏教にそぐいません。

実像のゴーダマ仏陀を知らない人達は、仏教をかくも

醜いものに貶めている。