ゴーダマ仏陀のサブ

【下記は、転載・流用を禁じます】

ある日のファミレスにおいて、

「僕は、誰かの霊的系統に属していますか?」

そのようにお聞きした。

 

すると、着物の袖をあげて、テーブルに肘をつけて、

手のひらに顎を乗せた。そして、なんと両足を隣の

テーブルに上げたのだ!?

あのう~良家の奥様~、、、、、!

 

いや、紫蓮さんは、仏陀の涅槃姿を示されたのだ。

姿勢を戻しながら、「 白い 大きい 」の不明な

言葉があり、「日浦さんは、ゴーダマ仏陀のサブ、

代理人、代弁者を勤めました。」との告知。

「但し、地上におけるブッダの教団が過去にあって、

実在の天界における仏陀の教団が現在もあります。

そのどちらであったか、ご自分が思い出すでしょう。」

これは、禅問答と同じだった。

 

インドの時代なのか、それとも実在の天界における

ブッダの教団か、そのどちらであろうと仏陀とその

教えを良く知っていることに違いはない。

 

その日、5時間ほどの会話をした。録音していないが、

凄い情報ばかりであって、受け入れられないことも

幾つかありながら、それらの告知を否定することも

出来ないのだった。

つい沸き起こる想念、「重すぎる!」

 

ファミレスを出たところで、お別れの挨拶をすると、

「駅までお送りします。」という。

「自分で帰れるからさ。ここで、お別れしましょう。」

紫蓮さん微笑みながら「いいえ、お送りします。」

駅までの途中、

「日浦さん、あなたは人を導く力がある方です。」

そう言った。まだ何かを言い足らなかったのだろうが、

それを語らないまま渋谷駅まで歩いた。

 

「じゃあ、今日はこれでね、有り難う。」

改札を抜けようとしたその時、紫蓮さんは叫ぶが如く、

こう告げた。

「日浦さん! あなたの想いは、ゴーダマ仏陀の想いと

同じなんですよ。あなたが語る言葉は、仏陀の言葉と

同じですからね。」と。

ああ、、、そのことを今日の最後に言いたかったのか!

帰りの電車の中、偉大なるゴーダマ仏陀その心中を、

われ想いて、大いに涙腺ゆるむなり。

この日浦が、実像としてのゴーダマ仏陀のサブリーダー

であったと宣言しても、いったい、どこの誰が信じる

と言うのだろう。