唯ひとり

【下記は転載・流用を禁じます】

 

この方は、見かけは、ごく普通の和服姿が似合う良家の

奥様で在られるが、その内実、偉大という言葉を超えた

偉大なる稀有な人であられる。そのことを知る日浦は、

いったい何者ぞ。

なぜ、このような偉大な人が日本におられ、日浦と

出会ったのか、今日の花見は、どのような意味がある

のだろうか。時に無言のまま歩き、時に紫蓮さんから

ぽつぽつよ告知が語られた。

 

この偉大な人との出会いは、2015年6月初旬だった。

出会い当日から、この日浦に対し、様々な告知をして

くださった恩人の恩人である。

告知というのは、日浦という個人を超えた不可視領域に

ある自己の本性についてを明らかにすることであった。

なぜ告知なのか。

遠い過去世において、究極の真理に到達した偉大なる

存在が、何かの目的をもって地上へ再び生まれるとき、

生まれて身体を持ったものに対する告知を役割を引き

受ける偉大なる魂との約束を結ぶ。この告知なくして、

ひとりだけで悟ることは難しいのだ。人は。

 

2016年4月3日快晴

紫蓮さんとの出会いから、もうかれこれ1年になろうと

したころ、スタッフの長野、日浦、紫蓮さんの3人は、

渋谷区の某所へ桜を見に出かけた。川のほとりには、

露店が並び、人々が溢れていた。もう桜散りゆく

この日が、日浦への最終告知になると予感する。

ハラハラと音もなく散りゆく桜花の並木路地を歩き

ながら紫蓮さんに質問をした。

「生まれて来なくていい貴女は、なぜ現代の日本に

生まれてきたのですか?」と。

すると、「このような時代だから 」と静かな言葉が

あった。遠い山陰に沈みつつある夕日、その逆光に輝く

お顔が散りゆく桜と混ざって、美しく神々しくあった。

いつの時代であろうと人の言うことは、「このような

時代だから」ではないのか。紫蓮さんは、僕への答えを

はぐらかしたのか?

いいや。

「あなたに告知をするために生まれたの」と静かに

語った紫蓮さんは、告知するご自分の使命を果たした

ことの喜びに満ちていた。

日浦は心の中で思った。

「生まれなくていい存在でありながら、このような

苦界へ下生されたこと、本当に有り難うございます。」

 

人々から偉大な聖者・賢者・神仙と呼ばれた人でさえ、

また神と称号された魂でさえ、人間に生まれると、その

本性を忘れ去るものだ。だから、いつの時代においても

人は誰もが自己の本性に生きていない。

紫蓮さんは、「人はみな、自己の本性を殺して生きて

いるのですよ」と仰られた。

このことを人は誰も知らないのだ。自己の本性を忘れ去る

ことと、本性を殺して生きるのは、大きな違いがある。

この意味を、自己の本性を殺している人の誰が知るだろう。

誰も知らないのだ。

 

紫蓮さんの最終告知

紫蓮さんは、静かに最後の告知を次のように語られた。

「広大なる宇宙を超越した非物質の世界は、ただ唯一つの

材料から成る「原質」があるのです。それを太古の時代から

「唯一」と呼んできました。そこには、何もなく、そして、

すべてが在るのです。そして、人は誰もが「唯一」です。

人は身体や心を持つけれど、人の内奥にある自分の本性は、

身体でも心でもなく、誰もが「唯一の存在」なのです。

日浦さん、あなたは唯一それ自体そのものなのです。」と。

このような告知をお聞きしたとき、脳天から尾骶骨までを、

鋼鉄の鋭い棒が貫通したように、日浦は固まった。

 

人は誰もが「唯一

それと「唯一それ自体そのもの」

この両者は、同じ意味ではない。いまは、その違いを

語らないでおこう。

 

紫蓮さんの告知は、すべての宗教を貫通する一つの糸を

暗示しており、膨大な知の体系であるヴェーダンタ哲学を

この数語で言い表し、説明し尽くしたのだ。そのことを

真実の宣言だと知覚する自分自身にも驚いた。

これが最後の告知であったと知る。もう何もお聞き

することはなくなった。

 

分かり切ってはいるが、最後の念押しのように質問を

した。「紫蓮さんのような究極の真理に到達された人は、

日本にいるのですか?」と。

すると「いいえ、おりません。」と静かに答えられた言葉が

真実であると知る。

表題の「唯ひとり」は、紫蓮さんを言うのです。

 

この告知をもっと明確に表すならば、

仏教界、宗教界、スピ世界の覚者とかリーダーと言う人の

誰もが悟った人では無いということです。