モビアスヒーリング

【下記は無断転載・流用を禁ず】

 

ラーラ・ジャパンが教える「モビアスヒーリング」は、

メビウスの語と同じです。そしてそれは、他の様々な

ヒーリングと大きく異なるものであり、唯一真実なる

ヒーリングだという真実の宣言です。

このヒーリングを通して、「自己へ到達する」ことを

目標とします。それゆえに、セミナーを受講した人は、

やがて真のヒーラーになり、ついに魂の解放を果たすに

違いないのです。

魂の解放とは、身体に束縛された状態から脱して、

霊的存在の真の自己実現、解脱、ニルヴァーナーへの

到達です。それへの到達こそ、セミナーの目的であり、

総ての人が到達すべき最終ゴール地点です。

このような真実は、遠い過去から世界が失ったのです。

というより隠され続けているのです。

 

巷のヒーリングは、すべからくマインドを使います。

それらは、エゴ、自我と呼ばれる不浄なエネルギーです。

そして必要のない図形を用いたり、効き目のないマントラ

や真言を唱えたり、空想上の創造主に祈る、命令するなど

ファンタジー性を持つのです。そして、巷のヒーリングは、

施術者の持つ自我、エゴ性、不浄な破壊的カルマが相手に

投射されるという実に恐ろしいものです。その危険性を

誰も知らないのです。知らないから危険なヒーリングを

売り物にしているのです。

 

モビアスヒーリングは、マインド、念、気などと言う

低次なエネルギーを使いません。だから施術者のエゴや

邪悪なカルマが投射されないヒーリングです。

例えば、人が病気で在れば、どのような重い病であろう

とも瞬時に完治する癒しの力です。病気が治ると同時に、

その原因となるカルマも消し去る高次の力なのです。

このモビアスヒーリングは、聖者と呼ばれた人達が、

人目に触れることなく、こっそりと行った聖なる奇跡の

力です。では聖者たちは、なぜ、人に密かに行ったのかと

言うならば、その力を利用して、悪用する者が大勢いる

からです。悪用する人とは、どんな人かと言うならば、

巷に広まるヒーリングをビジネス化している人達がそう

なのです。

巷のヒーラーが悪意的であるのは、相手にエゴを投射する

ことであり、自分のカルマを相手に放射することであり、

難病奇病を瞬時に治せる真のヒーラーは、ラーラジャパン

以外に誰もいないからです。こうした実情において、他の

ヒーリングは、非難されるのです。

真のヒーリングノウハウは、ネット上では公開しません。

セミナーの受講を許可された人にノウハウを教えます。